もみあげニキビの原因と改善方法

最終更新日:2015年7月19日

もみあげ付近は皮脂分泌が少ないので、ニキビとは無縁あると思いがちですが、この場所は意外にもニキビができやすい場所の1つです。

皮脂分泌の多いTゾーンのニキビケアをする人は多いのですが、もみあげ付近のニキビケアをどうしても怠ってしまいがちですので、このこともニキビの原因に繋がっています。

では、もみあげ付近にできたニキビは、どのように対処すれば良いのでしょうか。

1.保湿を徹底する

もみあげ付近は皮脂分泌が少ないため、どうしても肌が乾燥しがちです。

そのため、肌が固くなってしまいます。

肌が固まると、肌表面の角質までもが固くなってしまい、はがれにくくなって、古い角質がどんどん蓄積してしまいます。

このことが毛穴を塞ぐことに繋がり、これによってニキビが発生してしまうのです。

これを改善するためにはまず、肌や角質を柔らかくする必要があります。

そのために必要なのは、徹底した保湿です。

保湿を徹底することにより、肌や角質を柔らかくして、肌のターンオーバーを促します。

そうすると、古い角質が毛穴を塞がなくなるので、ニキビの原因は自然に消えていくのです。


2.髪につけた整髪料は、毎日しっかり落とすようにする

もみあげ部分は、整髪料が残りやすい場所の1つです。

整髪料には大量の油分が含まれています。

ですので、整髪料が残っていると、これが毛穴を塞いでしまう原因となり、ニキビに繋がります。

そのため、整髪料は毎日きちんと落とす習慣を付けることが大切です。

毎日髪を洗う前に、1度シャワーで髪全体を軽く流しましょう。

そうすることで、整髪料の汚れの半分以上は落ちてしまうと言われています。

この状態を作ってからシャンプーをすれば、完璧に整髪料を落とすことができます。

数か月に1回クレンジングシャンプーをして、もみあげ付近の毛穴をすっきりキレイにするのも良い方法です。

もみあげ付近を清潔に保つことで、ニキビは改善されていきます。


3.髪を洗った時や洗顔の時のすすぎ残しに注意する

もみあげ付近のニキビ予防にも、ニキビができてしまった時にも、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しには注意したいものです。

もみあげ付近は、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しが多い場所であると言われています。

この状態をそのままにしておくと、ニキビができた時は化学物質の刺激によって悪化します。

ニキビができていない時でも、もみあげ付近に残った化学物質が毛穴を塞ぎ、ニキビの原因になります。

髪を洗った時、洗顔をした時は、もみあげ付近も忘れずにしっかりすすいでください。

「洗うよりも、すすぎに時間をかける」くらいの気持ちですすぐと、すすぎ残しがなくなります。


4.汗をこまめに拭く習慣をつける

もみあげ付近は、汗をかきやすい場所の1つです。

そのため、日頃からもみあげ付近の汗をこまめに拭く習慣をつけることが、ニキビ予防に繋がります。

汗の中には、ニキビを悪化させる雑菌が多く含まれています。

そのため、汗を放置していると、できたニキビを悪化させ、治りづらくしてしまいます。

汗には皮脂も多く含まれているため、汗をそのままにしておくことで、毛穴を塞ぎ、ニキビの原因を作ってしまいます。

このことから考えても、汗はニキビに悪いということがわかります。

できるだけ汗をこまめに拭き、肌を清潔な状態に保つようにしましょう。


5.すっきりした髪型にする

髪の毛は、我々が思っている以上に汚れています。

皮脂や埃がたくさんついてしまっているため、髪の毛が肌に当たると、髪の毛の汚れが顔についてニキビの原因を作ってしまいます。

そのため、なるべくすっきりした髪型にし、もみあげ付近の肌に髪の毛がつかないように配慮することも大切です。

髪が長めであれば、アップスタイルにしたりして、脇の髪の毛が肌に触れないようにしましょう。

もみあげが短い場合は、もみあげを耳に挟むなどして、肌に髪の毛が触れないようにしましょう。


6.もみあげ部分もしっかりクレンジングする

メイクを落とす際、盲点になりやすいのがもみあげ部分です。

顔の真ん中はしっかりクレンジングできているのに、もみあげ部分がきちんとクレンジングできていない場合がよくあります。

肌に残った化粧品は、皮脂と結びついて毛穴を塞ぎ、それが蓄積するとニキビになります。

これを防ぐために、もみあげ部分も忘れずにしっかりクレンジングしましょう。

そして、クレンジング剤も、洗顔でしっかり落としておきましょう。

汚れをきちんと落とすことが、ニキビ対策には1番大切です。

もみあげ付近のニキビを解消しよう

もみあげ付近はどうしても目が行き届きにくく、清潔に手入れできていないことが多い場所です。

そのため、あえて意識的にこの場所を清潔に保つだけで、ニキビができることは大分減ってきます。

ニキビができてから慌てるのではなく、日頃から清潔にしておくことが1番大切なことです。

これだけで、もみあげ付近のニキビの大半は解決することができます。