顔のテカリを防止する方法。洗顔や保湿に気をつけよう

最終更新日:2016年1月11日

女性にとって、顔のテカリは大敵ですよね。

なぜテカってしまうのがきちんと原因を知っていますか。

今回は、肌がテカってしまう原因とともに、テカリを防止する方法をご紹介します。

1.オイリー肌の場合は洗顔をきちんとしよう

顔がテカってしまうのは、皮脂の分泌が原因です。

しかし人間は誰もが皮脂を分泌しているので、完全に分泌を抑えるのは困難です。

なかでも過剰に分泌しやすい肌質の方はオイリー肌と分類され、1年を通してテカリやすい傾向があります。

肌質がオイリー肌の場合、根本的に治す事が難しいため、多くの女性が苦労していますよね。

しかしいくら油っぽいからといって、必要以上の洗顔は逆効果です。

肌はとても繊細なので、ゴシゴシと強く洗うのも厳禁ですよ。

本来肌にはある程度油分が必要なため、必要以上の洗顔や無理に強い力でこすってしまうと、肌が傷つきやすい状態となってしまいます。

そうすると、乾燥した肌を守るために余計に皮脂が分泌されてしまいます。

勘違いしている人も多いのですが、オイリー肌ということは乾燥肌ともいえるのです。

洗顔のときは泡立てネットを使うなどし、優しく洗ってあげましょう。


2.オイリー肌の肌ケア方法

自分はオイリー肌だからといって、簡単な肌ケアで済ませてはいませんか?化粧水を少ししか塗らなかったり、逆に多く塗りすぎても肌にはよくありません。

先ほどもご紹介したように、肌が乾燥してしまうと余計に皮脂は分泌されます。

化粧水を塗っただけで顔がテカってしまう場合などは、肌に浸透していない証です。

化粧水を塗る前に、ホットタオルなどで毛穴を開かせるのも効果的です。

また、塗りすぎも肌の負担になるため、顔に浮くくらい化粧水を塗ってしまった場合は、ティッシュなどで優しく拭き取るようにしましょう。

多くの化粧水は乾燥肌用とオイリー肌用の2タイプが販売されています。

オイリー肌の傾向がある場合は、さっぱりしたタイプの化粧水を使ってみると良いかもしれませんね。


3.不規則な生活を改善する

オイリー肌の多くは、肌質によるものが原因ですが、不規則な生活によってテカリが生じてしまうこともあります。

なかでもストレスは肌に直接関わってきます。

ストレスを感じると脳が間違った指令を出してしまい、余計な皮脂を出してしまうと言われています。

職場や家庭でのストレスはもちろん、無意識のうちに体が負担に感じているようなこともあります。

ストレス発散のために暴飲暴食をしてしまったり、睡眠不足などが重なってくると、最終的にはお肌に影響してきます。

改善できるところは自ら正してみましょう。

栄養不足だなと思ったときは野菜ジュースやサプリメントを摂取してみたり、疲れを感じたときはマッサージや趣味に没頭してみたり、体をいたわってあげてください。


4.乾燥肌の水分不足を改善

肌がテカルのはオイリー肌の肌質が原因と述べましたが、そもそもは乾燥による水分不足によるものです。

多くの女性が、テカルということはオイリー肌なんだと思ってしまいますが、本当にそうでしょうか。

いくら肌ケアをしてもストレスを発散してもテカリが改善されない場合、実は肌質自体が乾燥気味と言うことも大いにありえます。

オイリー肌のケアの方法と乾燥肌のケアの方法は若干異なるため、オイリー肌向けの肌ケアをしていても改善されることはありません。

テカリやすいからオイリー肌だと勘違いしている方は、一度自分の肌質を突き止めてみましょう。


5.乾燥肌の保湿不足を改善

肌が乾燥すると、潤いを保つために皮脂が分泌されます。

乾燥肌の場合、口元や髪の毛の生え際は粉を吹くのに、小鼻や鼻筋はテカってしまうという声が多くみられます。

乾燥とテカリが同時に見られる場合は混合肌とも呼ばれますが、どちらも根本は乾燥が原因です。

化粧水をしっとりタイプに変えてみたりするだけで改善されることもありますよ。

また、乳液を使ってみたり肌パックをしてみたり、とにかく保湿することを忘れないようにしましょう。

人間の肌は夜の22時から深夜2時ころに再生されるといわれています。

出来るだけこの時間帯にメイクは落とし、肌のケアを行うようにしましょう。

外出先でテカリが気になる場合も、乾燥が原因です。

油とり紙やティッシュなどでテカリを落とし、携帯用の化粧水などで保湿してからメイク直しするだけで、メイクの持ちが変わってきます。


6.テカリを抑えるメイク

ここまでは肌質をもとに防止策をご紹介しましたが、なかなかすぐには改善できないのも辛いですよね。

そこで、今日からできるテカリ防止のメイク術をご紹介します。

ちょっとした工夫で改善できるので試してみてくださいね。

まずは、化粧前にたっぷり保湿しましょう。

化粧水やクリームなどで余計テカってしまう印象ですが、メイク前にきちんと保湿をしないと、化粧品によって更に乾燥しやすくなってしまいます。

また、化粧下地やファンデーションなどの厚塗りも控えましょう。

なかには皮脂を吸収するタイプの下地やパウダーも販売されているので試してみる価値はありますよ。

化粧下時を塗ったときに一度ティッシュで肌全体を抑えると、余計な分を取り除くこともできます。

また、メイクの仕上げにベビーパウダーを使用するのも効果的といわれています。

ベビーパウダーは皮脂を吸収するだけでなく、肌トラブルのにきびなども防ぐといわれています。

顔のテカリを防止しよう

テカリを防止するには、肌の保湿が大切です。

ストレスや不摂生もよろしくないので、生活習慣を見直すのも良いかもしれません。

自分に合ったケアで美肌を目指してくださいね。