眉毛の整え方。キレイに眉を整えよう

最終更新日:2015年7月9日

眉は顔の印象を大きく左右します。

自分の顔に合わない眉を作り上げてしまうと、顔全体のイメージがまったく変わってしまいます。

そのため、アイブロウメイクはもちろん、眉毛を整える段階から、「自分の顔に合った眉の形」を意識する必要があります。

では、上手にキレイに眉を整えるためには、どのようにしたら良いでしょうか。

1.「美人顔」と言われる美しい眉の基本形を学ぶ

一般的に「美人顔」と言われる人は、眉をキレイな形に整えています。

「キレイな形の眉」とは、人それぞれ顔によって違うものの、ある程度の基本形は存在しています。

そのため、眉をキレイに整えるにはまず、美しい眉の基本形を学ぶことから始めましょう。

まず、眉頭は小鼻の延長線上に、そして眉山は口角と目尻を繋いだ線の延長線上に来るようにします。

そして、「自分の眉をなるべく残したまま、眉毛を整える」と意識してください。

あまりにも作り込み過ぎた眉は、美しく見えないことがほとんどです。

「美人眉」と呼ばれる眉は皆、自分の眉を活かしつつ、美しい眉の基本形を守っています。


2.自分の眉の形を知っておく

「美人眉」と呼ばれる眉の基本形を学んだら次は、自分の眉がどのようなものなのかを知ることが大切です。

基本形はきちんと押さえつつ、「基本形をどのようにして自分の眉に応用させるか」ということが、キレイな眉に仕上げるためのポイントです。

まずチェックしたいポイントは、長さです。

長過ぎるようであれば眉をカットし、短過ぎるようであれば描き足す必要があります。

そのため、自分の眉はどのくらいの長さなのかを把握しましょう。

次に太さです。

眉は、細過ぎても太過ぎても見栄えが良くありません。

そのため、自分は眉が細い方なのか太い方なのかを把握し、眉を整えることに役立てましょう。

最後に、濃さです。

眉は濃過ぎると顔が重い印象になり、薄過ぎると不健康な印象になります。

これを補正するために、自分の眉の濃さに関しても把握しておきましょう。


3.必要のない毛を取り除く

まずは眉の形を整えることから始めます。

最初に行う作業は、必要のない毛を取り除くということです。

まずはスクリュー状になっているブラシを使い、眉の毛の流れを一方方向にしておきます。

これで眉を整えやすくなります。

次に、眉用のはさみを使い、「キレイな眉の形にするために、明らかに必要のない毛」をカットし、取り除きます。

無駄毛が太過ぎる場合は、毛抜きで抜いても構いませんが、基本的には眉用のはさみを使った方が良いでしょう。

ここで注意したいのは、この作業はあくまで「無駄毛を取り除いて、眉の形を整えるだけである」ということです。

あまりにも毛を抜き過ぎて細くしてしまうと、キレイに仕上がらなくなるので気をつけてください。


4.長過ぎる毛を切り揃える

眉の形を整えたら、次は毛そのものの長さを整えます。

眉の毛が長過ぎると、「ボウボウ」な印象になってしまい、顔全体がもっさりしたイメージになってしまうので、定期的にカットし、長さをと問えておくことが大切です。

まず、毛の流れが上向きの毛は、上に向けて手で押さえます。

この時、眉全体のラインからはみ出る毛が出てきます。

この毛をカットして、眉のラインからはみ出ないようにします。

次に毛の流れが下向きの毛を、下に向けて手で押さえます。

そしてこちらも同様に、眉全体のラインからはみ出た毛をカットします。

これによって眉が程良い濃さになります。

「眉そのものの長さが長過ぎて気になる」という場合は、この段階でカットしましょう。

眉尻の長過ぎる部分だけをカットし、必要であれば毛を抜いても良いでしょう。


5.足りない箇所をアイブロウペンシルで描き足す

眉が薄かったり、眉が短かったりする場合は、アイブロウペンシルを使い、描き足します。

まず、アイブロウペンシルの色は「自分の髪の色、もしくは髪の色よりも少しだけ明るめの色」を選びます。

これで、眉が重苦しい印象になることを避けれられます。

そして、眉全体ではなく、「足りない部分」だけ、ぼかすようにして描いていきます。

あまり強く描き過ぎないようにし、自分の眉に自然に馴染むように描くことがポイントです。


6.眉が濃過ぎる場合は、アイブロウマスカラで色を明るくする

眉が濃過ぎるという場合は、アイブロウマスカラを使い、眉の色を明るくして、顔全体をライトな印象に仕上げましょう。

アイブロウマスカラの色は、なるべく自分の髪の色とかけ離れていない色を選ぶことがポイントです。

あまりにも明るい色を選んでしまうと、眉部分だけが顔から浮いてしまい、不自然になってしまいます。

アイブロウマスカラを眉全体にひと塗りずつ塗って、眉の色をムラなくキレイに統一させて仕上げます。

自分の眉毛を活かして美人眉になろう

眉をキレイに整える際のポイントは、「あくまで自分の眉を活かす」ということです。

あまりにも元の眉とかけ離れた仕上がりになってしまうと、不自然な印象になってしまうためです。

眉をカットしたり抜いたりするのも、必要最低限に留めることがポイントです。

「無駄毛だけを処理する」と考え、他の毛はキレイなまま残しましょう。

このような眉の整え方を実践することで、誰でも美人眉を作ることができます。