婚活で条件が良い男性をゲットする方法。高学歴高収入な男性と恋愛結婚を

最終更新日:2015年5月23日

近年晩婚化が進んでいますが、それと同時に流行しているのが「婚活」です。

好きな人と自然に出会い恋愛結婚をするというのは理想ですが、待っているだけではなく自分から合う人を探すというアグレッシブさを持ち合わせている女性が増えてきていると言えるでしょう。

ここでは、婚活で条件が良い男性をゲットする方法をご紹介します。

1.自慢できることを1つに絞ってアピールする

自分よりも条件が良い人と一言で言っても、様々な側面があります。

本来ならば自分と同じ様な境遇の人こそが考え方や価値観が似ている為一緒に居て楽だと感じる人が多いと言えます。

しかしそれでは将来が不安と感じ、自分よりも年収が高い人、自分よりも大きな安定的企業で働いていている人、将来有望の人、俗にいう玉の輿と言われる男性と出会うことができれば将来も安定していると考える女性が多く、やはり自分よりもレベルの高い人を探したいと思うのでしょう。

婚活ではパーティやインターネットサイト等、短期間で自分をアピールすることが重要であると言えます。

そこで効果的だと考えらえるのは1つのことに絞ってアピールすることです。

男性が自分よりも条件が良いということは、その人には高学歴や専門的な知識等何かしら人よりも抜き出た能力があるからこそ、現在の位置にいる人が多いでしょう。

そうだとすれば男性に「この女性は自分と同じ様な所がある」と親近感を抱いてもらうことが近道であると言えます。

女性らしさ、料理、裁縫、英会話等、いくつもの側面をアピールするのもいいですが、その中でも「海外留学に行っていたので英語が得意で、英語を使った仕事をしている」「裁縫が昔から得意で自分の洋服なども自分で作っている。趣味のサークルでは展示会などにも出店している」等、一つのことでアピールできることを作りましょう。

彼と全く同じフィールドではなくても、相手に認めてもらえるレベルのものがあることが大切であると言えます。


2.勉強中をアピールする

次に大切なことは「勉強中である」「興味がある」ということをアピールすることです。

先述の通り、男女はもともと同じレベルと言える様な似たところがある相手に惹かれます。

その為、相手が興味があることや趣味に全く理解がない女性に対しては話が合わないと思われてしまう可能性があるのです。

例えば相手がとても高学歴で自分よりも随分と条件が良いと思うのであれば、そこで怖気づかず自分は今勉強をしていること、資格を取ろうとしていることなどをアピールするのも一つの方法です。

高学歴である彼は過去に勉強に注力してきた、頑張ってきたことでしょう。

大企業に勤めている男性や専門的な知識を要する業界に居る男性は、仕事をしながらも学び続けることが必要であることがほとんどです。

全く同じことは知らなくても、あなたが今何かを勉強している、資格を取ろうとしている、会社でも昇格を目指して業界の勉強をしている等とアピールすれば、「勉強」「努力」等という側面で親近感を感じてもらうことはできるはずです。

彼が自分が全く知らないこと、例えば古典文学やスペイン語等第三言語に興味があるというのであれば、「詳しくは知らないけれど、興味があるので話を聞かせてほしい」とこれから学んでいくことをアピールするのもいいでしょう。

レベルの高い人は、男女関係なく常に努力している人であることが多いと言えます。

同じ様に努力する姿勢を見せましょう。


3.サポートできる女性をアピールする

自分よりも条件が良い男性をゲットするには、親近感を頂いてもらう他にもサポートする側に回ることも一つの方法です。

例えば大企業に勤めていたり、自分で起業している様な男性はとても忙しいかもしれません。

仕事だけでなく社交の場に出たり、常に変わり続ける業界に関しての勉強を続けたりも必要です。

その為身の回りのことをこなす時間がないかもしれません。

その上相手も婚活をしているということは結婚を意識しているということなので、忙しい生活の中でも家庭を持って安心できる場所を作ること、身の回りのことを助けてくれる人を探している可能性もあるでしょう。

そんな時には料理が好き、裁縫が得意、掃除が好き等、彼が必要とすることを得意とアピールすることも1つの方法です。

これらをアピールする時には押しつけがましくならない様に、さりげなさも大切です。

忙しい人こそ家庭では落ち着いた空間を求めて居たり、自分にない要素を求めている可能性も考えられます。

あるいはレベルの高い男性は自分で全部こなせる能力やそれぞれに自分なりのこだわりを持っているので、自分が足りない部分をさりげなく支えてくれる様な人を探している可能性もあります。

サポートする側としてアピールするのであれば、相手の話をしっかり聞き相手の話を聞き出す様な、聞き役に回ることも有効であると言えます。

条件が良い男性を見つけたら彼の求めているものを会話から聞き出し、自分が自分がと話をするよりも、相手が必要としてるものを補うことができることをさりげなくアピールすることがとても効果的であると言えます。


8.

婚活という場所や目的では、お互いに結婚を意識した関係を求めているはずです。

一緒に居て楽しいと思えることだけでなく、その先に将来一緒に居て安定した生活が送れると彼が感じることができる様に、アピールすることが大切であると言えるでしょう。