女性の肩を触りたがる男性の心理とは

最終更新日:2016年6月8日

最近、気になる男性が肩に触れてきてドキドキした、同じ男性が肩ばかり触れてくるけどどういう意味があるんだろう?という経験をした事ありませんか?

そこで今回は女性の肩を触りたがる男性の心理についてご紹介します。

1.もっとスキンシップをしたい

肩は、比較的男女ともスキンシップをしやすい場所です。

ですので、男性が女性の肩部分を触る時は「この女性ともっとスキンシップをしたい」と思っています。

もし、好きな男性が何度も肩に触れてくるようならその男性は女性の事をほぼ間違いなく好きです。

ですので、自分もその男性の事を好きなら思い切って自分も男性の肩にスキンシップをする事でさりげなく両思いである事を伝える事ができます。

この時男性の肩に触れながらニコニコする事で男性にもっとドキドキしてもらう事ができます。

そうして少しずつお互いスキンシップをし合う事で距離を縮め、告白をしやすい雰囲気を作りましょう。

告白をして欲しい人ならもっと自分から肩や手に触れたり「あなたって素敵ね」と言い、男性に両思いという事を確信してもらう事で告白してもらいやすくなります。

自分から告白をしたい人は、肩や手に触れてちょっと話した後で「改めて言いたい事があるんだけど」と言い、自分から「好きです」と言いましょう。

きっといい返事をもらう事ができます。

ただ、やはり告白は自分からと思っている男性は多いです。

男性が「待って、多分同じ事を思っていると思うけどそれは先に言いたい」と言われたら待ってあげましょう。


2.スキンシップのきっかけにしたい

付き合っている男性が肩に触れてくる時は、肩に触れる事をスキンシップのきっかけにしたいと思っています。

男性は女性よりも「スキンシップをしたい、大好きな彼女に触れていたい」と思う事が多いので、肩をきっかけにもっと大胆にスキンシップをしようとします。

さらに部屋に二人きりならもっと大胆にスキンシップをしてきます。

付き合い始めは恥ずかしいかもしれませんが、このスキンシップをきっかけにもっと仲を深める事ができるので思い切って二人でスキンシップを楽しんでみましょう。

彼氏が恥ずかしがり屋で、なかなかスキンシップできずに肩しか触れてこないようなら自分がムードを作ってあげましょう。

まずオススメしたいのが映画館のカップルシートです。

お互い実家ぐらしの場合は特にオススメです。

2人で1つの席を使う事ができるので、普通の映画館よりも2人の距離が近いのがカップルシートの嬉しいところです。

ロマンチックな映画を見ながらだと映画の通りにスキンシップをしやすいので、恥ずかしがり屋な彼氏でもスキンシップをしてくれます。

一人暮らしの場合は、やはり夕方以降から夜にかけて彼氏を自分の部屋に誘いましょう。

少々薄暗い雰囲気にしておいて、アロマや音楽にもこだわってみましょう。

いい雰囲気の部屋にする事で恥ずかしがり屋の彼氏でももっとスキンシップをしてくれます。

それでも恥ずかしがるようなら自分から彼氏に肩を寄せる事で「もっとスキンシップをしてもいいよ」という意思表示をしてみましょう。


3.好きだという事を伝えたい

まだ両思いになっていない場合、男性は女性の肩に触れる事で好きだという事を伝えようとしています。

肩という触れやすい場所に触れる事でさりげなく自分の思いを伝えようとしています。

自分も男性の事を好きなら、思い切って「相談をしたい事があるんだけどいいかな?」「今度食事に一緒に行かない?」等軽い感じで二人きりで会う機会を作ってみましょう。

思いがけない女性からの誘いにきっと男性は喜んでくれますし「彼女もひょっとして自分の事を好きなのかな?」と思ってくれるので早く両思いになる事ができます。

いい雰囲気になっている男性が肩に触れてきたら両思いになる絶好のチャンスです。

ほぼ間違いなく男性も女性の事を好きなので、思い切って積極的な行動をする事が早く両思いになるポイントです。


4.残念ながらただ遊びたいだけというケースも

男性が肩に触れる場合、残念ながらただ遊びたいだけというケースがあります。

遊び好きの男性の場合、ボディタッチをしやすい肩に触れて女性の反応を見て「遊べそう」と思ったらもっと大胆にボディタッチをして女性と遊ぼうと思っているのです。

こういう男性の場合、男好きな女性とそうではない女性を見極めてから遊びます。

嫌ならすぐに距離を置く事で「彼女とは遊べそうにない」とすぐに身を引きます。

こういう軽い男性には気をつけてできるだけ早く距離を置くようにしましょう。

女性を肩を触りたがる男性は好意を持っている

女性の肩を触りたがる男性の心理については以上です。

ほどんどの場合、肩部分を触りたがる男性心理は女性に好意を持っています。

ですので、自分も男性の事を好きなら男性の肩に触れる等アプローチをしてみましょう。

ただ、それほど好きではないという男性に肩を触られてしまった場合は嫌だという事を示すために早く男性と距離を置いて自分の身を守るようにしましょう。