内面をホメてくる男性の心理とは

最終更新日:2017年4月21日

外見ではなく内面をホメてくる男性。

そこには隠された男性の心理がある場合があります。

「かわいいね」「美人だね」と外見をホメる男性が多い中、内面をホメてくる男性は何を思っているのでしょうか。

男性の思いに迫ってみましょう。

1.外見をホメることはあからさまだから

「かわいいね」と外見をホメることは、ストレートな口説き言葉になるでしょう。

「あなたを恋愛対象として見ている」「あなたが気になる」とも取れる外見をホメる言葉は、相手にも伝わりやすいために手っ取り早いホメ言葉になります。

しかし、恋愛を多く経験してきた女性であれば「口説こうとしている」ということがバレてしまいますよね。

外見をホメることはあからさまに口説いていると思われてしまうために、あえて内面をホメるという男性もいるのです。

下心があるように感じさせないために、外見ではなく内面をホメ、女性に気付かれにくいように距離を縮めているのでしょう。

こうした男性の場合は、内面をホメる前に外見は自分の中でクリア、あるいはそれ以上に思っている状態です。

顔をジロジロと見てくる、スタイルを上から下までなめるように見てくるという男性であれば、下心があると思って良いでしょう。

2.外見はホメ慣れてそうだから

明らかに誰が見ても外見が整っているという場合、周りから言われ慣れていそうだなと思うでしょう。

外見をホメる言葉は自分が言わなくても、他の男性から言われることが多いような外見の女性に対して、自分も外見をホメてしまっては、差別化できないと思っているのです。

その女性に対して「いいな」と思っていても、外見をホメたところで脈がなさそうと感じれば、内面をホメることでアピールします。

「自分は他の男性とは違うよ」「外見で判断している訳じゃないよ」ということを感じさせるために内面をホメているとしたら、それは計算されたホメ言葉とも言えます。

確かに見るからに美人な人に「美人だよね」「モテるでしょ」と言っても、常に言われている言葉のためにあまり心に残る印象はないでしょう。

自分の印象を少しでも残したい、他の男性との違いを分かって欲しいという思いがそこに隠されているのかもしれません。

3.外見でホメる所がない

残念なことに外見でホメる所がないという女性に対して、内面をホメるという男性も実際にいるものです。

お世辞にも美人とは言えない、スタイルが良いとは言えない女性に対して、無理に外見をホメてしまうのはかえって傷つけてしまう可能性もあります。

そのため無難に内面をホメている可能性があります。

こうしたホメ言葉の場合は、社交辞令として用いられる状況が多く、接待や付き合いなどの場で内面をホメる男性が多いです。

「優しいよね」「気が利くよね」と言われて嫌な気持ちになる女性はあまりいませんよね。

むしろホメてもらえたという気持ちになり嬉しく感じる女性も多くいるでしょう。

相手に気分よくなってもらいたい、心地よく過ごしてもらいたい、自信を持ってもらいたいという思いから、内面をホメているとしたら、恋愛対象として見て言っている言葉ではないかもしれません。

4.自分にはない面に尊敬している

例えばそのホメ言葉が「手先が器用だよね」とか「そういう所気が利くよね」といったように、部分的で具体的なホメ言葉であれば、尊敬の意味を持って言っているかもしれません。

自分にはない面をホメるということは「すごい」と感心していたり憧れの思いを持っていたりと、人として尊敬している思いが感じられます。

相手を恋愛対象として見ているかは別で、人としてどう思っているかが反映されているため、評価されていると捉えることができます。

具体的にホメてきている男性は、あなたのことをよく見ている証拠でもあり、その才能や性格に尊敬している可能性があります。

そのホメ言葉を自分の自信に繋げて、他の面でもホメられるように努力してみると異性としての意識も持ってくれるかもしれませんね。

5.深く知っていることをアピール

外見は誰が見てもホメることができるものです。

目に見えて分かるものであり、優れている所はよく見なくても勝手に視界に入りますよね。

ただ内面はそうはいきません。

よく観察していたり、その人と深く関わっていないことには内面はホメることができません。

優しくしている場面を見ていた、努力している姿を見ていた、実は隠れて泣いているのを知っているなど、深い所まで見ていないとなかなか内面は判断できないものです。

だからこそ「自分はあなたのことちゃんと見てるよ」のアピールにも繋がるのです。

女性は放っておかれたり、勝手に決めつけられたり、認められないことに対してとても辛く悲しく思うものです。

それを「自分は知っている」と言わんばかりの発言をされると、嬉しく感動する女性は多いのです。

男性は一つのアピールとして用いていて、なおかつ理解している姿勢を女性に分かってもらおうとしているのかもしれませんね。

内面をホメる人の心理を知ろう

外見をホメるということは結構簡単なものですよね。

目に映ったものを言葉にすれば良いだけですから、深く考えずに発言することができる。

しかし内面をホメるということはそう簡単にはいかないものです。

実際にその人の多くを知らないと内面を語ることもできませんし、ホメることにも繋がりません。

それだけ自分を見てくれていると思えば、外見をホメられる以上に嬉しく感じることもあるのではないでしょうか。