彼氏が自分から離れたがっている。よそよそしい態度の時の対処法

最終更新日:2016年4月12日

最近なんとなく彼氏がよそよそしくなったと思うことはありませんか?メールの返信が遅くなったり、電話に出なかったり、帰りが遅くなったり。

一度気になると彼氏の色々な言動が目について不安に駆られてしまうものです。

彼氏が自分から離れたがっている時に最適な対処法をご紹介します。

1.離れたがっている理由を尋ねる

理由もなく疎遠になられるととても不安になりますよね。

彼を思い続けるべきなのか、それとも次に進むべきなのか。

迷い、夜も眠れなくなってしまいます。

あなた自身がどうしたいのか、自分の気持ちを知るためにも彼に離れたがっている理由をまずは聞きましょう。

ここで何よりも大事なのは感情的にならないことです。

人は自分から離れる時は冷めた気持ちで離れていくものですが、離れられる立場の人間は逆。

心の準備ができていないのですからどうしても熱く感情的になってしまいます。

ですが、感情的になっては彼の気持ちを遠ざけるばかり。

「彼が離れたがっている」というのはあなたは自覚できている訳なのですから、その現実をまず素直に認めましょう。

そして、彼を説得しよう、彼の気持ちを変えようなどと思ってはいけません。

すんなりと大人の意見を取り入れる小さな子供とは違い、彼もあなたも自分の考えを持っている立派な大人です。

彼を引き止めたいあなたの気持ちをあなた自身が変えられないのと同じように、あなたは彼の気持ちを容易に変えることはできません。

極めて冷静になり、彼に理由を尋ねましょう。


2.彼の答えに理解を示しましょう

離れたがっている理由として、仮に「なんとなく」と彼に言われたとしてもそれ以上問い詰めるべきではありません。

男性は女性と違い、口下手な人が多いですから、自分の気持ちにぴったりな言葉を選ぶことができず「なんとなく」としか出てこない場合もあります。

あなたへの気持ちが残っていたとしても、あなたがその彼の言葉にならない気持ちを無理に言葉に当てはめさせようとすることで「離れたいと思うこのもやもやな気持ちは、もしかしたら好きじゃなくなったってことなのかな」と彼の中でまだ出ていなかった結論を出させてしまうことだってあります。

どんな答えが返ってきたとしても、それがあなたにとって納得のいかない答えだったとしても理解を示し、彼の気持ちが冷静になる手助けをしてあげましょう。


3.すんなりと離れる

彼があなたから「離れたい」と言ったら、彼が拍子抜けするくらいすんなりと彼から離れましょう。

それだけで、思わず後を追いたくなってしまい元通りになることもよくある話です。

すんなり離れることの目的は彼を冷静にさせることです。

あなたから離れたいと思う彼の気持ちは感情的で、今は離れたらどんな生活が待っているのかあなたのいない毎日はどんなものなのか冷静に判断できません。

今は離れることのメリット、例えば自分一人の自由な時間が持てるなどの考えしか頭に思い浮かばないのです。

「離れたい」と一度思ってしまうとそればかりが頭の中を占領してしまうようになります。

離れることのデメリットを現実に経験させることで、あなたといる時間の心地よさを再確認してもらいましょう。

ここで彼を引き止めるような言動をしてしまうのは、彼の中のあなたから離れたい気持ちを強めさせてしまうだけです。

彼が離れようとしてあなたが引き止めるを繰り返してしまうと、彼は次第にあなたに嫌悪感すら抱くようになってしまいます。

そうなっては、元も子もありませんから一旦ここは引き下がりましょう。

また、彼は今ナーバスになっているので、あなたが彼に未練があるような小さな素振りでさえも彼にとっては更なる心理的負担につながります。

離れる際の言動には十分注意して行動しましょう。


4.感情を表に出さない

彼が離れたがっている時は、今あなたの中にあるあなたの感情はそのまま表に出すべきではありません。

彼と一緒にいたい離れたくないというあなたの気持ちは重たく、彼と順調に進んでいる時の軽やかな明るい気持ちとは全く違うものだからです。

先述したとおり、今、彼はナーバスになっています。

あなたの言動がとても気になり「離れたい」という自分をあなたが束縛するのではないかと警戒すらしています。

まずは意識して、彼と問題なく過ごしていた時の明るい気持ちをあなた自身に取り戻しましょう。

あなたがいつも通り振舞えば、彼も次第に冷静になります。

また、不安や執着などの感情は表に出すと醜いものです。

それは他人の目には自己中心的に映り、そこに他者への思いやりはありません。

感情を彼にぶつけられないことは大変つらいことですが、抑えた感情は仲の良い友達に話したり遊びや趣味で発散させるなどし、彼には向けないようにしましょう。


5.態度を変えない

彼が自分から離れたがっていることがわかり、彼を引き止めないでおこうと一度決心したなら、その態度を変えてはなりません。

彼には常に一貫性を持って接しましょう。

日によって彼に寛容であったり泣いて引き止めたりしてしまった時、彼の心に残るのは泣いて引き止めるあなたに対するネガティブな感情ちだけです。

彼の目にはあなたはただの情緒不安定な人間に映り、あなたが見せた冷静さや寛容さは全て作り物であると見抜いてしまいます。

彼には常に一貫した態度をとり、あなたが心から彼の気持ちを尊重し、思い遣り、距離を置いているのだと解ってもらいましょう。

離れたがる彼の気持ちを知ろう

人がつきあっている誰かと離れたいと思う理由はさまざまです。

大好きな相手であればそれこそ引き止めたいと思うのも当然のこと。

今は辛いかもしれませんが、今まで彼に見せてきた思いやりの気持ちを忘れずに冷静に対処し彼の感情的な気持ちがおさまるのをゆっくりと待ちましょう。

そうすればあなたのどんな時も変わらない優しさに彼もきっと気づき、あなたの元へまた戻ってくるはずです。