毛穴の黒ずみ洗顔方法。黒ずみを解消しよう

最終更新日:2015年7月8日

鼻周辺の毛穴の黒ずみは女性なら落ち度は悩んだことがあるはず…。

洗っても落ちないし、ファンデーションでかくして過ごしていてもスッピンになると「あれ、ひどくなってる?」と思うことありませんか?

今回はその黒ずみを撃退する毛穴の黒ずみを解消する洗顔方法をご紹介します。

1.酵素洗顔をする

酵素洗顔という洗顔法をご存知ですか?

酵素を取り入れた洗顔料を使うことで、酵素によって古い角質などを分解してもらい、肌の再生能力(ターンオーバー)を早めるという効果の洗顔のことを酵素洗顔というそうです。

酵素洗顔で使われるのはパパイヤから抽出されたパパイン酵素やパイナップルから抽出されたものなの食物由来のもので安心です。

ドラッグストアなどで売られているのはパパイヤのパパイン酵素を使ったものが多いようですね。

そもそも多くの黒ずみの原因となっている毛穴のつまりや角栓はタンパク質でできていると言われています。

そのタンパク質を分解してくれるのがこの「酵素」です。

また黒ずみだけでなく肌の古い角質も分解してくれるので肌のターンオーバーを早め、古い角質による肌のくすみを消してくれる効果もあり、酵素洗顔をした後にしっかりと保湿をして十分な睡眠をとれば美肌を手に入れることができるかもしれません。

酵素洗顔をするときはよく泡立ててやさしく泡でマッサージするように洗いましょう。

またまぶたや唇など皮膚の薄い部分はあまりこすらずに泡を乗せるだけで十分です。

擦りすぎると肌荒れの原因になるので注意しましょうね。

そして泡が残らないようにやさしくすすぎを行ってください。

すすいだ後は鏡をみて泡が残っていないか確認をしてからタオルで顔を拭きましょう。

酵素洗顔はこのように肌の古い角質やタンパク質でできている角栓や皮脂などを分解し落としてくれるのですが、やりすぎには注意してください。

ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

人間の肌には適度な皮脂が必要ですので毎日酵素洗顔をしてしまうと角質や皮脂を落とし過ぎで肌トラブルを招いてしまうことになります。

ですから酵素洗顔は週一度か二度日にちをあけて行いましょう。

また肌荒れをしている人はもちろんのことニキビができている人は酵素洗顔を控えたほうがいいようです。

なぜならニキビの原因にもよるのですがニキビができているときに皮脂を落としてしまうとニキビが悪化してしまう場合があるためです。

ですから乾燥肌の人は皮脂を落としすぎてしまうため注意しながら行いましょう。

また普段から敏感肌だという人もヒリヒリしたり赤みが出たら使用をやめて医師に相談しましょう。


2.朝は水だけ、夜は洗顔料を使う

朝・夜に洗顔料を使って洗顔をしている方が多いと思いますが、実はそれあまりお肌に良くないんです。

顔は洗いすぎると必要な分の皮脂が洗うことによって流れてしまい乾燥してさらに多くの皮脂を分泌します。

それを繰り返していると皮脂が毛穴に詰まってしまって黒ずみができてしまったり、乾燥によって肌のターンオーバーがうまくできずに古い角質や角栓が蓄積してしまうからです。

お肌の黒ずみは多く洗えば取れるというわけではないということです。

これはもちろんクレンジングや洗顔料をたくさん使って洗ったりすることも同様によくない行為で、洗顔料を使った洗顔はメイクなどによって皮脂が多く溜まった夜に行いましょう。

その際には強くこすりすぎないようにするのがポイントです。

顔の皮脂とうまく付き合っていくことで黒ずみを解消し、黒ずみを作り出さないコツともいえるようです。


3.正しい洗顔・タオルドライ・保湿

間違った洗顔方法をしていると乾燥してしまったりニキビができてしまったり、多くの皮脂が分泌されてしまったり肌のターンオーバーができずに黒ずみができてしまうことがあります。

ですから、まずは毎日の洗顔をただしい方法で行いましょう。

まずは、洗顔をする前には必ず手を洗いましょう。

手には多くの雑菌が潜んでいます。

雑菌だらけの手でお顔を擦るとなると肌をきれいに洗うことはできません。

ですからまずは手を清潔にしましょう。

手を洗ったら、洗顔の際は擦らずやさしく水を当てるように行うこと。

擦ってしまうとお肌の表面の組織が壊れてしまうことがあります。

ですから水だけの洗顔の場合も洗顔料を使う場合も擦らず当てるように洗顔・すすぎをしましょう。

洗顔料を使う場合はすすぎをしっかりとおこなって石鹸成分が残らないように注意しましょう。

そしてタオルドライです。

まずはタオルは清潔なものにしましょう。

バスタオルやフェイスタオルを洗わずに乾かして何度も使う方がいますがそれは雑菌を繁殖させているだけですのでNG。

使った後のタオルは必ず毎回洗剤で洗濯し乾かしましょう。

清潔なタオルをつかって顔を拭くときは顔にタオルを優しく当てるようにして決してタオルで顔を擦らないようにしましょう。

擦ってしまうと肌を傷つけてしまいます。

そして保湿はしっかりとおこないましょう。

ただし適量を付けることがポイントです。

このように普段の洗顔をただしい方法で清潔に保つことで余分な皮脂をきれいに落とし、肌を傷つけないようにおこなえばしっかりと睡眠時に肌がターンオーバーできるため黒ずみの改善・予防につながるでしょう。

毛穴の黒ずみは冷静に丁寧に対処しよう

黒ずみができたからといって激しくこすったりピンセットでえぐったりと肌か傷つく行為はやめましょう。

ニキビと同じように普段の洗顔を改めるだけで改善されることもあるのです。

黒ずみが気になったら普段の洗顔や肌の状態を冷静に見直して解決策を考えましょう。