前髪を触る男性の心理とは。なぜ髪を常にいじるのか

最終更新日:2016年1月30日

男性の中には、前髪をしょっちゅう触っているような男性もいますよね。

そんな男性はなぜ前髪を触るのでしょうか。

そこでここではそんな、前髪を触る男性の心理をご紹介します。

1.常にかっこいい自分でいたいから

前髪を触る男性の心理として特に多いのがこのかっこいい男性でいたいという気持ちです。

基本的に多くの男性は常にかっこいい自分でいたいと思っているものです。

そこには、男性ならではの心理がさらに隠れていたりするのです。

そんな裏にある心理とは「不特定多数の女性に好かれたい」という心理です。

特別男性側が興味がある女性でなくとも、とにかく自分に好意を向けられたいと思うのが男性です。

多かれ少なかれ女性にもそういう意識のある方はいますが、男性はほとんどすべての男性がこういう心理を持っています。

好かれたからといってどうこうしたいわけではないのですが、それでもとにかく多くの女性に好かれたいと思うものです。

それはきっと多くの女性に好かれることが一つの男性のステータスだからなのでしょう。

お金を持っている、肩書がすごい、というのと同じように、女性にモテるというのは一つの男性の力の象徴です。

だからこそ、前髪を触り、前髪をなおし、常にかっこいい自分でいようとしてしまうのです。


2.嘘をついているから

前髪を触る男性の心理として、嘘をついている時に触ってしまうという心理もあります。

嘘をついている時に触るなんてそんな分かりやすい話があるか?と思う方もいるかもしれませんが、これは条件反射のようなものですので、ついつい触ってしまう男性が多いのです。

何故嘘をついている時に前髪を触ってしまうのかと言いますと、そこには目を隠したいという心理があるのでしょう。

前髪を触ることで、手で目を見えないように隠すことが出来るようになりますよね。

目を見られてしまうと嘘がばれてしまう可能性が高くなります。

ですから、無意識のうちに目を隠そうとしてしまうのです。

こういうことがあるので、男性が前髪を触る心理として、嘘をついているからということも言えますね。


3.顔にコンプレックスがあるから

前髪を触る男性の心理として、顔にコンプレックスがあるということもあります。

顔にコンプレックスがあるから常に良い自分でいたいと思うから、前髪を触るということもあります。

顔にコンプレックスがある男性はすごく多いですが、男性には女性のように化粧で自分を昇華することができません。

ですから、その代わりに髪型に気を使うのです。

せっかく気を使った髪型も、男性の場合すごく崩れやすいです。

特に前髪は本当に崩れやすいのです。

顔のコンプレックスを隠すためにせっかく髪型をセットしたのに、それが崩れているかも…と不安になったらそれを手で触って直したいという衝動に駆られるのも理解できますよね。

こうして前髪をよく触るようになっていくのです。

この場合、特定の誰かや不特定多数に向けての好意があるというよりは、残念な自分を見たくないという気持ちが表れています。


4.緊張して癖で触ってしまうから

緊張している時に前髪を触ってしまうという男性もすごく多いです。

緊張している時には、手を動かしたくなるのが男性です。

ですので、無意識のうちに手が前髪に動いてしまうのです。

先にも説明したように、前髪を手で直すことにより、目を隠すことが可能になります。

目を一瞬でも隠すことができれば、その間に平静を取り戻すこともできます。

緊張している時に前髪を触ってしまうという男性の心理の裏には、無意識のうちにそういう心理も働いているのでしょう。

そしてそれはいつしか緊張している時に現れる癖のようになっていきます。

今話題のルーティーンのようなものですね。

それをすることで自然と緊張がほどけていくようになるので、ついついそれをしてしまう、それをしないと落ち着かないようになっていくのです。


5.何か伝えたいことがある

男性は、何か伝えたいことがあるけどそれをどう切り出そうか迷っている時に前髪を触るということがあります。

ですから、前髪を触る男性の心理として、実は伝えたい何かがあるということも言えます。

うまく伝えられないというそのモジモジ感が、手に現れて、それを落ち着かせるために前髪をさわってしまうのです。

前髪だけに限らず、他のところの髪の毛もよくさわるという場合には、特にこの心理でそうなっている可能性が高くなります。

前髪を触る男性の心理を知ろう

前髪を触る男性の心理をご紹介しました。

前髪を触る男性の心理は、この様にいろいろとありますが、どれも良く考えると愛らしいものなのではないでしょうか。

これらの中からどんな心理で前髪を触っているのかを見ぬき、その男性の心理にのっとったリアクションをしてあげると、こちらの印象はきっと良くなりますよ。