血色メイクのポイント。ピンクのピュア感を出そう

最終更新日:2016年2月23日

顔全体を健康的に血色良く、じゅわっとみずみずしい雰囲気に仕上げるという「血色メイク」が、女性の間で人気を集めています。

血色メイクをした顔は、いやらしさのない、健康的な色気に満ちていて、男性からも女性からも好感度が高いのです。

では、そんな血色メイクの具体的なポイントをご紹介します。

1.メイク前には徹底した保湿を行う

血色メイクは、「内側からにじみ出るような、健康的なみずみずしさ」が魅力です。

この雰囲気を演出するためには、メイク前の保湿を徹底することがとても大切です。

血色メイクを行う時は、少し時間を多めに取って保湿を行ってください。

まず洗顔後は、たっぷりめの量の化粧水を、顔に染み込ませます。

化粧水は「ただ顔に塗る」のではなく、手のひらで顔をプッシュしながら、顔の細胞に染み込ませるようにしましょう。

これによって、血色メイクに必要なみずみずしさが、肌に出てくるようになります。

乾燥がひどい場合は、シートマスクなどを使い、肌への水分補給を徹底してください。

そして肌に水分をたっぷりと与えたら、すぐに乳液をつけ、水分が蒸発しないよう、乳液の脂分で水分を閉じ込めてしまいます。

肌にどのくらい水分があるかが、血色メイクを美しく仕上げられるかどうかの分かれ目になります。


2.ピンク系のメイクアップベースを使い、ファンデーションはできる限り薄めに塗る

血色メイクの魅力の1つとして挙げられるのは、「ピンクっぽさを感じさせる肌」です。

ピンク系の肌は、オークル系やベージュ系よりも、「顔全体に血が通った感じ」を醸し出すため、血色メイクではベース名句をピンク系にします。

まず、ピンク系のメイクアップベースを、顔全体に均一に伸ばします。

メイクアップベースをピンク系にすることで、肌の内側から血色感が溢れるような雰囲気になります。

そして、もし肌に自信がある場合は、その上からルースパウダーを押さえるだけでベースメイクを完成させても良いでしょう。

ファンデーションを塗る場合は、「できる限り薄めに塗る」ということがポイントです。

ピンク系で薄付きのパウダリーファンデーションを、「塗る」というよりも「上から軽く押さえる」というイメージでつけていってください。

その後、手のひらで顔全体を優しく押さえ、メイクを顔に馴染ませます。

このひと手間が、血色メイクをより美しく、より自然な仕上がりにしてくれます。


3.チークは練り状チークとパウダーチークの2つを使う

血色メイクでカギになるのが、チークです。

血色メイクでは、チークが主役だと言っても過言ではありません。

使う色は、なるべく明るい色を使います。

ベージュ系などのチークは、肌が暗い雰囲気になるので向きません。

ここでポイントになるのが、「チークを2つ使う」ということです。

血色メイクでは、同系色の練り状チークとパウダーチークの2つを使います。

まずベースメイク後に、練り状チークを、頬骨を中心としたエリアに薄く伸ばします。

そしてその部分を、ルースパウダーで軽く押さえて定着させてください。

次に、大きめのブラシを使い、パウダーチークを「練り状チークを入れた箇所の周りをぼかすように」と意識しながら、広範囲に広げます。

このようなチークの入れ方により、顔全体がほんのり赤くなり、血色感漂う雰囲気を演出します。


4.顔の凸部分に、光沢のあるハイライトを入れる

血色メイクには、自然なツヤ感も必要です。

自然なツヤ感は、健康的な雰囲気を演出してくれます。

この雰囲気を出すために、ハイライトを入れましょう。

使うハイライトは、練り状・パウダー状、どちらでも構いません。

使いやすいアイテムを選んでください。

そしてそのハイライトを、鼻の頭・頬骨が1番高く出ている箇所など、顔の凸部分に控えめに入れてください。

これにより、自然なツヤ感が生まれ、血色メイクを美しく仕上げることができます。


5.薄いピンクの口紅で、唇にも健康的なツヤ感を出す

血色メイクでは、リップメイクにも健康的なツヤ感が必要です。

しかし、ツヤツヤし過ぎると雰囲気を壊してしまうため、血色メイクでは「自然なツヤ感」を意識してください。

まず、薬用リップクリームで、唇をつるんとした状態に整えます。

その上から、適度にツヤのあるタイプの口紅を、「真ん中から外側に向かってぼかすように」と意識しながら塗っていきます。

使う色は、赤ちゃんの唇のような薄いピンクがオススメです。


6.アイメイクは派手になり過ぎないように意識する

血色メイクでは、チークをしっかりと入れているため、その分、アイメイクは控えめにします。

アイシャドウは、肌に自然に馴染むようなベージュやブラウンを薄く入れるようにします。

そして、アイラインは、目のキワに細く入れ、目尻を跳ね上げ過ぎないようにしましょう。

アイメイクを控えめにすることで、肌の血色感が際立ち、血色メイクをバランス良く美しく仕上げることができます。

血色メイクでピュアで可愛らしい表情を手に入れよう

血色メイクは、顔全体の印象が「ピンク系」にまとまるように仕上げることがポイントです。

これにより、健康的な色気・赤ちゃんのようなピュアな雰囲気・明るくかわいらしい印象の3つを同時に演出することができます。

血色メイクは、足し算・引き算を上手にしているメイク方法であるため、ある程度年齢を重ねた女性が行っても、若々しく品の良い美しさを演出できます。

そのため、大人世代の女性にも非常にオススメです。