口の周りにできた吹き出物を早く治す方法まとめ。口周りを清潔にしよう

最終更新日:2015年11月23日

口の周りに吹き出物ができてしまったことはありませんか?口の周りに吹き出物があると不潔に見えてしまいますし、口元のメイクを楽しめないのもテンションが下がってしまう原因ですよね。

さらに口の周りの吹き出物というのはなかなか治りにくかったりします。

できるだけ早く治してしまいたいものですよね。

そこで今回は口の周りの吹き出物を早く治す方法をご紹介します。

1.口の周りを汚さない

口に吹き出物ができてしまうのは、汚れがついってしまっているということが原因として考えられます。

というのも、口の周りの皮膚は乾きやすかったり刺激が多かったりして荒れやすいことが多くなります。

そのため食べ物やソースなどが付いたままで塩分が肌に付着してしまったりソースなどを紙ナプキンやティッシュペーパーなどで強く拭ってしまうことで塩分や糖分と肌がこすれて皮脂や肌のバリア成分が壊れてしまい吹き出物などの原因になってしまいます。

つまり、吹き出物が出来てしまっている肌に食べ物のソースなどの塩分がついてしまうと吹き出物が悪化したり再発したり新たに出来てしまったりしてなかなか治りにくくなってしまいます。

そのため、吹き出物を早く治したいのであれば口の周りに汚れを付けないようにすることです。

食べ物も、ハンバーガーなどの口の周りが汚れやすいようなものを避けてできるだけ小さく切って口の周りにソースや塩分などが付かないように食べると吹き出物の原因になる汚れを防止することができるでしょう。

食べ物だけではなく、メイクなども吹き出物ができている場合は厚塗りをせずにできるだけノーメイクを意識するようにしてみましょう。

何よりも吹き出物を治すには肌を清潔に保つことが大事です。

余分な皮脂をはじめとしたメイクや汚れが付着すると吹き出物は治りにくくなるので注意しましょう。


2.洗うときはぬるま湯で優しく洗う

前項で吹き出物ができてしまったら「汚なさい」とご紹介しましたが万が一食事中で汚れてしまった場合の対処法をご紹介します。

ソースなどが口の周りについてしまった場合、多くの方がティッシュペーパーや紙ナプキンで拭っているかと思いますが実はその行動が吹き出物を悪化させてしまっているかもしれません。

というのも、ティッシュペーパーや紙ナプキンを拭ってしまうと摩擦が起こって吹き出物に刺激を与えたり塩分を刷り込んでしまうこともあります。

吹き出物にとって刺激はNG。

もし汚れてしまったら、ぬるま湯で優しく洗い流してやわらかいタオルやローションティッシュなどでこすらないように拭いましょう。

万が一汚れてしまったときはこのようにして汚れを極力、摩擦や刺激のない洗い方をするようにしましょう。

メイクなどをしていない場合は洗顔は一日一回にし、皮脂を落としすぎないように優しく洗い・拭うようにしましょう。

刺激を与えなければ吹き出物が悪化するのを防ぐことができるようなので吹き出物ができている場所には刺激を与えないようにしましょう。

3.薬を塗る

吹き出物を気にしない方も多いでしょう。

放っておけば治るくらいに考えているのではないでしょうか。

吹き出物は立派な皮膚疾患の一種でしっかりと治療をしないと悪化したり長続きしたりしてしまうこともあります。

なので、吹き出物ができたらまずはドラッグストアなどで販売している市販のニキビ用・吹き出物用の薬などを使用してみることをオススメします。

薬を塗ると薬の中の成分が吹き出物の原因である菌を殺菌してくれたり清潔に保ってくれる・炎症を抑えるなどの人間ではできない作用があるため、自然治癒を待つよりも早く赤みや腫れを抑えることができるでしょう。

口の周りを清潔に保ちながら、市販の薬を用法容量を守り、説明書・薬剤師の指示に従って使用してみましょう。

そうするだけで早く治すことができるかもしれないようです。


4.病院に行く

前項でもご紹介したように、吹き出物は皮膚疾患の一部です。

市販の薬ではなかなか治らない・少し経つと再発してしまう…などの問題がある場合は皮膚科への受診をすることをオススメします。

というのも、吹き出物ができてしまうのは様々な原因がありストレスや胃の病気など吹き出物には恐ろしい病気が隠れているかもしれないからです。

皮膚科での正しい治療をしても治らない場合は内臓疾患なども疑われるため、検査が必要になります。

こういった病気を早期発見しやすくなりますし、市販の薬よりも原因をしっかりと追及できる皮膚科での治療の方が効率がいいので、時間に余裕があるときは皮膚科への受診をしましょう。

口の周りの吹き出物を早く治そう

吹き出物を早く治すためには清潔に保ち、しっかりと治療をするだけでなく吹き出物のできにくい環境・体つくりをしてあげる必要がありそうです。

肌の皮脂を適度に保つためにはバランスのいい食事も大事なので、意識してみてはいかがでしょうか。