見栄っ張りな男性の心理。自己顕示欲が強い

最終更新日:2016年5月1日

身の丈に合っていないのに、無理してでも他人によく見られたい、見栄っ張りな男性っていますよね。

でも、見栄っ張りな人とそうでない人では、その心理にどんな違いがあるのでしょう。

今回は、見栄っ張りな男性の心理についてご紹介します。

1.他人からの評価が全て

見栄を張る、ということは、周囲から高い評価を貰おうとするということですよね。

見栄っ張りな男性は、そんな他人からの評価を高く保ちたい気持ちが強いようです。

何故なら、他人からの評価が、自分の価値の全てだと思い込んでいる節があるからです。

見栄っ張りでない人は、周囲にどう思われようが、自分が良ければ良い、という感覚を持っていますが、見栄っ張りな人はそうではありません。

周囲に褒められたり羨ましがられないことは、敢えてする価値が無いと思っているのです。

もちろん、自分がどれだけしたいことでも、周囲の評価が下がるようなことは絶対にしません。

このように、他人の目に映る自分が、本当の自分の姿だという認識が、見栄っ張りな男性には少なからずあるようです。


2.プライドが高く、それでいて少々卑屈

他人に高く評価されたいのですから、もちろんプライドも高いです。

プライドが高いのは、場合によっては魅力的なのですが、見栄っ張りな男性は、高いプライドに少しの卑屈さも併せ持っていて、虚勢を張っていないとすぐに転落してしまうという危機感を抱えているのです。

見栄を張って自分を大きく見せていなければ、自分は本当は小さな人間だとバレてしまう。

そうならないために、身の丈に合わない振る舞いやアイテムを身に付けて、周囲の評価が下がらないようにしているのです。

本来ならば、努力なくしては自分の身の丈以上の評価を貰えないことを理解するべきですが、見栄っ張りな男性は、そのプライドが邪魔をして、自分の本来の身の丈を認めることができません。

自分が本当は羨まれる存在でないことを知っているからこそ、周囲にそんな扱いを受けないように必死になってしまうのです。


3.負けず嫌い

見栄っ張りな男性は、周囲に同じような、もしくは自分より高いスペックの男性がいると、ついつい張り合ってしまう傾向にあります。

例えば、自分よりも高学歴だったり、自分よりも社会的地位が高い人と同席すると、その負けず嫌いな心理が働いてしまい、思わず自分のスペックを「盛って」話してしまったりします。

他にも本当はそこまで忙しくなくても、重大な仕事を任せられていて忙しいとか、●●大学に合格したけど、色々な都合で敢えて別な大学にした、など。

このように、見栄を張ってちょっとした嘘を盛り込むことも、その場で自分が負けるくらいなら、どうってことないのでしょう。

そもそも、人付き合いにおいて、勝ち負けを気にすること自体、あまり普通ではないのですが、彼にとっては、その場での順位が何より大切です。

周囲としても、わざわざ裏を取って嘘を暴くほどのことではありませんから、嘘だとバレることも少ないようです。


4.他人に羨まれることが何よりの快感

人付き合いの上で、どんな付き合い方に居心地の良さを覚えるかは、人それぞれです。

目立たず空気のようにその場にいるだけで良いという人もいれば、自分をネタにしてでも周囲を笑わせたい、という人もいます。

それと同じ感覚で、見栄っ張りな男性は、自分が褒められ続けることに、この上ない心地よさを感じているのです。

周囲に一目置かれたり、「流石だね」と言われたり、チヤホヤされることは、確かに誰でも良い気分になることでしょう。

もしそうだとしても、普通の人は、身の丈に合わないものを褒められようとは思わないのが一般的です。

ですが、見栄っ張りと言えるほどになると、無理をして、陰で多大な損失を被ってでも、褒められるために働きかけます。

どれだけ大きな労力や損失があっても、褒められたり羨ましがられることによって得られる快感の方が強いのでしょう。


5.自分に自信が無い

見栄っ張りな男性は、他の人の前では、何の悩みも無く、恵まれた人生を送っている素振りを見せます。

ですが、その心の奥では、自分に対する自信の無さで一杯です。

素のままの自分では、周囲に見放されたり、蔑まれたりするという恐怖で一杯だからこそ、見栄を張って自分を高く評価させ、心の安定を図っていると考えられます。

本当は、見栄を張らなくても良いところがある男性なのに、そんな自分の本来の価値を忘れ、羨ましがられることだけに固執してしまっているのでしょう。

自分で自分を高い位置に縛り付け続けていると、きっと心のどこかで窮屈さを感じてしまうのではないでしょうか。

見栄っ張りな男性は自己顕示欲が強い

見栄っ張りな男性の心理について5つご紹介しました。

男女共に、見栄っ張りは存在しますが、男性の見栄っ張りは、女性のそれよりも自己顕示欲が強く、手に負えないほどの人が多いようです。

もしも、「この人、見栄っ張りだな」と思う男性に出会ったら、これらの心理を持っていることを思い出して、上手に受け流すのが良いでしょう。
参照:自己顕示欲が強い人の心理的特徴5個