いつも彼女を子供扱いする彼氏の心理とは。幼い男性の心かも

彼氏の心理 男性の心理 恋愛最終更新日:2014年11月18日

彼氏が彼女のことを子供扱いするのには、なにか理由があるのでしょうか。特にそれほど年齢も変わらないのにそういう扱いをするのは、どういう心理が働いているのでしょうか。

ただかわいいから彼女を子ども扱いするというだけではなく、彼氏のちょっと微妙な心理が働いているという場合があるのです。

1.男性の保護欲が刺激される

彼女の事をいつも子供扱いする彼氏の心理には、彼女に対して保護欲を刺激されているという事があります。本当は彼女は彼氏が守ってあげなければならないほど弱い存在ではないのですが、それでも男性という立場から、彼女に対して「自分が守らなければ」という気持ちになってしまうのです。そしてそのために彼女は「守られなくてはいけない」ので、弱い存在、自分より頼りない存在でなくてはならないのです。そうでなければ守ってあげる必要性がなくなってしまいます。

そのため、彼女の事をいつも子供扱いしてしまうのです。彼女がしっかりとした一人の女性ならば、彼氏は守ってあげる必要性がなくなり、自分の存在意義というものに不安を感じてしまうかもしれません。

そうならないためにも、彼氏の心の中でか弱くて守るべき子供のような存在としてそのポジションにいてもらわなければならないのです。
彼女を子ども扱いするような場合は、男性は保護欲を刺激されて彼女を守らなくてはならないと考えている、そんな心理が働いているからといえるでしょう。

2.自分がリードしたいという心理がある

彼氏がいつも彼女を子ども扱いしているという心理の中には、彼女を常にリードする立場でいたいという心理が働いている事があります。彼女に対してあれこれ教えてあげたり、自分が彼女をより良い方向へ導いてあげたいという気持ちがあるのです。また男性はもともと人に対して教えるのが好きという特性がありますが、女性にこの気持ちが向いた時に、自分が教えてあげたい、うまくリードしたいと考えてしまうのです。

その気持ちの中には、自分が物知りで頼りになるという事を女性にアピールしたいというような気持ちもあるのです。そういう自分を彼女に見せて分かってもらうという事は、男性として認められたというような気分になるので、是非とも彼女を子供扱いをしたい、そういう気持ちが表れているからです。

3.自分の方が立場が上という事をアピールしたい

最近は男女平等が当たり前ですが、中には男性の方か偉いと考える人もいます。そんな男性にとって女性を子ども扱いするという事は、自分の方が立場が上という事を言外にアピールする狙いがあります。このような心理が働いているから、女性を一人前とは認めずに子ども扱いしてしまうのです。

男女平等は当たり前ですが、屈折したものが心の中にあるとこのように自分の方が上と思いたいという心理が働いてしまいます。男性の心もなかなか複雑といえるでしょう。
彼女を子ども扱いしてしまう彼氏の心理についてお伝えいたしました。男性の心理には色々なものがありますが、それを上手に察知しながらうまく付き合っていきたいものですね。

 

    「いつも彼女を子供扱いする彼氏の心理とは。幼い男性の心かも」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。