結婚式のスピーチを成功させるポイント。友人が結婚式を挙げることになったら

最終更新日:2016年2月21日

あなたは、友人の結婚式で、スピーチを頼まれたことはありますか?

みんなの前で注目されながら話すのは緊張するし、話す内容も選ばなければいけないし、それはそれは大変なことですよね。

今回は、結婚式のスピーチで気を付けておきたいポイントをご紹介します。

1.友人への褒め言葉を中心にする

友人を祝福するためのスピーチですのですから、ここで話すべきは、周囲に友人のプラスイメージを与えるものでなければなりません。

人間ですから、長所は探せばいくらでもありますし、その友人にも良いところがあるから、あなたも今まで付き合いをして来れたんですよね。

その長所を、少々大げさでもいいので、なるべく肉付けして膨らませて、スピーチの軸にしましょう。

実際にあったエピソードを盛り込むのも、周囲が彼女がどんな子か想像しやすくて良いですね。

ご注意頂きたいのは、彼女と家族のように親しくても、その裏返しで貶し文句を混ぜ込んでしまわないこと。

仲の良い友人だと、ついつい身内だという意識が働いて、褒め言葉よりも友人の欠点などを言いそうになることもありますが、それは避けましょう。

「ふつつかな娘ですが」的な話は、彼女のご両親が言うことですから、友人としての役割は、彼女をただただ褒め称えることだけです。


2.NGネタを事前に確認しておく

友人間では当たり前のネタだとしても、新郎側の親族には知られたくないことだったり、彼女の親族にも隠していることなどがあるかもしれません。

それをうっかりスピーチの場で言ってしまわないようにしましょう。

例えば、既に妊娠しているのだとしても、お腹が目立たないうちは隠したいというカップルもいますが、友人のうっかりスピーチで結婚式でみんなに知られることになったという話はよく聞きますよね。

また、2人の出会いも、ナンパや出会い系サイトなど、あまり聞こえが良くない場だという時も、そこはボカして話した方が良いかもしれません。

友人間では当たり前のことだとしても、親族、特に高齢の人なら聞いてびっくりしてしまうことなどもあるかもしれません。

今、例に挙げた以外にも、新郎新婦があまり話してほしくないことが何かしらあるはずです。

ですから、事前に「この話はしても大丈夫?」と確認を取るようにして下さい。

せっかく頼まれてスピーチをしたのに、そのせいで友情が壊れるなんてことは避けたいですよね。


3.内輪の話を盛り込み過ぎない

友人のスピーチでありがちなのが、友人間でしか笑いが起こらないような思い出話や内輪ネタを入れすぎるということ。

確かに話している本人や、新婦本人にとっては楽しい思い出やウケる話なのかもしれませんが、それ以外の人々にとっては、「何の話?何が面白いの?」とキョトンとしてしまうだけです。

その結婚式が、友人だけ出席しているのならばまだしも、親族や会社の人も出席しているのなら、なおさら内輪ネタは避けたいところ。

結婚式におけるスピーチは、新郎新婦を周囲にプレゼンする要素が大きいですから、本人たちしかわからない話を主体にするのは良くありません。

少しばかり混ぜ込むのなら、話のメリハリを付ける効果があって良いものですが、そればかりでは聞いている人が退屈をしてしまいます。

ここでは、誰にでもわかる話をたくさん入れて、周囲の興味を引きつけるようにしましょう。

内輪の話は、二次会で思う存分すれば良いことです。


4.まとまりのない長話を避ける

スピーチを頼まれて断れずに引き受けたけれど、文章力に自信が無い、という人もいますよね。

誰もが仕事でプレゼンなどをしているわけではありませんし、言葉を扱う機会が少ない業種についている人だっているはずです。

そんな人は、たかが数分の結婚式のスピーチとは言え、文章書きにさぞ頭をひねることでしょう。

ですが、そんなふうに一生懸命スピーチ文を書き出しても、どうにも面白味が無かったり、ダラダラと起承転結の無い話を続けるだけのものが出来上がったりします。

これでは、聞く人々に「あのスピーチつまらなかったね」とか「何が言いたかったんだろう」と思われてしまいますよね。

せっかくの彼女の晴れ舞台ですから、自分の至らなさでケチが付くのは避けたいところ。

ですから、あなたの知り合いの話上手な人や、文章が上手な人に推敲をしてもらった方が安心です。

新婦とどれだけ仲が良くても、どれだけ彼女の良いところを知っていても、文章力が無ければ、それは誰にも伝わりません。

そんなことでは勿体ありませんから、誰かの力を借りて、自分が話したいことを上手くまとめるお手伝いをしてもらいましょう。

結婚式のスピーチを上手にしよう

これから結婚式のスピーチを控えている人は、参考になることがあったでしょうか。

結婚式は友人の一生に一度の晴れ舞台ですから、あなたが上手にスピーチすることで、花を添えてあげたいですよね。

そのためにも、しっかりこれらのポイントを押さえておいて下さいね。