おでこの吹き出物を解消しよう!おでこのスキンケア術

最終更新日:2015年7月21日

気付いたら、おでこに出現している吹き出物。

赤く大きく腫れていたり、小さくプツプツとたくさん出ていたり。

前髪を上げるヘアスタイルだと、意外と目立ってしまって嫌ですよね。

そんなおでこの吹き出物の原因と対処法を、色々とご紹介します。

1.前髪のせいで不衛生になっている

前髪を下したり、斜めに流すようなスタイルをしていると、髪の毛の油分や細菌がおでこに付着して、吹き出物の原因になりやすいです。

また、整髪料で前髪をなで付けている場合も、その整髪料が肌への刺激となって、肌荒れを起こし、吹き出物となったりもします。

特に、夏場は汗をかきますから、その汗が下された前髪のせいでいつまでも乾かず、蒸れた状態になりやすく、そのせいで雑菌が繁殖してしまうこともあります。

おでこに吹き出物ができると、ついつい前髪で隠したくなるものですが、それは治りを遅くして、新たな吹き出物が出やすくなるだけです。

隠したい気持ちはわかりますが、ここは長い目で見て悪化させないために、前髪を上げて生活しましょう。

まだ吹き出物ができていない人も、吹き出物が出やすい体質だという自覚があるなら、暑い季節だけでも、前髪は下さない方が安心です。

整髪料も控えめにした方が良いですね。


2.おでこの洗顔がおろそかになっている

洗顔する時は、目や眉など、ポイントメイクをした所はしっかりとクレンジングしますよね。

そして、小鼻なども、脂汚れが溜まりやすい部分ですから、念入りに洗顔することと思います。

ですが、おでこはどうでしょうか。

実は、フェイスラインとおでこは、顔の中ではかなり洗い残しが多い部分です。

確かに、おでこはファンデーションしか付けませんから、洗顔していても「汚れが落ちた」という実感が沸きにくいです。

また、髪の毛が邪魔で隅々まで洗いにくいということもあります。

そのために、泡をチャチャっと付けて流す程度の洗顔になりやすく、その洗い残ったメイクや汚れから雑菌が繁殖し、毛穴詰まりを起こし、吹き出物になるのです。

このような、洗い残しによる吹き出物を防ぐために、髪をしっかりまとめて、生え際まで隅々クレンジングして、その後は、しっかり泡立てた洗顔料で洗い流すようにしましょう。

もちろん、洗顔料の流し忘れも吹き出物の原因になりますから、すすぎも念入りに行って下さい。


3.シャンプー、コンディショナー、トリートメント類が肌に合わない

洗顔をきっちり行っていたとしても、髪から伝うシャンプーやトリートメントの成分がおでこに付いて、吹き出物を引き起こしている可能性も考えられます。

特に、髪がしっとりするような、濃厚なうるおい成分などが配合されたものは、髪には良くても、お肌には成分がきつくて、肌荒れの原因になりやすいです。

髪は確かに潤うけれど、頭皮にできものが出たり、フケが出たりすることって、ありますよね。

それと同じ現象が、おでこにも表れているということです。

これを避けるためには、まず、シャンプー、コンディショナー、トリートメントはしっかり流す。

軽く流した方が髪がしっとりまとまるような気もしますが、これは顔や頭皮にとって良くありません。

たくさんのお湯を使って、髪がぬるぬるしなくなるまで流しましょう。

そして、お風呂での洗顔は、この後に行います。

洗顔の後に、顔にトリートメントが付いてしまっては、せっかくの洗顔が無駄になってしまうからです。

また、洗い流さないトリートメントなどは、お肌が弱い人にとっては刺激になりやすいので、できれば控えましょう。

どうしても付けたいなら、量は控えめにして、後ろ髪の毛先を中心に付けるようにして下さい。


4.帽子が原因になっている

カジュアルなファッションの重要アイテム、帽子類も、吹き出物の原因になります。

特に、おでこに密着するニット帽。

ファッション的にはとてもかわいいですが、しょっちゅう洗うものではないので、皮膚に接する面が不衛生になりやすいのです。

メイク成分も移りやすいですし、汗を吸収しては乾いて、を繰り返すと、雑菌が繁殖してしまいます。

このニット帽をかぶりつつ、おでこの吹き出物を防ぎたいのなら、洗濯機で気軽に洗えるものを用意しましょう。

いちいち手洗いしていては、いつか面倒になって、洗う習慣が無くなってしまいます。

また、ニット帽に限らず、帽子による蒸れも皮膚を弱める要素の一つですから、帽子をかぶって外出する時は、こまめに脱いで、空気を通してあげましょう。

寝癖隠しやヘアスタイルが決まらなかった時に、帽子はとても便利ですが、かぶりっぱなしは危険ですから、注意するようにして下さいね。

おでこの吹き出物を改善していこう

おでこの吹き出物の原因として考えられる、4つの要素について、ご説明しました。

あなたに心当たりがあるものはありませんでしたか?あるなら、すぐに改善することをオススメします。

これから夏本番ですから、特におでこの衛生には気を付けたいものですね。