キスが長い男性の心理とは。いつも長く深くキスしてくる理由を知ろう

最終更新日:2016年10月9日

男性によって、キスの長さも異なるもの。

あっさりとキスするタイプもいれば、長く続くキスを好むタイプの男性もいます。

いつもキスが長い男性の中には、どんな心理や性格が隠されているのでしょうか。

1.独占欲が強く、独り占めしたい心理

キスをしている間、女性は男性のことしか考えない為に、その時間をより長くしたいという男性の心理が伺えます。

このことから、男性が女性に対して独り占めしたい欲望が隠れていることが分かります。

独占欲が強い傾向にあり、中には隠さず束縛や干渉をしている人もいることでしょう。

大抵の男性の場合は高いプライドが邪魔をして、なかなか独占したい気持ちを表に出すことが出来ませんが、長いキスが物語っていると言えます。

女性を自分のそばにおいておきたい、離れたくない、そんな心理状態になっていることでしょう。

独占力が強く、我が強いタイプの性格と言えるでしょう。


2.寂しい思いを紛らわしたい心理

長い時間会えなかったり、会いたい時に会えなかったという状況が続いた時に、男性も寂しい思いをしているもの。

女性のように甘えたり、会いたかったと素直に言えないタイプは、キスを長くすることで、自分の寂しさを紛らわそうとしていることがあります。

キスをしている時間は、寂しさを解消することもあり、またやっと会えた安心感や安堵感が得ることが出来ます。

そのため、近くにいることを長く味わいたい思いから、どうしても長くなってしまいます。

こうしたタイプの男性は、キスをすることで女性が自分の近くにいることを実感できるため、安心を得ることで少しずつキスも短くなっていきます。

しかし、会わない時間がまた出来ると、再び同じ気持ちになり、毎回会うたびにキスが長くなってしまいます。

口では素直に言えなく、寂しがり屋の性格であることが分かるでしょう。

キスで彼をメロメロにするには

そうした寂しい気持ちなどが隠れている長生きすですが、せっかくキスをするのですから、彼を更にトリコにしたいところですよね。

特に長時間のキスは唇のケアを普段からしていないと、水分が奪われて唇がカサカサになったり傷ついてしまったりということが起こります。

そうなると、彼としてもゲンナリとしてしまいますよね。

せっかくのキスなのに、そうした事態になったらお互いにとっても気まずいものです。

そのため唇のケアは普段からしておくと良いでしょう。

特に最近ではキス専用の美容液も販売されています。キスをする回数や時間が長いというカップルはこうしたキスに備えた準備も大切になってきます。


3.やましい気持ちを隠したい心理

裏では他の女性と接点を持っていたり、浮気に陥っている場合、男性にはやましい気持ちが湧いてしまいます。

本命の彼女であったり、いることが当たり前の女性に対しては、いなくなられては困るという思いを抱くことがあります。

しかし浮ついた心を静めることが出来ず、やましいことを隠している時は、相手に悟られないよう、キスが長くなることもあります。

キスを長くすることで、女性側に安心感を抱いてもらいたいという思いから、計算によってキスが長くなっていると言えます。

女性が「こんなにも大事にしてくれている」と思ってくれることで、余計な不安や心配を与えたくないと同時に、自分へ不信感を抱かれるのを防いでいるのです。

キスが長いことに加えて、なかなか時間が合わなかったり急に忙しくなったなど気になる材料がある場合には、こういう心理である可能性があります。

男性の他の言動に注意して見てみると、不審な行動があります。


4.ロマンチストな性格

自分に酔っている、恋愛に酔っているタイプの男性もまた、キスがいつも長いという傾向があります。

ドラマや映画、漫画などの影響によってこのようなタイプになることも多々あります。

恋愛経験が浅かったり、自分の中で恋愛のマニュアルが決まっているなど、恋愛に決まりを設けていたり、恋愛に夢を抱きすぎていることが原因。

恋愛はこうであるべきという想像の世界が広がってしまい、ロマンチストな恋愛をするようになります。

また、もともとロマンチストな性格の男性も同様。

キスが長いことで、ムードが高められると思い込んでいたり、女性は皆キスが長いことで喜ぶと思い込んでいる可能性はあります。

他にも夜景をやたらと見に行ったり、恥ずかしい言葉を平気に言えるなどの言動があった場合は、このタイプの男性。

根っからのナルシストであることも考えられるため、男性にばかり合わせないように心掛けることで、徐々に男性も学んでいくはずです。


5.包容力があり男らしい性格

守ってあげたいという気持ちが強くなると、男性はキスが長くなることもあります。

守ってあげたいという気持ちを抑えることが出来ず、表現する時に、キスが長くなるという男性もいるのです。

大抵のこうした男性は、包容力があり、男らしい性格であることが多いのですが、言葉で伝えるのが苦手だったり表現の仕方が分からないといった不器用な面も見られます。

男性の中には伝えたい気持ち、表現したい気持ちがあっても、どう女性に対して示すことが出来るのか分からない状態。

それが、キスの時に時間をかけることで、女性に感じてもらえると思っているのでしょう。

不器用ながらも女性を守りたい気持ちの表現として、キスが長くなる男性もいるのです。

いつもキスが長い男性の心理を知ろう

いつもキスが長いと「どうしたのかな?」と疑問に思う女性もいることでしょう。

そこには男性の隠された心理や性格があるものです。

他の言動と交えて考えてみると、どういった心理状態であるか見極めることが出来ます。

単なるロマンチストなのか、それとも不器用ながらも必死で気持ちを表現してくれている男性なのか、一度確認してみると良いでしょう。