目の疲れを解消するマッサージの方法

最終更新日:2015年6月1日

パソコンを長時間見たり、映画を観たり、活字を読んだり・・・何かと目を酷使することが多いものです。

目が疲れてしまうと何もやる気が起きなくなりますね。

そんな時に目がすっきりする疲れ目解消マッサージをご紹介します。

1.目周りのツボ押しマッサージ

目の周りにはたくさんのツボがあります。

このツボをギューッと押してあげると目の周りの血流が良くなり、重かった目が少し軽く感じられます。

通勤電車の中、仕事中、休み時間、入浴時間などにもツボ押しマッサージは簡単にできますので習慣にしてみましょう。

*両目の鼻の付け根にあるツボ・・・晴明
*目とまゆの間にあるツボ・・・さん竹
*目の真下の頬骨の上にあるツボ・・・四白
*目尻にあるツボ・・・瞳子りょう

目の周りにあるこれらのツボを1箇所につき5回程度指で押してマッサージします。

気持ち良い痛みを感じるくらいの強さで押すと効果的です。

目の周りにはこれ以外にもまだまだたくさんのツボがあります。

自分で押してみて気持ちいいなと思う場所があれば、そこを指で押してマッサージするのも良いでしょう。


2.目周りのリンパマッサージ

目の周りにはリンパ腺がたくさん張り巡らされています。

このリンパ腺を流れているリンパ液はちょっとしたことですぐに滞り、むくみや疲れ目の原因となります。

これをスッキリさせるには目元のリンパマッサージが効果的です。

目元のハリやむくみ取りにも効果的ですので、毎日のお手入れに取り入れましょう。

①目の周りにマッサージクリームかアイクリームをなじませます
②まずは目の上のまぶたを内側から外側に向かって優しく5回マッサージします
③次に、目の下を目尻から目頭に向かって優しく5回マッサージします
④最後に目頭から鼻の横をスーっとなでおろし口元まで5回マッサージします

このマッサージで滞っていたリンパがスムーズに流れると重かった目がすっと軽くなります。

ただし、目元は皮膚が薄くとてもデリケートな部分ですので強くマッサージするのは避けましょう。

手の滑りをよくするために必ずクリームをつけ、優しくなでるようにマッサージしてください。


3.頭のマッサージで頭痛、頭重による目の疲れを取る

頭が痛い、重い、という時は決まって目の疲れを感じるものです。

目は頭蓋骨の中にあり、目の神経や血管は全て頭とつながっています。

頭に何か違和感があれば必然的に目にも影響が出ると考え、頭をマッサージすることも大事です。

頭を心地よい強さで押したり揉んだりすると血流が良くなって頭がすっきりしてきます。

そうなれば、自然と目の疲れも解消されますので、習慣にしてみましょう。

①両手を広げて頭を左右からつかみ、指を立てて頭をしっかり揉みほぐす(この時爪は立てないこと)
②指で揉んだ時に特に気持ち良いと感じた場所があれば、そこをげんこつの手でぐりぐりと押してほぐす
③手のひらを頭に当てて、頭皮を動かすイメージで手のひらをぐるぐると動かす
④最後にもう一度手を広げて頭を左右から掴んでよく揉みほぐす

このマッサージをするととても頭が凝っているのが分かります。

頭が凝っていれば当然目もしょぼしょぼとしてしまい疲れてしまうのは当然ですね。

頭皮マッサージをするグッズなどを使って気持ちよくマッサージするのもとてもお勧めです。


4.首のマッサージで首からくる目の疲れを取る

特に何かを見たりしていない、目を酷使していないのになぜか目が疲れている・・・と思ったときは首が凝っていることがあります。

首が凝ると頭がぼーっとし、それによって目もしょぼしょぼとしてきます。

首と顔、頭はつながっているので、凝りや疲れは連動すると考えましょう。

まずは首のツボ押しマッサージをします。

*髪の生え際のくぼみにあるツボ・・・風池
このツボを心地よい強さで10回程度押してみましょう。

頭が軽くなる感じを得られるはずです。

次に首全体をマッサージして血流をよくするようにします。

首にはたくさんの神経、リンパ、血管がありますので、ここを流れている体液をスムーズにすることが大事です。

首の体液が滞っていれば目にも新鮮な血液が流れないために疲れ目になってしまいます。

①右手で首をつかみ、コリをほぐすように20回揉みます
②両手を首筋にあて、上から下にさするように肩までなでおろします
③最後に耳の後ろをしっかり揉みほぐします
こうすると首のコリがすっきりし、しょぼついていた目元もはっきりとしてきます。

お風呂の中などで行うようにしましょう。

凝りをほぐして目の疲れを解消させよう

目の疲れの原因は、目周りの凝り、頭や首の凝りが大きな原因です。

そしてその原因を作るのは血行不良やリンパ液が滞るという代謝不良の状態です。

自分が心地いいと感じる程度の強さでしっかりマッサージし、滞ってるものをスッキリ流して凝りを取り去りましょう。

一度やり方を覚えると、習慣として身に付くようになりますので是非実践してみましょう。