結婚式のお呼ばれに最適なウェディングヘアアレンジ

最終更新日:2016年2月21日

結婚式に招待された時、着て行く洋服を考えることは大切ですが、それと同じくらい、ヘアアレンジも大切な要素です。

だらしないヘアスタイルをして行くと、招待してくれた人にも失礼になってしまうため、好印象なヘアアレンジを考える必要があります。

では、結婚式に招待された時、好印象なヘアアレンジとはどのようなものなのでしょうか。

1.和服で行く場合、肩に髪がつく長さであれば必ずアップスタイルにする

今、若い女性の間で和服の人気が徐々に高まっています。

中には「着付けをマスターして、和服で結婚式に出席したい」という人も多いようです。

和服で結婚式に出席する際は、洋服の時以上にヘアアレンジには気を配る必要があります。

和服は、少しでもだらしないヘアスタイルをしてしまうと、洋服の時以上にだらしなく見えてしまうのです。

ですので、和服で結婚式に出席する際は、「髪が肩につく長さであれば、必ずアップスタイルにする」と思っておくことをオススメします。

この時、「だらしなく髪が落ちてこないようなスタイル」にすることも、大切なポイントです。

結婚式は、「和服でオシャレしてお出かけする」というカジュアルな席ではなく、あくまでフォーマルの場です。

そのため、和服で結婚式に出席する際は、それに合ったヘアスタイルをしていくと、「マナーをわきまえた大人」として、好印象に繋がります。


2.編み込みアップスタイル

編み込みを上手に取り入れたアップスタイルは、結婚式に出席する際に好印象に繋がるヘアアレンジの1つです。

編み込みアップスタイルは、髪を編み込んだ部分がとても華やかになり、とても女性らしく見えます。

比較的どんな世代でも似合うヘアアレンジであることも、魅力の1つです。

編み込みアップスタイルは、髪をきっちり編み込んでしまうため、途中で髪がだらしなく落ちてきてしまうという心配もほとんどありません。

そのため、「きちんと感と華やかさのある、清潔感のある「ヘアアレンジ」です。

周りの人からの好感度も高いヘアアレンジです。

髪が肩につく程度の長さがあれば、どんな人でも編み込みアップスタイルにできます。

3.ゆるく髪をカールさせたアップスタイル

髪をゆるくカールさせ、それをゆるくふんわりとしたアップスタイルにするヘアアレンジも、結婚式では好印象に繋がります。

比較的オーソドックスなヘアアレンジですが、誰にでも似合いやすいアレンジであることと、美容院に行かなくても自分でできるということも、人気の理由です。

まず髪を濡らしてカールアイロンで軽く巻き、カールした髪で頭部をふんわりと包み込むようなイメージで、髪をアップにしていきます。

小さなヘアアクセサリーを組み合させると、よりかわいらしく仕上がります。

このヘアアレンジは、洋服の時でも和服の時でも似合うのが魅力です。


4.お団子アップスタイル

カジュアルファッションの時でも人気のお団子アップスタイルは、結婚式でも好感度が高いヘアアレンジです。

ただ、結婚式はフォーマルの席ですので、「髪をただぐるぐる巻いて、ピンで固定させただけ」だと、適当な雰囲気になってしまって失礼です。

結婚式にお団子アップスタイルをする時は、お団子部分に少しボリュームを持たせると、好印象に繋がるフォーマルアレンジに仕上がります。

髪が長め、又は多めの人であれば、自分の髪だけでお団子を作っても、ボリュームが出ます。

但し、髪が短かったり少なかったりする人は、お団子用のヘアピースを活用すると、カッコ良く仕上がります。

若々しく仕上げたい時はお団子部分を上にし、大人っぽく仕上げたい時はお団子部分を下にしてみてください。

5.ショートやボブの場合は、カチューシャやヘアクリップを有効活用する

ショートやボブの場合、髪の長さから考えるとアップスタイルにはできませんが、何もアレンジをしないダウンスタイルのまま結婚式に出席してしまうと、どうしてもだらしない印象になってしまいます。

そこでショートやボブの人は、ヘア小物を上手に使うことで素敵にアレンジしましょう。

オススメのヘア小物は、華やかなデザインのカチューシャやヘアクリップです。

かわいい飾りがついていたり、金や銀などの光るタイプのものなどは、華やかで結婚式向きです。

カチューシャやヘアクリップで、サイド部分をすっきりさせることにより、結婚式というフォーマルの場に合ったヘアアレンジになります。

髪の長い人に比べると簡単なヘアアレンジですが、とてもかわいらしく、好印象に繋がるヘアアレンジです。

結婚式に最適なヘアアレンジをしよう

結婚式に出席する際は、髪の長さに関係なく、「だらしなさを感じない、清潔感のあるヘアアレンジ」を意識しましょう。

そして、結婚式という晴れやかな場であることも考え、女性らしい華やかさも欠かせない要素です。

フォーマルの場にふさわしいコンサバ感と、明るい華やかさが同居したアレンジをすれば、確実に好印象に繋がります。