理由が分からないけど彼氏が怒っている時の対処法。強かな女性になろう

最終更新日:2016年4月12日

喧嘩をしたわけでもないのに急にそっけない態度をとられたことはないでそうか?
また、「何で?私のこと解らないの?」と喧嘩したことはないでしょうか?

違って当たり前なんです。
これは、男脳と女脳の違いです。

男性、女性体の作りも違いますから考え方も違って当然なんです。

今回はそんな彼氏が怒っている時の対処法をいくつかご紹介します。

1.彼氏と距離をおく

「なんで?口聞いてくれないの?黙っていてもわからなんじゃん?言ってよ」などと聞いても答えなんて返ってきません。

女性は気性が激しいので天気のようです。
ニコニコしていたかともったら急に怒ったりころころ変わります。
しかし男性の心理はそんなにコロコロ変わりません。

黙ってしまって怒っていると感じているのなら、あなたの自己中心的な態度に嫌気がさしたのかもしれません。
ですので、不安になって「なんで?」など聞いてももっとイライラさせてしまい別れる原因をつくるだけです。

そんなときはそっと距離を置きましょう。
そして彼の気持ちのイライラ感を取り除きましょう。

不安になる気持ちは解ります。
ですが、男性は逆に気持ちを確認しょうとして聞いても焦らせるだけで逆効果なのです。


2.自分にもっと振り向いてもらいたくてわざとしている場合はやり返す

このパターンの彼は厄介な彼です。

「もっと自分のことを好きになってもらいたいもっと愛して欲しい」
このタイプの男性は束縛をする人が多いです。

自分にもっと振り向いて欲しいから、わざとに怒ったりそっけない態度をとったりします。
いつも、こんなことをされても自分が振り回されてしまい疲れてしまいます。

そんな時は距離をおき相手のでる様子を伺うのです。
彼は「あれ?怒らせたかな?」「なんで連絡をくれないんだろう?」と不安でいっぱいです。

“目には目を、歯には歯を”という言葉があります。
やったらやり返すことも大事です。

でも、必ず少し距離を置いて悠然な気持ちでいましょう。


3.自分から謝るって様子を伺う

何も悪いことをしていないのなら謝らなくてもいいのですが、よく考えて自分に落ち度があるのなら謝るべきです。

「何か私悪いこといたかな?」と必ず自分が下手に出てください。

決して「何なの?その態度!」と上から目線になってはいけません。

そんな口調で聞いてしまうともっとそっけない態度とって結果別れてしまうかもしれません。
怒りは二次感情です。不安からくるのです。

ですのでいくら不安だからといっても自分がイライラしては解決なんてしません。
悠然な気持ちでいましょう。


4.「お腹が空いたの?」と聞いてみるか、ギャグメールを送るってみる

人間お腹が空くとイライラするし機嫌が悪くなってしまうものです。

これは動物的本能です。

この心理を利用して聞いてみましょう。
突然「お腹空いたの?」ととんちんかんなこと聞いてみては如何でしょう?
きっと目が点になってしまいますよね。

そしてここで笑いをとれたらこっちの勝利です。

女性は「何で?」「どうして?」と原因追及型ですが、男性は時系列思考です。

結果良ければオッケイということもあります。
終わり良ければすべて良し。
「今の面白いから、楽しいからいいっか」となり自然に会話が戻ることもあります。

そして男性は面白いことが好きな人多いのです。


5.強かな女になる

男性は意地を張ってなかなか素直になれない人が多いのです。

些細な理由で初めは怒ってそっけない態度をとっていて時間が立ち自分からなかなか謝れないのです。
プライドが邪魔しているのです。

特に好きな女の前では強がっていたいのです。
そんな心理を上手に利用しましょう。

「話してくれないと寂しいんなぁ。辛いよ」などと伝えてみては如何でしょうか?
必ず自分は下にでる方法で相手に伝えるのです。

彼がつっぱていて自分もつっぱたりしても何にも解決策は生まれません。
むしろ逆効果です。

相手に手のひら転がされているように思うかもしれません。
実は自分が彼を手のひらで転がしているのです。

「強かさ」は男性はこういった心理は働きません。
女性の方が働くのです。

これは女性ならではの武器なのです。
その武器を上手に使い彼との愛をより深めていきましょう。