彼氏から不必要なヤキモチをやかれている時の対処法

最終更新日:2016年11月9日

好きな人である彼氏から、いらぬ疑いをかけられたり、ヤキモチをやかれてしまうと、どう対処すべきか迷ってしまうもの。

そのせいで関係が悪化したら、元の子もありません。

彼氏からもし必要のないヤキモチをやかれてしまった時の対処法をご紹介します。


1.何にヤキモチをやいているのか原因を探る

なぜ彼氏が必要のないヤキモチをやいてしまっているのか、原因を探ってみることは大切です。

例えば、自分では気づいていないけど、異性と仲良くしている所を見られてしまってたり、彼氏の友達が女性のことを気に入っているという情報を耳にして、それが原因となりヤキモチをやいている可能性もあります。

必要のないヤキモチだと彼氏自身も気付いている場合は、大抵彼女にその思いを言えないでいることが多いもの。

可能であれば、二人の間に話し合いの機会を設けて「なんでヤキモチをやいてしまっているのか」「どんな言動が気になるのか」と彼氏の気持ちに寄り添う姿勢を見せてみましょう。

自分から言えないとしても、聞かれたことによって素直に打ち明ける男性もいるものです。


2.安心できる環境作りを

彼氏は彼女に対して、不安や心配が尽きないのかもしれません。

その理由は「好き過ぎる」「一緒にいない時間が心配」「浮気しないか不安」と様々な思いから来るもので、彼氏が安心出来ていない環境にあると言えます。

まず、そのヤキモチが本当に不要なものであれば、彼氏の為にもなくしてあげるべき。

そのためには、彼氏に安心してもらうこと、不安を解消してあげることが必要になり、その環境作りを彼女としてしてあげることが大切です。

例えば、彼氏にこまめに連絡を入れるようにする、デートの回数を増やしてみる、思いを手紙にして形に残して渡すなど、彼氏にとって喜ぶこと且つ安心できるものを提供すること。

こうしたことが積み重なっていくと、彼氏の中で自信を持てるようになり、いらぬ心配や不安を抱かなく済み、ヤキモチをやく機会を減らすことが出来るでしょう。


3.同じことを体験させてみる

必要のないヤキモチが、どんなに無駄なことで不要なものなのかを彼氏に知ってもらう為に、同じように彼氏に嫉妬してみるのも一つの方法です。

彼氏が異性と目を合わせるだけでヤキモチをやくなら、同じように女性と目を合わせた時にヤキモチをやき、その都度思いを伝えてみる。

こうすることによって、いかにそのヤキモチが面倒なもので、窮屈になるものかということを知る機会を与えることが出来ます。

彼氏の中では、必要ないヤキモチであることに気付けていない場合もあります。

それに気付かせるためには、同じ対応をしてみると「こんなことしてたのか」「こんな思いだったのか」と気付くことだってあります。


4.素直に受け止める

好きな彼氏にヤキモチをやかれて、嫌な思いをする人はいないでしょう。

それが付き合って間もない頃だったり、二人が恋愛を楽しんでいる時期であれば、必要ないヤキモチだとしても嬉しく思うもの。

だったら、そのヤキモチを素直に受け止めて、それだけ好かれていることを、心配されていることを、受け入れるようにすれば良いでしょう。

ヤキモチをやかれるたびに「こんなに私のこと好きなんだな」「そんなに心配してくれてるんだな」と気付けるもので、逆にカップルの間の熱が冷めてくると、このような必要ないヤキモチはちょっとやそっとでやいてくれなくなるもの。

今だけしか味わえないこの思いを、楽しみとして捉える対処法も良いでしょう。


5.距離を置いて考えさせる

あまりに必要ないヤキモチが多くて、対処も面倒くさいと思うようになってきたら、一度やかれた瞬間に距離を置いてみるのも対処法の一つ。

「またか」「同じことの繰り返し」という思いで対処しているうちは、彼氏の中に「向き合ってくれる」「聞いてくれる」という思いを持たせてしまいます。

あまりにもしつこいヤキモチであれば「いい加減、そのヤキモチどうにかして」と突き放すことも必要です。

冷静に対処したり、釈明したりと、その都度対処している女性は、彼氏に甘さを見せてしまっているということ。

一度突き放し、必要のないヤキモチをやきすぎると、離れる可能性もあるということを知らせることも必要です。

いつまでも同じことの繰り返しで、彼氏がなかなか成長してくれない、自分を信じてくれないという場合は、距離を置いて彼氏自身に考えさせてみましょう。

彼からのヤキモチを上手に回避していこう

好きな人からのヤキモチは、必要ないものであっても嬉しいと思ってしまうのが女性の本音。

しかし、付き合っている期間が長くなってきたり、あまりにしつこい状態が続くと、嬉しさから鬱陶しさに変わってしまうでしょう。

そんな気持ちに変わる前に、今彼女として対処できる範囲で彼氏に向き合い、手に負えなくなるくらいまでヤキモチの度合いが強くなってきたら、突き放すという対処が必要です。

自分たちの今の状況にあった対処法を選び、関係をよくしていきたいものです。