キレイな肌になる方法。いつまでも若々しくキレイな肌でいよう

最終更新日:2015年10月25日

キレイな肌には多くの女性が憧れています。

最近話題の美魔女と呼ばれる女性たちは、年齢を重ねてもそのスタイルだけでなく肌の美しさから若々しさを保ち続けていることからも、キレイな肌が女性の年齢に大きく関わっていることが分かります。

ここではそんなキレイな肌になる為にすべき事をご紹介します。

1.しっかりと肌の汚れを落とす

多くの女性が勘違いしている事は、キレイな肌になる為には高級な化粧品を使う事、そしてカバー力のあるファンデーションを使用して悩みを隠す事で理想の肌に近付くことができると言う事です。

しかし、それでは一見キレイに見えるだけでキレイな肌を保つ事はできません。

まず大切な事は、汚れをしっかりと落とす事です。

ウォータープルーフの日焼け止めを使用しているのに軽く洗顔するだけでは、肌の上に汚れが残ったまま眠ることとなってしまいます。

必ず専用のクレンジングを使用するなど用途や肌質によってクレンジングや洗顔の選び方が異なります。

一般的にオイル状のクレンジングが一番洗浄力が強いと言われますが、肌が弱い方や乾燥肌の方には更に乾燥を促す恐れがありますので、ミルク状やジェル状等肌の水分を守りながらしっかりと汚れを落とすことができるものを選びましょう。

クレンジングはメイク等の油性の汚れを落としてくれますが、それでも完璧に肌がキレイな状態であるとは言えません。

次に洗顔フォームをしっかりと泡だてて、古い皮膚や汗等のその他の汚れを取りましょう。

この2つの洗顔がしっかりされていないことで、肌のくすみやニキビ等のトラブルの発生の原因となりますので、どんなにメイクで隠しても本当にキレイな肌に近付くことはできません。

朝起きた時にも寝ている間の皮膚の生まれ変わりや寝ている間の汗で肌は汚れていますので、洗顔フォームを使用して洗顔をしましょう。


2.たっぷりの水分を肌に与える

肌には皮脂膜といって、肌の水分と分泌される皮脂で肌の乾燥を守ってくれている膜があります。

洗顔することでその膜が一旦洗い流された状態となりますので、洗顔後すぐに化粧水などで保湿しましょう。

化粧品メーカーにもよりますが、一般的に乳液にはより多くの油分が含まれていますので、化粧水で水分をたっぷり補い、その後乳液で肌の水分が逃げない様に保護しましょう。

化粧水は手に取ると手の平に水分が奪われてしまうと言われています。

その為コットンに適量を取り、それを全て肌に還元するイメージで肌にゆっくりとしみこませます。

肌が乾燥気味の人は化粧水前に使用するプレ化粧水等を使用する事で化粧水の浸透が更に良くなります。

ニキビ等肌が炎症を起こしている状態であると、コットンが肌にすれて痛みを感じる場合や炎症が悪化する場合がありますのでその際は手で使用してもかまいません。

ただし手のひらが清潔である事を確認してから化粧水を取りましょう。

美容液、乳液の順番で肌になじませていきます。

夜は肌が生まれ変わるターンオーバーを行う大切な時間です。

季節に関わらずクリームを使用して肌に保湿を促すことで、キレイな肌に生まれ変わる事ができますので、質感を選びながらクリームまで使用して肌を守りましょう。

肌は皮脂を作る事ができても水分を作る事ができません。

つまり化粧水が唯一の肌の水分補給となります。

たっぷりとしようして、水分が逃げない様に乳液やクリームでふたをすることが透明感のある肌には大切な事です。


3.しっかりと肌を守る

肌の天敵と言えば老化です。

しかしこれは誰にでも平等に起こることで避ける事はできません。

そこで、老化を避ける事はできなくても、遅らせる事はできます。

それが「紫外線から肌を守る」という方法です。

紫外線とは単に日焼けするから肌を白く保ちたい人だけではなく、老化を気にする人にとっても大きな関心であるはずです。

目には見えない紫外線ですが、日焼けした後の肌を触ると熱を持っている事が分かります。

これは紫外線自体が熱を持っていて、肌がやけどしているからです。

肌は水分は作れないとご紹介しましたが、肌が紫外線の熱にさらされるとどうなるでしょうか。

水分は蒸発してしまいます。

すると肌は危機感を感じ、自分で肌を守ろうと更に皮脂を作るのです。

肌のテカリが気になる人の原因として、もともとの肌質だけでなく乾燥が原因の可能性もあります。

また紫外線は肌の表面だけではなく、肌の奥まで入り込みます。

すると肌の弾力の要であるコラーゲンが壊され、皺が肌に刻まれる結果となります。

もちろん、肌が紫外線を浴びることでシミの原因にもなります。

この様に肌にとって紫外線はできるだけ避けたい物です。

紫外線は夏だけではなく一年中発生しています。

家の中にいてもガラスをも通してしまう紫外線ですので、外出の有無や季節に関わらず洗顔、保湿、そしてUVケアは毎日のケアとして心がけたい所です。

これこそキレイな肌になる為の大事なステップです。

キレイな肌になろう

キレイな肌になる為の方法をご紹介しました。

キレイになる為には高価な化粧水やエステだけが方法ではありません。

毎日の積み重ねで大きく変わるはずです。