寝つきを良くする方法。気持よく眠れる様になろう

最終更新日:2016年4月12日

1日の終わりである睡眠時には、気持ちよく寝つきたいと思いますよね。

しかし、忙しい毎日の中で疲れているはずなのに、なかなかぐっすりと眠れなくて余計に疲れてしまうという悪循環に陥ってしまっていませんか?

そういった方のために寝つきがよくなる方法をまとめました。

1.お風呂にゆっくりつかる

1日の疲れをお風呂につかってしっかりとおとすことは寝つきをよくする基本でもあります。

熱いお湯がお好きな方もいるかもしれませんが、寝る直前に熱々のお湯につかってしまうとかえって神経が活発になってしまい、寝つきが悪くなってしまう場合があります。

睡眠の1時間前くらいに、38~40度くらいの、ちょっとぬるくなってきたかなと思うくらいの温度で十分です。
肩までしっかりとつかり、20~30分ほどゆっくりつかりましょう。

よりリラックスしたい時は良い香りの入浴剤を入れたり、お風呂の照明を落とすのもいいです。

お風呂からあがって体温が下がって落ち着いてくるころが睡眠に入るベストな時間になります。

お風呂あがりには必要以上な用事はせず、眠たくなったらすぐ眠れるようにしておきましょう。


2.部屋の明かりを暗くしておく

私達が普段使っている電気からは、思っている以上に強い光が放たれておりそれにより目が冴えてしまっている場合もあります。

眠る前には部屋の電気を落として、落ち着く暗さにしておくことをおすすめします。

その時に好きなお香を炊いたり、オルゴールなどの癒しのBGMをかけて眠りにつきやすい雰囲気作りをしておくのもいいでしょう。

同じくかなり強い照明が使われているコンビニに、寝る直前に行ったりすることはNGです。

パソコンや携帯からもかなり強めの光が出ていますので、目が冴えてしまい不眠の原因のひとつになってしまいます。

寝つきをよくするだけではなく質の高い睡眠を目指す方は、寝る直前のパソコンや携帯チェックは控えるようにして、目もしっかりと休ませるようにしてください。


3.部屋の温度や布団の調節をする

布団が季節のものにあっていなかったり、部屋の温度調整ができていなくて中々寝付けないのかもしれません。

また布団があっていないと体感温度が変わってくるだけではなく、身体を痛めてしまう場合もあります。

敷布団や柔らかすぎたり、薄すぎたりしていませんか?

また夏場と冬場でも安眠できると言われている部屋の温度は違います。
夏場は25度、冬場は16~19度と言われています。

部屋に温度計を置いてチェックしてみてください。

季節ごとに布団の種類を変えたり、エアコンを使って部屋の温度を調節することも大切ですが、冷やし過ぎたり温め過ぎたりしないように気を付けてください。

また寝ている間に風が直接身体に当たるのもよくありませんので風向きや寝床の位置にも注意しましょう。

気温と同じく重要なのが湿度です。

これからジメジメしてくる時期にもなりますので、エアコンの除湿機能などを利用して50%前後を保つようにしてください。


4.毎日規則正しい生活をする

毎日規則正しく生活することは身体だけではなく心にとっても大切なことではありますが、できるだけ毎日同じ時間帯で生活することで体内時計が安定し、夜にしっかりと眠りにつくことができるようになります。

そして身体にしっかりと昼夜の区別をつけてもらうためにも、毎朝同じ時間に起きて朝日を浴びるようにしましょう。

食生活も無関係ではありません。

お腹いっぱいになればすぐ眠たくなるイメージがあるので寝る直前に食事をする人もいるかもしれません。
しかしそれも身体にはかなりの負担がかかってしまうので寝る直前の間食は避け、バランスのとれた食事を同じ時間帯に食べることが大切です。

そして適度な運動をして身体を疲れさせることも寝つきがよくなる方法の一つです。


5.ストレッチやマッサージをする

お風呂上りにゆっくりとしたストレッチやマッサージもリラックスになり寝つきがよくなることが期待できます。
ただし、息がきれてしまうような激しい動きのものは控えてください。

ゆっくりと呼吸しながら、気持ちいいと思う程度に身体を伸ばしたり、ボディークリームなどを使ってマッサージすることで1日の疲れがとれ段々と眠たくなってきます。
お布団の上でできるのがいいですよね。

またゆっくりとした動作で呼吸も大切なポイントとなるヨガもおすすめです。

最近では癒される音楽とともにヨガの指導をしてくれるアプリも登場していますので、そういったものを活用するのもおすすめです。

どうしても寝付けない時には病院へ

中々眠れないからといっていきなり睡眠薬などに手を出さなくても、日頃の生活の中に寝つきがよくなるポイントがいくつもあります。
お金をかけずに取り組めるものばかりなのも嬉しいですよね。

ただし、何をしても極度に眠れないという場合は心が疲れきってしまっている可能性がありますので、無理をせずお医者さんにみてもらうようにしてください。