肩を触ってくる男性の心理とは。好意を持つか何も考えていないか

最終更新日:2015年12月26日

肩は男性でも女性でもよく触られる場所でもあり、触ることも多い部分でもあります。

男性が恋人以外の女性によく触れる部分が肩のようです。

異性に対して肩を触ってくる時にはどんな心理が隠されているのでしょうか。

1.特に何も考えていない

肩は他人によく触れられる部分でもありますが、特に意識をしないで触れている可能性が高いです。

人を呼ぶ時に肩をポンと叩きますが、これは子供の頃から慣れ親しんでいることなので、特に異性からやられたとしてもどちらも意識はしないはずです。

普通に何と振り向くだけで、肩を叩かれて呼ばれたのだと認識しているはずです。

まったく知らない人を後ろから呼ぶ時も、肩をポンと叩いて呼ぶこともあるので、特に肩に触れたからといってあまり意識している人はいないでしょう。

スキンシップの一環として利用している人もいますが、近年では肩を触っただけでセクハラだと訴えられる時代です。

女性がそう感じたのならばセクハラですが、男性からすると何も考えていないで肩に触れたと考えられます。

特に意識することなく肩に触れていると考えるのが一般的です。


2.親しみを持っている

公的な部分と思っている肩ですが、比較的触れられてもあまり気にしない部分でもあります。

しかし男性が女性に触れることは普通はしませんし、それでもあえて肩を触れてくるには何かしら意識していると考えられます。

親しみを持っている人にはよく肩をポンと叩くことがあります。

上司が部下に対して頑張れよといって肩をポンと叩いたり、元気出せよといって肩をポンと叩いて励ましたりもします。

男性が気軽に触りやすい部位として考えていますが、人は言葉以外でも触れられることで実際に元気が出たりするものです。

軽く言葉だけで頑張れと言われるより、肩に手を置いて頑張れと言った方が、真実味や重さが違います。

親しみを持っている人に対して、自分の気持ちをしっかりと伝える方法として、肩に手を置いて話をすることがあります。


3.今よりも距離を縮めたい

今のお互いの関係よりも少し距離を縮めたいと思っている時に、肩に触れて距離感を縮めようとします。

これは恋愛だけではなく友達や同僚としてなど、いろいろな意味で距離を縮めたいと思っている場合が多いです。

2人が友達や同僚としての関係の時に、言葉だけで話をするよりも、何かスキンシップをとった方がもっと距離感が近づきます。

例えばハイタッチや握手など、直接体に触れることで今まで以上に距離感を縮めることができます。

肩に触れるというのは正に2人の距離感を縮めたいと思っているので、職場であればもっと仲良くなって仕事を頑張りたいと思っていますし、友達ならばもっと強い絆で付き合いたいと思っています。

女性からすると体に触れてくるのは下心があるからだと思いがちですが、恋愛感情とは違う意味でお互いの距離を近づけたいと思っていることが多いです。


4.好意を持っている

肩は異性でも触れやすい部分だと認識している人が多いので、男性でも女性に触れやすい部分だと思っています。

好きな人とは一緒に居たいですし、触れていたいと思うものです。

男性でも女性でも同じことを思いますが、男性が気軽に女性に触れるわけにはいきません。

しかし女性に触れやすい部分として肩があります。

人を呼ぶ時や励ましたりする時でも、無意識のうちに方を叩いたりすることがあります。

男性が女性に触れても意外と許されがちなのが肩だと思っている男性が多いですし、肩ならば嫌な人でなければ大丈夫だという女性も多いです。

その心理を利用して自分が好きな人の肩に触れる男性ももちろんいます。

そういう人が多くなったので、近年では肩を叩いてもセクハラで訴えることができますし、男性も女性の体に触れないようにしています。

職場以外では肩は未だに触れられる機会が多い部分ですから、相手の様子をみて判断した方が良さそうです。


5.自分という存在に気づいてもらいたい

言葉では伝わらないことはたくさんありますし、意識をしていなければ右から左へと受け流してしまうこともあります。

彼女のことを思って言った言葉が受け流されるのは嫌ですし、自分の本気度を伝える手段として、肩に手を置くことがあります。

肩に手を置けば実在している自分のことを認識してもらえますし、自分だけに集中してくれます。

自分の気持ちや励ましの言葉など、彼女に伝えたい言葉をしっかりと自分だけを意識して聞いてもらうことができます。

女性はメンタルに弱かったり、誰かに守られたいと思っている時もありますが、付き合っている人以外には自分に触れることはあまりありません。

肩はほとんどの人が公的な部分だと認識しているので、男性も下心なしで触れやすい部分でもありますし、自分を意識してもらえる場所として肩に触れてしまうようです。

女性の肩に触れる男性の心理を知ろう

女性の肩に触れる多くの男性は下心などを持たずに、彼女のことを心配したり自分のことを気づいてもらう為に触れてしまうようです。

一般的にも公的な場所として認識されている肩ですから、それほど触られても意識することはありませんし、触る方も意識していることは少ません。

女性側も男性の様子を見ればすぐに判断することができるので、それ程意識することもないでしょう。