熱中症にならない様にすべきこと。熱中症予防をしよう

最終更新日:2016年7月23日

夏祭りや花火大会等夏はとても楽しい季節です。

ですが、そんな夏で怖いのが暑さによる熱中症です。

ここでは、熱中症を防ぐ方法を紹介します。

熱中症対策をしっかりして、楽しい夏にして下さいね。

1.熱中症になるとどうなってしまうのか

熱中症になると、まず吐き気や頭痛がします。

そして大量に汗が出てしまい、塩分が身体から抜けてしまいます。

熱中症は、このまま放置してしまうと身体の機能に異常がおこり、最悪の場合死に至ってしまう病気です。

ですので、熱中症にならないように夏の間は油断せずに常にしっかり対策をするようにしましょう。

熱中症は、対策をする事で防ぐ事ができる病気です。


2.夏になる前に

熱中症対策として夏になる前にしておく事は、暑さに負けないようにしっかりとした丈夫な身体をきちんと作っておく事です。

身体を作っておくのと作っておかないのとでは大違いです。

早寝早寝をして睡眠時間をたっぷり取り、バランスの良い食事をすれば健康な身体になります。

健康な身体になる事で丈夫になりますので、毎年熱中症知らずの楽しい夏をすごす事ができるようになります。

楽しい夏にしたいなら、一年を通して丈夫な身体を作る事を心がけるようにしましょう。

3.クーラーの効いた部屋ですごす

クーラーが苦手という方は多いですが、それでも暑い時は耐えずにクーラーの効いた部屋ですごすようにしましょう。

室内にいれば熱中症にならないという事はありません。

室内にいても暑くて水分や塩分が抜けてしまうと熱中症になってしまいます。

常に26~28度にクーラーを設定しておく事で熱中症を予防する事ができます。

節電をしたいからとクーラーを我慢する人はとても多いですが、危険な行為です。

暑い時は我慢せずにクーラーを効かせるようにしましょう。

温度はもちろんですが、湿度にも気をつけるようにしましょう。

湿度が高いと気温が低くても熱中症になってしまう可能性が高くなります。

温度計はもちろん、湿度計も使い湿度にも気を使うようにしましょう。

湿度の目安は70%です。

湿度が70%以上ある時は、エアコンの除湿機能を使ったり除湿機を使い湿度を下げるようにしましょう。


4.水分補給をこまめにする

夏の間は、外にいる時はもちろん室内にいる時も水分補給をこまめにするようにしましょう。

夏の暑い間はいつの間にか水分や塩分が身体の外に出てしまいます。

ですので、こまめに水分補給をする事が熱中症予防になります。

特にどうしても外に出ないといけない時は、ペットボトルや水筒で大量の水分を常に持ち運ぶようにしましょう。

オススメの飲み物は、スポーツドリンクです。

スポーツドリンクには塩分が入っていますので特に外にいる時にオススメです。

麦茶もオススメです。

熱中症になってしまうとミネラルが不足してしまいますが、麦茶にはミネラルが大量に入っていますので、熱中症予防になります。

牛乳もオススメです。

牛乳には体温を調節してくれる成分が入っていますので、その成分が熱中症予防をしてくれます。

5.冷感グッズを常に携帯し、疲れたら休憩する

疲れてしまい、体力が落ちてしまうと熱中症になりやすくなってしまいます。

ですので、特にスポーツをしていて少しでも疲れを感じた時は無理せずに休むようにしましょう。

こまめに休みながら体力を温存する事で熱中症をしっかり予防する事ができます。

特に夏は自分が思っている以上に体力を消耗してしまう季節です。

絶対に無理はしないようにしましょう。

また、冷感グッズは常に持っておくようにしましょう。

服に吹きかけると涼しさを感じるスプレーや冷却シート、叩くと冷たくなる瞬間冷却剤等特に外にいる時は冷感グッズを持っておく事で暑さを防ぐ事ができるので、熱中症予防ができます。


6.食べ物で予防する

熱中症は、食べ物で予防する事ができます。

まずは塩飴です。

塩飴は夏場に不足しがちな塩分をしっかり摂る事ができます。

夏の間は常に持っておくようにしましょう。

また、塩分の多い食べ物として梅干しもオススメです。

トマトやきゅうり、ナスにスイカには身体の熱を下げる効果があります。

暑さでほてった身体を冷ましましょう。

山芋やにんにくにはスタミナをつける効果があります。

疲れを感じた時はこれらを食べて夏バテと熱中症を同時に防ぎましょう。

また、レモン等のクエン酸の多い食べ物には疲れを取り、代謝を上げる効果があります。

7.それでも万が一熱中症になってしまったら

しっかりと対策をしても万が一熱中症になってしまったら、服をゆるめてできるだけクーラーの効いた涼しい部屋へ移動をするようにしましょう。

そして休みながら水分補給をして休みます。

この時の水分補給はスポーツドリンクや経口補水液等塩分が入っているものにしましょう。

そして落ち着いたら病院へいくようにしましょう。

具合が悪いまま我慢をしてしまうと危険です。

必ず病院へいくようにしましょう。

熱中症にならないようにしよう

熱中症を防ぐ方法についてご紹介しました。

熱中症は、しっかりと予防をする事で防ぐ事ができます。

特に暑い中外ですごす時は事前にしっかりと準備をしておくようにしましょう。

熱中症は、どんな人でもなってしまう可能性がある病気です。

決して「自分は大丈夫」と思わずに、上記を参考に熱中症を防いで下さいね。