夏太りの原因は基礎代謝の低下と運動不足!今年の夏はおデブ化を回避しよう

最終更新日:2016年7月16日

夏なのに痩せない、逆に太ってしまったと悩んでいる女性も多いでしょう。

「夏だから太らない」ということはないのです。

夏太りをしてしまう原因を知り、夏もスッキリキレイな体型をキープしましょう。

1.外が暑くて運動をしない

夏は、普段外で運動している人も、30度を超す屋外では運動もしたくなくなりますよね。

また熱中症などの心配もあり、夏は運動を控える人も多いでしょう。

夏は外が暑くて運動をしないために、夏太りしてしまいます。

とくに普段ランニングや縄跳びなどカロリーを多く消費するスポーツをやめてしまうとすぐに太り始めます。

夏は外で運動をしないなら、クーラーの効いた家で運動しましょう。

1時間のヨガを習慣にしたり、家の段差を利用し、段差の上り下りをしたりするのもよいでしょう。

とにかく夏でも運動をすることが大切です。

そうすれば夏太りをせず体重をキープできるはずです。


2.食べられない時期を乗り越えた後一気に太る

夏が始まって、その暑さに食欲がなくなってしまうことってありますよね。

とくに熱い食べ物を避け、さっぱりしたものしか口に通らないという人もいるでしょう。

その食べられない時期が1週間ほど続いた後、体が暑さに慣れてきて食欲が戻ってくることがあります。

その体が暑さを乗り越えた後、体重が一気に増え、夏太りをしてしまうことがあります。

暑くてなかなか食べられない時期も、そのあと食欲が戻ってくる時期も、食事内容を変えずにバランスの良い食生活を心がけましょう。

野菜や穀物を多めに食べ、肉や魚も適度に食べるようにすると、体重変化がなくなり、夏太りしなくなるはずです。


3.糖分の多い冷たい飲み物やアイスが原因

夏は外から家に帰ってきた時や蒸し暑いところにいた時など、どうしても冷たい飲み物や食べ物がほしくなりますよね。

けれどそれが夏太りの原因になっているのです。

1日何個もアイスや甘いシロップのかかったかき氷を食べたり、よく冷やし氷を入れた甘いジュースを飲んだりしていませんか。

またそれらの糖分の多い食べ物を食事代わりにしてしまっている人も夏太りをしてしまいます。

冷たいものは甘くても食べやすいので、ついつい摂取カロリーが多くなってしまいます。

暑い夏でも甘い飲食物はほどほどにし、ノンカロリーの麦茶や寒天ゼリーで体を冷やすようにすると、夏太りの原因を解消できるはずです。


4.基礎代謝が低下しやすい

夏は汗を大量にかくため、基礎代謝が高い季節だと思われがちですが、それは嘘です。

夏は基礎代謝が低下しやすく、そのせいで夏太りをしてしまいます。

夏は自分の体温と外の気温に差がほとんどありません。

そのため、体が節電モードに入り、基礎代謝は低いのです。

それを知らないと、夏は痩せやすいと勘違いをし、ついついアイスを食べたり、毎日冷えた麺を食べたり、偏った食生活になってしまいます。

代謝を上げることを意識し、プールで泳いだり、家でヨガをしたりすることも大切です。

また半身浴を楽しみ代謝を高めるのも手軽でオススメです。


5.イベントが多く暴飲暴食してしまう

夏でも夏バテにならず、元気に活動できる人も中にはいるでしょう。

夏のイベントは、お祭り、BBQ、ビアガーデン、旅行など楽しいことが多いですよね。

そんなイベントではビールなどのお酒を飲みながら、唐揚げ、ポテト、ウインナー、アイスなど高カロリーな食べ物を食べることも多いでしょう。

それから旅行にいけば、やはり食欲が出てたくさん食べてしまいますよね。

夏は数か月間という長い期間をかけて、イベントが続き、暴飲暴食をしてしまうので夏太りをしてしまいます。

いくらビールや揚げ物が美味しくても、体重を考えてウーロン茶で済ませたり、サラダや枝豆を多く食べおなかを膨らましたりするなど、気を付けなければどんどん太ってしまいます。


6.体がむくみやすい

実は体がむくみやすいのは、冬だけではありません。

夏も体がむくみやすく、そのせいで夏太りをしてしまいます。

まず夏にむくみやすいのは、家にいるときや会社で仕事をしている時などクーラーの効いた場所にいるときです。

夏はどうしても薄着になりやすいため、体が冷え、どんどん体がむくんできます。

それと同時に、外に出れば水分補給が欠かせないのも夏ですよね。

水分の摂取量が多く、夏の体はむくみやすい状態です。

体が習慣的にむくむとどんどん太りやすい体質になり、食べすぎていなくても太ってしまいます。

むくみを減らすために、クーラーの温度設定を低くしたり、体を冷やさない服を着たりして工夫することが大切です。

夏太りの原因を解消しよう

夏太りをしてしまう原因は、基礎代謝が低下や運動不足が原因となります。

また夏も体は意外にむくみやすいのです。

夏に食べたくなるアイスやイベントで飲食の量が増すことも太る原因になってしまいます。

夏でも適度な運動をし、バランスの良い食事を心がけましょう。

暑くて辛い夏も、健康的に美しく過ごせるとよいですね。