高望みしてないのに婚活が上手くいかない時の見直しポイント

最終更新日:2015年6月18日

婚活を始めて、そんなに条件を厳しくしているつもりは無いし、どんな人でもちゃんと真面目に交際する意気込みはある。

でも、なぜかうまくいかない……などという状態に陥ってしまうと、何が原因かわからなくて、困ってしまいますよね。

今回は、婚活で高望みをしていないのに、うまくいかない時に見直すべき点についてご紹介します。

1.高望みしていないと思っているのは自分だけではありませんか?

高望みはしていない、と言ってはいるけれど、傍から見れば十分高望みという人もたまに見かけます。

このタイプの人は、昔に比べたら条件を緩めているつもりなのかもしれませんが、それでもまだまだ高望みの域から脱することが出来ていません。

顔や身長はどんなでもいいから、初婚であればいい、30代であればいい、年収は500万以上あればいい……と、自分の中ではかなり譲歩しているつもりでも、自分の年齢や経歴を考えると、十分高望みなのかもしれません。

婚活に当たって、条件を定めるためには、自分に相応しい男性とは、どんな人かをしっかり見極めること。

そのためには、自分の女性としての市場価値をわきまえることです。

自分をしっかり客観視して、現実を受け入れたうえで、改めて条件について考え直してみてはいかがでしょうか。


2.婚活自体を斜に構えて見ていませんか?

自分が高望みをしていない自覚があるということは、自分以外に高望みをしている人を見る機会もあるはずです。

そんなふうに、理想を高く持ちすぎて空回っている人や、必死になって婚活地獄に陥っている人も、世の中にはたくさんいます。

ですが、それと真逆で、婚活はしているものの、どこか真剣になりきれず、一生懸命な人を軽く馬鹿にした目線で見てしまう人も、婚活中の人の中にちらほらと見られます。

自分の殻を破れないでいるため、婚活自体に真正面から向き合うことができず、つい周囲の参加者を上から目線で見てしまってはいないでしょうか。

必死になっている人を見ては、「私はあんなふうになりたくない」と思ってしまったり、婚活パーティーで失敗するたび、自分のプライドを守るために「あんなパーティーに参加する男なんてたかが知れている」などと言い聞かせたりしていませんか?

そんなふうにスカした態度ばかり取り続けていると、男性陣にも馬鹿にした目線で見ていることがバレてしまい、誰からもお声がかからなくなってしまいます。

もう、婚活をスタートした時点で同じ穴のムジナですのですから、いっそ自分の殻を脱ぎ捨てて、真正面から向き合った方が、好感を抱かれますよ。


3.自己アピールが下手なタイプではありませんか?

高望みもしないし、結婚する意志も十分にある。

でも、本人はそう思っていても、周囲にそれが伝わっていないのかもしれません。

極度の上がり症だったり、口下手なタイプだと、せっかく「いいな」と思う男性に巡り合えても、自分の結婚に対するビジョンや熱意が全く伝わらないまますれ違ってしまうことになります。

ですから、トークスキルを身に付け、男性にわかりやすく自己アピールできるようになりましょう。

そもそも、婚活中は、誰の助けも借りず、自分で自分を売り込む機会が多いものです。

本当はとても素敵な女性なのだとしても、それを周りの人が宣伝してくれるわけではないので、自己アピールをしなければ誰もが通り過ぎて行ってしまいます。

そんな悲しいことにならないように、自分で自分の良いところをうまく表現できるようになりましょう。


4.ガツガツし過ぎてはいませんか?

高望みしていないと公言し過ぎて、男性たちが引いてしまう事態になってはいませんか?

あまりに来るもの拒まずの姿勢を見せすぎると、「高望みしない=条件が緩い=どんな男でもOK」という図式が成り立ってしまい、男性にガツガツしているという印象を与えてしまいます。

こんな印象を持たれては、男だったら誰でもいいのかよと思われて、真剣に結婚を前提とした交際を望む男性には敬遠されてしまう原因になります。

誰だって「異性だったら誰でもいい」と言っているような人とは結婚したいとは思いませんよね。

ですから、高望みしないことはもちろん立派なことですのですが、それを前面に押し出しすぎないようにしましょう。

そして、高望みしないことをアピールする時は、「真面目な人」や「優しい人」など、ありきたりな条件でいいので、譲れない条件をひとつくらいは言うようにした方が、逆に好感を持たれやすいです。

自分を客観視して婚活を成功させよう

高望みをしていないつもりでも、上手く行かないときに見直して欲しいポイントでした。

婚活するにあたり一番大事なことは、相手をよく見て評価することよりも、自分をしっかり客観視して、正当な評価をすることですのではないでしょうか。

また、自己アピールの仕方にも工夫が必要です。

相手に伝わりやすい方法で、誤解を招かないように自己アピールできるようになれれば良縁に恵まれていくことでしょう。

現在婚活中のあなたも、しっかり自分の良いところを売り込んで、素敵なお相手を見つけて下さいね。