いつも唇が乾燥しカサカサ。唇の乾燥の原因と対策法まとめ

最終更新日:2016年2月7日

冬の時期になると唇が乾燥してしまいがちですよね。

その原因は主に空気の乾燥…と思われていますが普段の生活習慣が原因になってしまうこともあります。

そこで今回はすぐ唇が乾燥してしまう人の原因と対策をご紹介します。

1.冬場の暖房による乾燥には加湿器を

日本の冬は厳しく、冷え込むのでエアコンや暖房器具による温度調整が必要になります。

特にストーブなどは暖かくて便利なのですがどうしても空気が乾燥しがちになります。

空気が乾燥すると肌の水分も蒸発しやすくなりますし、唇は他の皮膚と違ってすぐに割れたり剥けてしまったりするでしょう。

そんな時に簡単な対策は室内の湿度を上げてしまうことです。

夏場など湿度が高い時期に唇が乾燥しない方は、唇の乾燥の原因が「空気の乾燥」であることがほとんどなのでそれを対策することができれば唇が乾燥せずに済みます。

手っ取り早く安価に済むのは「加湿器」を使うことです。

持ち運びできる小さなものから一晩使うことができる大型のものまで家電量販店などに行けば一人暮らしでも買える値段のものも多くなります。

少し高くはなりますが、女性に嬉しい美容に良い効果付きのものや、デザイン性が高く部屋の雰囲気を壊さないものなど多種多様です。

加湿器は喉の乾燥なども同時に防いでくれるので風邪予防にもなりますし、一家に一台あっても良いでしょう。

さらに、引っ越しなどで大きく家具家電を買い替える予定であれば加湿機能の付いたエアコンを購入すると場所を取らないのでオススメです。


2.唇を舐めてしまう場合は癖を治す

唇が乾燥してくると、舐めて潤す人も少なくはません。

ですが、唾液には消化酵素が含まれているので唇を傷めてしまうこともあります。

さらに、食事中に唇についたソースや食品を舐めとるというのも唇を傷め乾燥させる原因になります。

というのも、唇は直接塩分や酢などの酸性の物質が付きやすく、それをあまり気にしない人が多いようですが、これはお肌に直接ソースを塗ったり塩を塗りこむのと同じで、よく考えると恐ろしいことです。

さらに、それを消化酵素の含まれている唾液でなめとるとなると唇が痛んで乾燥してしまうそうです。

そういった場合の対処というのは極力「唇を舐めない」と心に決めて生活することです。

唇が乾燥してきたなと思ったらその場しのぎで舐めて潤すのではなく薬用リップなどで潤いを与えるようにしましょう。

そして食事中や間食中など食べ物を食べる時や飲み物を飲むときは、食べ物を小さく切って唇に触れないように食べます。

飲み物はストローで飲むか白湯やお茶などの刺激の少ないものにするなどして工夫します。

万が一唇が汚れてしまった場合は舐めとるのではなくティッシュやハンカチなどで優しく拭うか水で洗い流すようにし、リップで保護することを忘れないようにすると良いでしょう。

3.リップを付けても乾燥する場合はリップを変える

唇はお肌と違って軽視されやすいのですが、人によっては合うリップと合わないリップがあります。

合わないリップを使用してしまうと唇がガザガザして荒れる原因になってしまうようです。

人間の肌というのは今まで使っていたものでも急に拒否反応が出てしまったりすることもあって「このメーカーだから大丈夫」と安心してリップが原因なのに見逃して多くリップを使用して悪化させてしまうこともあります。

リップを塗っても乾燥するようであればリップが自分に合っていない可能性が高いのでリップを変えるなどの対処が必要になります。

リップだけでなくグロスなどの化粧品も合わないものを使ってしまうと唇の乾燥の原因になってしまうので注意しましょう。

また、合わないリップを使用すると乾燥だけでなく唇の皮がはがれたり、湿疹ができているなど異常が見られたら、市販のリップを変えるのではなく一度皮膚科に受診して医師に治療をしてもらったほうが良いでしょう。


4.外に出ることが多く乾燥する場合はマスクとリップで対処

どうしても外に出ることが多く、唇が外気によって乾燥してしまう場合はリップやグロスなどで唇をカバーして潤いを保つというのが一般的な方法でしょう。

ただし、リップには使用回数があり過度に塗ってしまうと逆に乾燥してしまうのであまり塗りなおすのは難しいようです。

そこでマスクをしようすることで自らの呼気の湿気で唇を保湿するという方法を併用すると外での仕事が多い方でも唇を乾燥させにくくなります。

唇の乾燥をケアしよう

唇が乾燥してしまっている原因をご紹介しました。

唇は顔の皮膚と同じでかなりデリケートということを意識するようにし、唇パックなどを週に一度か二度行ってあげるようにしたり、エステなどでピーリングをするなどしてケアをしてあげると健康で潤いたっぷりの唇を手に入れることができるかもしれません。