落ち込んだ時に前向きになる方法まとめ。ネガティブからポジティブになろう

最終更新日:2015年11月14日

仕事場や家庭の中で出てくる落ち込んでしまう時。

そういう時にみなさんはどのようにして乗り越えていらっしゃいますか?

今回はそんな落ち込んでしまう時に前向きになる方法をご紹介します。

1.まずは好きな物を食べる

落ち込んでしまった時、まずはストレスを解消しエネルギーを身につけるためにも、食べましょう。

それも1番好きな食べ物にします。

心身ともにエネルギーもないときですから簡単に口に入れられるものにしましょう。

甘い物が好きな人は甘いもの、またはとにかくバリバリと歯ごたえのあるものを食べることでもかなりストレスを発散できるのではないでしょうか。

しかし食べ過ぎには気をつけましょう。

後で食べ過ぎてしまったと後悔する可能性もあるからです。

できればカロリーもさりげなく確認しつつ、少量でも満足度が高いものにしましょう。


2.たくさん寝る

エネルギーの補充が完了しましたら、今度は、たっぷりと睡眠を取るようにしましょう。

寝酒は良くないとされますが、落ち込みストレスを多く抱えている場合はなかなか寝づらいものです。

ですのでこの場合はお酒が飲める方は飲んで、酔っぱらってしまって熟睡してしまいましょう。

翌日の出発が車の運転があったり、早出になっている場合や、前述の方の用にはお酒は飲めない、お酒はどうも苦手だとういう方はミルク(牛乳)を多めに飲むことをオススメします。


3.好きな音楽を聴く

何か好きな曲があれば、それを聴くようにしましょう。

落ち着くヒーリングのような曲でもいいし、元気が出るテンポの良い音楽も良いのではないでしょうか。

とにかくその音楽を聴いているときは、落ち込んでいたことを思い出させないようになる曲が良いでしょう。

人によってはさらに落ち込みを深くしてしまう曲もあるかと思いますので選曲には気をつけてください。

また、自分がこの曲を聴いている時代はよかったな、と思い返しのできる曲があればそちらもオススメです。

とにかく出来るだけ気分よく時間を過ごせるようにするのが良いでしょう。

自宅では家族がいたりするなどで集中して聴けないという方は車内は1人にもなりやすいため、オススメです。


4.運動する

好きな物を食べて、たくさん寝ることが出来たら先ほどご紹介した、音楽を聴きながらにプラスして運動をすることをオススメします。

運動といってもそんなに激しいものではなく、とりあえず歩く、ということから始めてみましょう。

落ち込んでしまうと気持ちがネガティブになり、思考回路が後ろ向きな方向へ向かっていってしまいます。

そういう時こそ、ひたすらゆっくりでもいいので「前に向かって歩く」ということが重要になってきます。

人もやはり動物なので動いていると段々と頭も回っていきますし、前に前にという光景を見ているだけでも前向きな思考回路につながっていきます。

ただし、足下が不自由であったり、夜間道を歩くのは不安で歩けないな、という方は車を利用して前に進む感覚を感じ取ってもらいたいです。

くれぐれも安全な時間と場所を考慮して行動してください。


5.人に話してみる、相談してみる

色々と試して前向きに考えようとしてもうまくいかない場合、そういう時はやはり素直に誰かに相談するのが良いでしょう。

自分の頭の中だけではどうしても考えが凝り固まってしまう場合があります。

そういう時は身近な家族であったり、親しい友人に相談するのが良いでしょう。

自分以外の人に解決策を考えてもらうのです。

そうすることで思いもかけない突破口を見つけることが出来、あっさりと解消してしまうケースも多々あります。

しかしながら最終的にどうするか決めるということは自分で行いましょう。

あまりに相手に依存し過ぎると相談されている方も辛くなってしまうものです。

自分の悲しみが大きくなり過ぎて相談相手のことを思いやれなくなるのはかえって問題です。

相手の立場や相談内容も考えて相談しましょう。

ある程度、ここまでは相談するというライン決めも大切です。

落ち込んだ時にこそ前向きになろう

5つの落ち込んだ時の対処法をご紹介しました。

落ち込んでしまう時はある意味、誰にでもあることです。

その落ち込んだ時にどのように前向きになっていくかが人生を過ごしていく中で大切なこととなります。