彼氏が自分の予定を言わない理由とは

最終更新日:2017年5月31日

例えば次の月に彼氏とデートにいく際、お互いの休日を合わせるために来月の予定を聞いたりしますよね。

その時彼から「予定は教えたくない」とはっきり突っぱねられてしまったり「予定はまた今度」などとはぐらかされてしまったりしたら、あなたはどう感じるでしょうか。

恋人同士の間にもやもやを生んでしまうこの彼の心理は、一体どんなものなのでしょうか。

1.束縛されたくないと思っている

自由でいたい、束縛されたくないという思いが強い人は、人に予定をあらかじめ知らせておくことでまるで管理されているような感覚になるのを嫌います。

彼女に自分の予定を把握されることで、そこに勝手に予定を入れられたり、もし例えば予定外の仕事が入って外出していたら「今日は休みじゃなかったの?」と聞かれたりするのを非常にストレスに感じてしまいます。

彼女が彼のプライベートに踏み込みすぎて束縛するのも良いことではありません。

そして彼も個人主義になりすぎては恋人である意味がなくなってしまいます。

もし今までは教えてくれていたのに急に予定を教えてくれなくなったときは、もしかしたら彼女の束縛が少し度を超えてしまっていた可能性もあります。

あまりに彼の予定を把握しておこうとしすぎてしまったかどうか、自分でも行動を振り返ってみることは大事です。

2.浮気を隠している

予定を教えないのは、彼女に知られたくない予定が既に入っている可能性があります。

それはほとんどの場合浮気や、浮気の一歩手前の合コンや、気にかけている子と遊びにいく予定などが多いです。

それを隠したいという気持ちから、予定を教えることを避けようとします。

もしくは予定の入っていない休日も、彼女のために空けておくというよりは、浮気相手に心惹かれていてそちらのために空けておきたい心理もあります。

なので、なるべく予定を彼女に話すことは避けようとしてしまいます。

急に予定を教えなくなったとき、しかも個人的な行動が増えたなど、心当たりがある場合はもしかした彼は浮気をしているのかもしれません。

勇気を持って問い詰めてみましょう。

3.好きな女性アーティストのイベントがある

意外と隠したがる予定というものが、好きな女性アーティストのイベントな場合も多いです。

特にアイドルの握手会やコンサートなど、いくら芸能人で本気で恋をしているわけではなくても、彼女に正直に話すのは気が引けてしまう男性も多いです。

実際に、彼氏が好きな女性芸能人の話をしていて「かわいい」などと言っていたら、少なからず彼女はやきもちを焼いてしまうものです。

そういった話をされるのを本気で嫌がる女性もいます。

そんな女性が彼女だったら、そんなイベント事に参加するとは口が裂けても言えませんよね。

でもなんとかしていきたいので隠していく、そんな心理の現れです。

でも、浮気をしていたり、何かよこしまなことをしているわけではないので、予定を教えなかった理由がイベントだと分かったとき、安心しますね。

4.それ以外に知られたくない予定がある

浮気もしていないし、アイドルのイベントにいくわけではないけれど、どうしても隠したい予定がある、そんなときは何かよからぬ予定を入れている場合が多いです。

それは、ネットワークビジネスのセミナーや、新興宗教の集会、犯罪に手を染めている…などがあげられます。

浮気に心当たりはないけれど、何か最近行動が変わった気がする…など、彼に変化を感じているのであれば、怪しい場所に足を踏みに入れてしまっている可能性があります。

後ろめたくないのであればとうに話しているでしょうし、こちらも勇気を持って探りを入れてみるのが一番です。

5.お別れを考えている

予定を教えないのは、もう既に彼の中で彼女とお別れをすることを腹に決めている場合もあり得なくはありません。

彼の中では、彼女に対する愛情は既に冷めきってしまっていて、どうせ近いうちに別れを切り出すつもりなのだから、今後の予定を教えておく必要はないと思っているのです。

この場合、彼の冷めきっている様子は既に毎日の中で態度に出ている可能性もあります。

お別れをしたくないのであれば、予定を教えてくれなかった時点で彼の気持ちを察知し、再び冷めた愛を燃え上がらせることはできないのか、対策を打つのもいいでしょう。

この予定を教えてくれないという行動が、彼がお別れを考えているサインだととらえ、現状を変えていくことに努めましょう。

もしくは、自分もこの冷めきっている状態を終わらせて次に進みたい、と考えているのであれば、このときをきっかけとして終わりを始めることも良いでしょう。

彼氏が予定を教えない理由を知ろう

予定を教えないのは、何か後ろめたいことを隠す心理が裏側にあることがほとんどです。

束縛の度を超えていたことに自覚がある場合は、自分の行動を見直し改善しましょう。

理由もわからず彼の予定が謎に包まれているときは、怖いかもしれませんがやはり聞いてみることが一番です。

お互いにもやもやした感情を抱えながら付き合っていくことこそが、何よりもストレスですから。