婚活地獄に陥らない方法。婚活を楽しく進めていこう

最終更新日:2015年6月18日

早く結婚したいと思って始めた婚活なのに、いつの間にか深みにハマってしまって抜け出せなくなる。

そんな婚活地獄に陥ると、時間と心を無駄に消費するばかりです。

今回は、婚活するにあたり、婚活地獄に陥らないようにするためのポイントをご紹介します。

1.時間の経過を気にしない

婚活を始めてもう半年、一年、二年……、と、時間の経過ばかりに気を取られていませんか?

もうかなり時間が経っているのだからと諦めモードに入るならまだしも、もういい加減に決めなきゃ。

という気持ちに支配されて焦ってしまっているのではないでしょうか。

その焦りは、隠しているつもりでも男性にはひしひしと伝わり、女性側の余裕の無さに敬遠したくなるはずです。

何年も相手が見つからないことで、焦る気持ちもわかります。

しかし、同じ年齢でも、いかにも「何年も婚活やってます」という雰囲気の女性より、婚活ビギナーの、初々しい雰囲気の女性の方が、男性としては望ましいと思うことも確かです。

ですから、何年経過したかなんて意識しないで、常に初心を忘れずに婚活に臨めば、いい出会いを招きよせることになるはずです。


2.過去に出会った相手と比較しないようにする

あの人もちょっと良かったけど、前に出会った彼よりは劣る、少なくとも彼よりはいい人と結婚したいなど、以前の好条件の人をと比較し続けると、婚活地獄に足を踏み入れてしまいます。

もう去ってしまった縁は忘れて、新しい出会いを100%受け入れられるようにならなければ、いつまでも婚活地獄は終わりません。

なぜなら、過去に会った人は、時間を経過するごとに美化されて行きますし、自分自身も、以前よりも歳を重ねて、条件が厳しくなっているのです。

ですから、一度はいいなと思っても、縁が無ければそれまでのことと思って、きれいさっぱり忘れるようにしましょう。

そして、次の婚活では、まっさらな気持ちで新しい相手と自分との相性を見極めるようにすれば、うまく行く可能性も増えてきます。


3.周囲に先を越されても気にしない

一緒に婚活を始めた友人が、次々といい相手を見つけて結婚していく様を見るのは、心が締め付けられるようになりますよね。

しかも、それがなかなかの好条件だったり、イケメンだったり年下だったり、周囲が羨むような男性だったら、落ち込み方は半端なものでは無いはずです。

そんな友人の幸せを目の当たりにすると、自分も同じような幸せを得たくなってしまって、ついついいい相手に巡り合うまで粘ってしまうことになりがちです。

ですが、その行動に出た時は既に、婚活地獄に腰まで浸かってしまっている状態です。

ですから、周囲の人が先に結婚する様を見ても、嫉妬したり羨んだりせず、自分には関係の無いことと言い聞かせて下さい。

自分さえ幸せになれれば、友人の旦那様と比べてどんな人かなんて、関係ないはずです。


4.婚活に強迫観念を持たないようにする

本当は婚活に疲れているのに、一回のチャンスを捨てられず、あのパーティーには運命の人がいるかもしれない、と強迫観念にかられ、ストレスばかりが溜まってしまう人もいるでしょう。

でも、そんな楽しくない気持ちで婚活しても、男性を引き寄せるオーラは出ませんから、うまく行かなかった回数ばかりが増えて行くことになります。

また、不調に終わった婚活パーティーの後に、一人反省会を開いて、自己嫌悪に陥っていませんか?

そこで、「次は失敗しない」と自分の気を引き締めることが、鬼気迫る表情を作り、却ってモテオーラを下げることになってしまいます。

そうならないためには、あくまでプライベートの遊びやサークル活動のひとつ程度に捉えておいて、深みにハマることを防ぎましょう。

そして、心を軽く持ち、婚活パーティーなども合コンの一環くらいに思って参加すれば、毎回のパーティーがストレスでなくなります。

出会えればプラス、出会えなくてもマイナスではなくゼロのままと、自分の心に言い聞かせることで、少しは気持ちが軽くなりませんか。


5.結婚が人生の全てと思わないようにする

婚活に本腰を入れると、趣味も仕事もファッションも、何でもかんでも婚活に繋げて考えてしまうようになりがちです。

人生の全てのものが、結婚を目標にして動いているような気がしてしまうのです。

こんな状態に陥るのは、融通が利かず、真面目で完璧主義な人に多いです。

そんなタイプの人は、婚活が長引いて思わしくない結果に常にさらされることで、「婚活うつ」にまでなってしまう恐れだってあるのです。

ですから、視界に結婚しか見えない状態になるのを防ぐため、時には結婚に関係の無いことをしたり考えたりする時間を持ってください。

習い事をするとか、植物を育てるとか、山に登るなど、一生懸命になりながらも、楽しく打ち込めることはたくさんあります。

このように、結婚のことばかり考えなくて済む生活を送れば、気持ちに余裕ができますよ。

婚活地獄に陥らないためには思いつめないことが大切

婚活地獄に陥らないためのポイントを、5つご紹介しました。

婚活に思い詰めすぎると、色々な婚活業者を渡り歩く「婚活ジプシー」になってしまったり、ストレスが大きくなって婚活疲れを引き起こし、果ては婚活うつに至る可能性もあります。

これらは全て、婚活地獄にハマったことによって生じる悪影響と言えるでしょう。

ですから、婚活をするに当たっては、地獄行きにならないように、心を大きく、ゆったりと構えることが大切ですよ。