ママ友を作る方法。ママ友がいない状況から一歩踏み出そう

最終更新日:2017年4月1日

赤ちゃんが生まれて、予防接種等も済むと「そろそろママ友作りでも始めようかな」なんて思い始めるものです。

しかし、初めての子育て、どこで、どんな風にママ友を作ったらよいのか、気持ちはあるけど行動に移せずに焦ったりすることもあるでしょう。

そこで今回は、そんなママ友作りにオススメのシチュエーションをご紹介します。

1.地域の児童館に足を運ぶ

子連れで、気軽にいけるスポットの代表とも言える児童館。

大体どの地域にも「児童館」「子育てサロン」「子育て支援センター」等々、名称は違えど、その類の施設は存在しているのではないでしょうか。

ママ友作りをこれから始めるママさんにはうってつけのスポットです。

まず、児童館の良い所は、様々な月齢を対象にイベント(親子体操や、絵本の読み聞かせ等)を行っていることです。

自然に同じくらいの月齢の子供達とそのママさんが集まってきます。

そうしたイベントの日でしたら、あくまでイベントを目的に出向くので、近くのママさんとがんばって会話をする必要もありません。

とはいっても子供が他のママさんに話しかけてもらったりすることがあるので、その時に簡単に挨拶したり、話をしたりと自然に会話に入ることもできます。

確かに同じ様な顔ぶれがそろうことは多いですが、毎週きっちり固定されたメンバーしかいないということも少ないものです。

そのため色々なママさんとお話しして、気の合いそうな人を見つけられるのも嬉しいポイントです。

2.最寄りの小児科は意外と穴場

どの赤ちゃんも約2ヶ月頃から6ヶ月頃までほぼ毎月の予防接種ラッシュを経験します。

最近は他の病気の患者さんと赤ちゃんが接触するのをさけるため、小児科によってはではありますが、予防接種外来を設けている小児科も少なくありません。

そういった病院での出会いは意外と穴場ですが、良かったりします。

予防接種は打った後、約30分間、病院内にて待っていなくてはならないことが多いです。

それ以外でも、予約制であったとしても少なからず待ち時間があります。

そんな時、同じくらいの赤ちゃんを連れたママさんと話してみてください。

「病院」という非日常の場所で、他の患者さんや少し大きな子供の予防接種待ち等の中で、同じ位の月齢同士で生まれる不思議な連帯感を感じられるはずです。

地域の小児科でしたら、そこで出会うママさんも、大体そう遠くない所に住んでいるはずなので、情報交換をしたり、実は同じ児童館に通っていたなんていう偶然もあったりします。

その後も予約する日にももちろんよりますが、予防接種にいくたびに会ったり、ということも少なくありません。

3.区や市町村で行っている検診の待ち時間に話しかけてみる

どこの地域でも「○○ヶ月検診」という形で、保険所や区役所等で無料で検診を受ける時期があるでしょう。

そうした検診ではよほど前月の検診日にこられなかった赤ちゃんをのぞいて、ほとんどの赤ちゃんがご自身の赤ちゃんと同じ月齢です。

検診では、身体測定、小児科医の問診/触診、その他育児相談や講義等、その内容は盛りだくさんで、もちろんその所要時間は結構な長さになります。

受付の順番で待ち、同じ順番で呼ばれるので、自然に会話することができます。

行われる検診の対象月齢によって、離乳食の進め方や、歯のケアについての講義等が行われることが多いです。

しかしそうした講義の際も一定人数をまとまって集めるため「この人、どこどこで見かけたことがあるな」などと思ったらどんどん話しかけてみると良いでしょう。

赤ちゃんと二人きりの待ち時間は、途中で赤ちゃんが泣き出してしまわないか、などと気をもみながら待たなければならないので、周りのママさんと話すことで気持ちも和らぎますし、相手の方も同じような感覚で心を開いてくれることが多いです。

4.ベビーマッサージや音楽教室のレッスンに参加する

金銭的にも時間的にも余裕がある場合は、というところですが、親子教室にてママ友を作るのもオススメです。

最近はたくさんの親子教室があり、0歳から参加できる「ベビーマッサージ」や「ベビーサイン」「リトミック」「英会話教室」などなど、その種類も豊富になってきました。

もちろんお金はかかってしまいますが、同じ目的を持って、同じ様な習い事に興味のあるママたちが集まるので、仲良くなりやすいと言えます。

また毎週(もしくは毎月)決められた日程に参加するので、メンバーも顔なじみになりますし、自然と仲良くなっていきます。

そして同じ興味を持ったママ同士の情報交換は、それから先の子育てで役に立つ事柄も多く含まれているので、ママ友を作るという観点からのみならずとても有用なコミュニティーとも言えます。

教室に通う時はできるだけ自宅から近くの教室を選ぶと、共通の話題もぐっと増えますし、会いやすくもなるので良いです。

焦らずママ友を作っていこう

「ママ」という共通点しかない人々と友達関係になるのは、なかなか至難の業ですよね。

上記に挙げたように、様々なコミュニティに出向いて、まずはとりあえず話しかけて浅く広くでも人脈を広げることが大事です。

その中で自分に合うママ友をしぼって、長く付き合っていくことができれば良いですね。