記念日にバイトを入れた彼氏の心理とは。男性の気持ち6パターン

彼氏の心理 男性の心理 記念日・誕生日最終更新日:2014年11月25日

女性にとって恋愛の記念日は非常に、大切ですよね。例えば、二人が付き合った日など、二人でお祝いしてラブラブムードを楽しみたいものですよね。しかし、大事な記念日にバイトを入れてしまう彼氏が存在します。

そんな時の彼氏の心理についてご紹介します。

1.記念日など気にしていない

誠実な男性に多いのですが恋愛のイベントごとに全く興味を持っていないという男性が存在します。
というのも彼にとって一番大切なのは記念日というどこか建前的なものではなく付き合っている彼女と自分のお互いの愛し合っているという気持ちなのです。

本当に大事な相手への思いに自信がある人はちゃらちゃらとしたイベントごとを好みません。
このタイプの誠実な彼は結婚相手として向いているとも言えます。

2.記念日をすっかり忘れていた

彼女のことを大切に思っていないわけではないのですがうっかり彼女との記念日を忘れてしまってバイトを入れてしまうということもあります。

彼女にしてみたら大切な日を忘れて自分が愛されていない気になるかもしれませんが心配は無用です。この手のタイプの男性は意外に多くただ単に忘れただけなのです。逆にいろいろなことに策略をしないタイプなので浮気などはできない人でもあります。

3.もっと大きな目的があった

実は彼女にもっと喜んでもらう計画があったためになんとしてもその計画を遂行するためにお金を稼がねばいけないという理由があるということもあります。

例えばお付き合い記念日に二人で祝うよりもプロポーズをするための指輪代が必要だったなどの記念日よりさらに彼女を喜ばせる計画があったということもあります。

4.経済的に困っている

ただ単純に彼氏は生きるために、お金を稼がねばならないという状況であった可能性もあります。

恋愛の記念日は大切だけれど現実問題としてお金が無ければ食べられないし家賃を払うことができません。

経済的にあまり裕福でない彼氏を持った女性は彼氏の現状を理解してあげる必要があります。

5.頼まれてしまって断れない

彼氏はものすごくよい人で誰かにバイトを頼まれてしまって断れないという時があります。

性格のよい男性は自分の個人的な楽しみよりも困っている友人を優先してしまうことがあります。

頼まれて断る事ができない男性は優柔不断の性格ではっきりと自分の意志をいうことができない人の時もあります。

6.彼女のことを都合のいい女だと思っている

大切な彼女が喜ぶことをしない男性の中には彼女のことを都合のよい女であると軽んじている場合があります。
この場合はひょっとするとすでに彼女と別れたいと思っているかもしれませんし彼女だと思っていたのに自分が浮気相手だったということもあります。

いずれにしろ彼女を大事だと思っていない男性は記念日よりバイトを優先します。

記念日だけでなく普段の行動からも推測しよう

二人の大切な記念日にバイトを入れてしまう男性の心理は本当に様々です。
同じ行為をしても彼女を大事にしている場合も軽んじている場合もあるので彼女は記念日の時だけではなく普段の彼氏の言動から自分は大切にされているのかいないのか見極めることが必要です。

恋愛に浮かれてばかりいないで冷静に彼氏の本質を見抜くことは女性の幸せに繋がるのでぜひ彼氏をしっかり観察してステキな恋愛をしましょう!

 

    「記念日にバイトを入れた彼氏の心理とは。男性の気持ち6パターン」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/27(日) 22:38

    記念日を一緒に過ごせない理由はいろいろありますね。できるだけ良い方向に考えたいですが、普段から相手をよく観察することが大切なことですね。

この記事への感想を書く