苦手な電話を克服する方法。電話をすぐとれるようになろう

最終更新日:2015年12月20日

LINEなどのチャットアプリやメールなどが進化してしまっている現代では中々「電話」を使う機会が少なくなってきているのではないでしょうか。

ですから、相手のペースを考えながら話さなければならない電話が苦手という人も多くなってきているようです。

そこで今回は電話が苦手な人の克服方法をご紹介します。

1.リラックスをする

電話が苦手な場合、相手からの着信があるとドキドキして、家にいるにも関わらず緊張をしてしまう場合が多いようです。

ですが、人と話すときにガチガチに緊張してしまっていては頭が回らないので良くない結果になってしまったり、まともな会話ができなくなってしまうでしょう。

緊張してしまう人の対策としては、リラックスすることがあげられます。

電話はメールやLINEに比べたら相手の声が直接聞こえますし、会話の間隔や言葉遣いなどを修正することができないのでハードルが上がります。

それでも電話のメリットは「顔」が見えないことです。

面と向かって会話するよりも表情や動作に気を付けなくていい点では電話の方がいいと感じるのではないでしょうか。

顔が見えないということはリラックスした状態になってしまっていても相手には気が付かれないということです。

そのため、緊張しないように楽な格好になっていてもいいですし、電話に出る前や電話を掛けるために深呼吸を何度しても相手にはわからないのです。

自分ができるだけリラックスしてから電話をするようにしてみると少しは緊張が和らぐようです。


2.事前に話す内容を決めておく

電話をするとなかなか相手に話が通じない・何度も同じことを聞かれる…などとメールなどで文書にしたいと感じてしまうことってありますよね。

自分の緊張や言い回しが原因でなかなかうまく伝わっていないのかもしれません。

確かに、電話では相手の相槌や相手の話もあるのでなかなか自分が言いたいことが言いにくくなってしまうこともあるでしょう。

そこでオススメなのが自分が話す内容を決めメモなどに記しておいて、電話をしながらチェックを付けていくなどすると電話で伝え漏れすることがなくなります。

ある程度話す内容が決まっていれば、相手のペースに惑わされて話を忘れてしまうことも少なくなりますし、話す内容を考える際にどう話せば伝わりやすいかなどを考えておくとスムーズにいくのでオススメです。

相手の癖が分かるのであれば相手がどんな反応をするかなどもある程度頭に入れておくと動揺せずに済みますが、あくまでも想定なのでメモ通りにいくとは限らないので空気を読みながら電話をするようにしましょう。

3.違う自分になる

電話と言うのは表情が見えないのが「利点」と言えるでしょう。

違う自分を演じてしまうという方法があります。

よく電話をするときになると女性は声がワントーン高くなることがあります。

それは、化粧やファッションなどと同じように自分を少しでもキレイな声に見せようとし、相手に聞こえやすいように気を使っているのです。

つまりは、ありのままの自分を出さずにある意味では「電話用」の自分を演じていると言ってもいいかもしれません。

普段、人というのはありのままの姿でいるのではなく自分の悪い部分を隠してコミュニケーションを図っています。

電話が苦手な人と言うのはこの演技を電話という環境の中でできていないことがあるようです。

なので、電話を取ったら声のトーンをワントーンあげてみることから始めてみるといいかもしれません。

この演技と言うのは、前項でご紹介した「話す内容を決める」と平行に利用すると効果が上がるようです。

話すと決めた内容を「台本」として、相手の相槌や相手の会話によって自分で何か考えなければならない部分は「アドリブ」と思うとなんだか電話をするときは女優さんになったような気分になって楽しくなってくるかもしれません。


4.ゆっくり話す

電話で一番嫌なのが、相手に聞き返されたり噛んでしまったりして相手に聞き取りづらいと感じさせてしまうことかもしれません。

確かに、面と向かって話す場面ではある程度声が低くても早口でも身振り手振りができますし、表情を見ながら会話を出来ますので問題ないですが、電話の場合声の音だけが頼りなので話し方を変えないと話が伝わりにくいのです。

こういったことが分からずに普段の会話と同じように電話をしてしまうと怒られたり失敗をしたりしてさらに電話が怖くなってしまうかもしれません。

そこで、普段会話をする際に早口だという人もそうでない人も少しゆっくり話すようにしてみましょう。

そうするだけで自分が何を言ったのかも確認しやすいですし、会話のスピードがゆっくりになるので焦らずに済むようです。

苦手な電話を克服しよう

電話が苦手な場合はまずは電話での正しい会話の仕方を覚える必要があり慣れてしまえば電話の方が便利なことに気が付けるかもしれません。

苦手な電話を克服しましょう。