結婚式の女性の服装マナーまとめ。結婚式に相応しい服装にしよう

最終更新日:2016年2月21日

結婚式にお呼ばれした場合、服装はどうしたらよいか迷いますよね。

そこで今回は結婚式の服装におけるマナーについてご紹介します。

1.白いドレスは着ないこと

結婚式の主役はあくまでも花嫁さんです。

花嫁は白無垢やウェディングドレスなど、必ず白い色のものを着用します。

よって、参列者も同じ色のものを着てしまうと、花嫁が引き立たないということから、白を着ることはタブーとされています。

ただし、クリーム色やベージュなど、白に近いけれども真っ白でないものであれば、大きな問題はないと言えるでしょう。

とは言えもしも花嫁さんが神経質な方、細かいことを気にする方であれば、白に近い色も避けた方が無難でしょう。

また、白に近い色のワンピースやドレスの場合には、小物を異なる色にするなど、白っぽさがでないように注意をしましょう。

参列者にとっては、数多くある結婚式の中の1つという位置づけでしょうが、花嫁にとっては一生に一度の経験になるので、そこを考え、場にふさわしい服装をしましょう。


2.大きな柄が入っていない服装

大きな柄が入っているものを着ていると、とても目立ちます。

例えば、結婚式などではない、普通のパーティーや華やかな場所へ行くときには大柄のワンピースやドレスもすてきですが、あくまでも結婚式です。

先程も述べたように柄に目が行き、花嫁さん以上に目立ってしまうことがあります。

ですから、結婚式の際には、無地もしくはあまり大きな柄の入っていないドレスやワンピースなどを着るよう心がけてください。

ただし、二次会の場合であれば、大きな柄が入っているものを着ても問題はありませんので、これも場を考えて服装を選ぶようにしましょう。


3.全身黒にしない

お葬式ではありませんので、全身黒にならないように注意しましょう。

若い人たちは、黒を上手に着こなして、おしゃれに見えますが、結婚式においては全身が黒というのはあまり良くありません。

ドレスが黒なのは問題ないでしょうが、アクセサリーやバッグ、靴などを華やかなものにするなど、工夫をしてみましょう。

また、ストールなどを明るい色のものを使えば、あまり重たくなりませんので、オススメです。

黒いワンピースやドレスを着る場合には、そのほかの小物に十分注意を払った方がよいでしょう。

黒いドレスも、サテン生地のものを選ぶなど、華やかに見えるデザインのものを選ぶようにしましょう。

あまり地味にならないものを選ぶと、結婚式にふさわしい服装になって良いでしょう。


4.肩を出さない

結婚式や昼間の披露宴では、肩を出したり、短いスカート丈のものを着ることはタブーとされています。

特に若い人はスカートの丈は気をつけた方がよいでしょう。

また、神前式のほうが、より神経質になって服装を選んだほうがよいでしょう。

肩が出ているデザインのワンピースやドレスを着る場合には、ストールをまいたり、ボレロやカーディガンのようなものを、必ず着るようにしましょう。

二次会などでは、肩を出すことは特に問題が無いとされていますので、神前式かどうか、昼間か夜かによっても違いが出てきます。

ただ、結婚式は、基本的にはあまり露出をしない方が無難です。

新郎新婦以外に、両家の親族もよく見ていますので、恥ずかしくない服装を心がけることが重要です。

あまり露出をしていたり、派手な服装をしていると、悪い意味で目立ちますので、そこは注意をしてください。


5.足元にも注意を払う

結婚式の服装は、どうしてもワンピースやドレスといった、上にばかり気が行ってしまいますが、案外足元もよく見られています。

例えば、冬で寒いからと言って黒の厚手のタイツを履いたり、ブーツをはくことはタブーですので、絶対に避けましょう。

そして、逆に夏場だからと言って素足にサンダル、というようなラフ過ぎるスタイルも同様に避けましょう。

一般的に、肌色のストッキングにパンプスなどを履く、もしくは薄い黒のストッキングを履くことが良いとされていますので、ぜひ足元にまで注意を払い、コーディネートしてみてください。

また、多少柄の入ったストッキングなどでも問題ありませんので、可能な範囲でおしゃれを楽しんで、結婚式に行ってきてください。

結婚式の服装マナーを知っておこう

このように、結婚式の服装には、いくつかのマナーがあります。

みなさんも、何を着ていこうかと、とても迷うと思いますが、あくまでも結婚式の主役は花嫁であること、およばれしている側だということをよく認識したうえで、コーディネートすることが大切になります。

服装を選ぶのはとても難しいことですが、おしゃれを楽しみつつ、親しい人の結婚式に参列し、気持ちよく結婚式を終えられるよう頑張ってみてくださいね。

そしていくつかの禁止事項はお忘れなく守ってください。