おやすみメールを送ったのに返ってこない時の心理

最終更新日:2015年6月22日

つきあっている彼氏にこちらから「おやすみ」というメールを送ったのに、ぜんぜん返信がないということになると、ほとんどすべての女性は不安を感じることでしょう。

なぜ、彼氏は返信してくれないのか。

どんな理由で返信できないのか。

不安に感じるあなたのために、男性が返信しない理由をご紹介します。

1.一種の自己顕示欲を満足させたいから

甘えん坊タイプの男性、昔ながらの男性上位の価値観を持っていて、常に自分がイニシアティブを握っていたいと思っている男性、とにかく自分が大好きという男性にありがちなのが、「自己顕示欲を満足させるための無視」です。

なぜそんなことをするのでしょうか。
彼女から「おやすみ」というメールが届いたら、すなおに「おやすみ」と返せばいいでしょう。

ところが、自己顕示欲の強い男性の中には、あえて返信をしないことで、彼女に「どうしたんだろう」と心配してもらいたいと考える人が少なくありません。

「自分が返信しないと、彼女は「気持ちが離れてしまったのは」とか、「もしかして浮気しているんじゃないか」と考え、心配するに違いない」と考え、「その不安を契機にして彼女の愛情がさらにアップするにちがいない」と期待するのです。

とんでもない身勝手男ではありますが、男性はこういう子供じみた自己顕示欲を持つことがままあるのです。


2.実は、こちらが彼氏からのメール無視した仕返しだった

これは多くの女性が「うっかりしていた」と後悔するケースですのですが、実は、こちらが彼氏からのメールを無視したり、返信が遅れたことが直近にあって、彼氏がその仕返しのために「おやすみメール」を意図的に無視するということもありえます。

人間、男女を問わず、自分の犯した小さなミスは忘れがちなもの。

ですから、多くの場合、自分が無視したことは忘れているものです。

けれど、相手のする無視については敏感になります。

「私はこんなにまめにメールしてるのに、どうして彼氏は「おやすみメール」を無視するんだろう」と感じたなら、「もしかして、自分も無意識のうちに同じような対応をしていたのかもしれない」と疑ってみたほうがいいでしょう性格がおとなしく、口下手なタイプの彼氏の場合、それが原因でわざと返信しないというケースが少なくありません。


3.勉強や仕事で忙しく、着信をチェックしていないから

より即物的で、かんたんな理由もあります。

それは、彼氏が今、仕事や勉強などで忙しくしていて、こちらが送ったメールを見ていない、着信をチェックするひまもないというケースです。

そもそもこちらが送ったメッセージを見ていないのですから、これは、彼氏の心理うんぬん以前の問題でしょう。

ただし、このケースでは、タイミングはかなり遅くなっても、彼氏から返信はあるにちがいありません。

その返信がない場合は別の理由を疑ったほうがいいでしょう。


4.心が離れているサイン

大変残念なことですが、「おやすみメール」を送ったのに、いつまで待ってもまったく返信がないという場合は、彼氏の心変わりを想定しみる必要があるでしょう。

ただし、こちらが「関係はうまくいっている」と思っているなら、その可能性はそう大きくありません。

上記のようなほかの理由を考えたほうが賢明です。

しかし、「もしかして」と少しでも感じるなら、このケースを想定してみる必要があるでしょう。

このケースであるかどうかを確かめるには、その後の連絡をあえてしばらく控えてみるという方法が有効です。

こちらが、「おやすみメール」を最後に、しばらく連絡を絶てば、付き合いの継続を望む男性ならまちがいなく自分から連絡を取ってきます。

あちらから連絡してくるかどうか、それによって相手の本心がわかるというわけです。


5.浮気中で、実は別の女性といっしょだった

最悪のケースですが、実は浮気をしていて、こちらが「おやすみメール」を送ったとき、別の女性といっしょにいたということもありえます。

この場合は対処法が限られます。

「正面衝突」ということも現実にはしばしば起こるでしょう。

けれど、よほど自分に自信がある場合以外は、「そんなめんどくさい男とは別れる」という選択をすることをオススメします。


6.すでに彼氏は眠っていた

もっとも無邪気でもっとも幸せなのは、「こちらが「おやすみメール」を送ったとき、彼氏はすでに眠っていた」という状況でしょう。

これほど、二人にとって幸せな状況はありません。

ただ、メールを送って返信がないと悩んでいる段階では、その状況がわかりませんから、こちらとしては気をもんでしまうわけです。

彼氏の心変わりが考えにくく、またこちらに落ち度があるようには思い当たらない場合限定で、このケースを想定してみるといいでしょう。

せっかくメールを送ったのに返信がなければ、誰だって不安になり、悪い想像をするものです。

彼氏に「おやすみメール」を送って、それが無視されれば、「どうして?」と思うのが自然な人間心理です。

ここで紹介した6つのケースを参考に、そのうちのどれかに当てはまっていないか、完全に当てはまっていなくても似たケースはないか検討してみることをオススメします。