思い込みダイエットのやり方。ポイントはイメージを具体的に持つこと

最終更新日:2016年1月19日

ダイエットには食事制限や断食、腸活、運動など色々な種類がありますよね。

今回はそんなダイエットをしている、これから始めようと思っている人に、思い込みダイエットのやり方についてご紹介します。

1.目標の定め

ダイエットを始める時は、どのダイエットにしても目標を定める事が基本。

もちろん「○○キロまで痩せる」といった目標も良いですが、思い込みダイエットでは、自分が憧れている・好きな女優、男優、タレント、モデルなどを目標として定めると良いでしょう。

目標として高すぎではないか?と思うかもしれませんが、思い込む事が大事です。

「○○さんのようになる・なれる」と思い込みをします。

そして、期間は必ず決める事。

期間を定めずダイエットをしても「今日は疲れたからいいか」といったような事もでてきます。

ダイエットの失敗には、そういう甘えの部分も原因の1つです。

きっちり期間を定めましょう。

ダイエットは数日で効果が出る訳ではありません。

逆に数日間で驚愕のダイエットの効果が出るのであれば、それは身体に凄く負担がかかっていて、リバウンドや体調不良などを引き起こしてしまいます。

期間としては、2ヵ月~半年くらいに設定すると毎日コツコツやっていく上で効果が出てくるでしょう。


2.イメージトレーニング

目標が定まったら、イメージトレーニングをしましょう。

目標であるモデルでもタレントでも体型を思い浮かべ、どの部分が自分と相違しているかを思い浮かべ、その相違している部分に集中し、深呼吸をしながら頭の中でその部分を凹ます・そぐ思い込みをしてください。

そうする事で、自然とその部分に力や負荷がかかるでしょう。

それを毎日、空いた時間に行うと良いでしょう。

イメージするという事は思い込みダイエットをする上でとても大事な事です。

イメージが浮かばなければ思い込みもできません。

ダイエットというと身体に直接アピールするというような感じに思いがちですが、そうではありません。

例えば、恋愛で「この人のことが凄く好き」と強く思ったり、その好きな人の事を色々イメージしてみましょう。

そうすることで男性にしても女性にしても顔などに自然な笑みがこぼれるようになったり、キレイになったりかっこよくなったりしていきますよね?

イメージや思い込みをする事で身体などが活性化されているのです。

それと同様で、ダイエットもイメージして思い込んでいくうちに、身体が活性化されるので、ピンポイントで部位を定めてやってみましょう。

3.暗示

思い込みダイエットでは、食事も重要です。

例えば欲望のままに欲しいままに食べていればダイエットにはなりません。

思い込みとしては、1日の摂取カロリーを食事時には常に記憶しておき、例えば揚げ物やファストフードを目の前にしたら「これは高カロリーだから、これを食べたら夜は○○程度しか食べれない」という認識をする事です。

そしてよく噛みながら食べ「これだけで満腹」と思い込みましょう。

「よく噛む+満腹と思う」は、脳に対して信号を送るためです。

脳には満腹中枢というものがあり、それが少しでも低下していると、間違った信号が発せられて、どれだけ食べても満腹にならない・変な時間に小腹がすくといった支障をきたします。

ですので、脳から発せられる信号を正常に戻すためにも、3食決められた時間にそれを繰り返していくと、自然に平均摂取量まで抑えながら満腹感も感じられるようになります。


4.脳の素晴らしさ

思い込みダイエットする上で最も重要なのは、脳。

脳は身体のすべての機能を管理しています。

人は脳から受けた信号や指令によって日々生きています。

ですので「絶対にこうなる」といった目標の思い込みや「これは美味しい物」などと思い込んで、今まで嫌いであったダイエットにはもってこいの食材を使った料理などを食べるなど、繰り返し反復行為を行うと脳はそれを記憶して、そのように信号を発するようになります。

筋肉でもそうですが「しぼれてきたよ」と褒めてあげると、より引き締まってきたり、顔にしても毎日鏡の前で「今日もキレイだ」と思うとキレイになっていきます。

一見すると自惚れみたいに思うかもしれませんが、実際にホスト業界やボディービルダーなどの間でも行われている方法です。

であれば、ダイエットでもそう思い込めば、だんだん効果が出てくるでしょう。

思い込みダイエットをしてみよう

思い込みダイエットで1番重要なのは、その名の通り「思い込む」という行為が重要です。

なりたい姿(モデルなど憧れを持つ人物像)を強く思い、自分を重ね合わせ、相違している部分を絞っていくイメージを繰り返しながら、日々食事時も食べるものに対して思い込みをしながらやっていくと、脳が活性化・正常化して、ダイエット成功に導いてくれます。

思い込みダイエットだからといって、食べるものに制限はないから欲望のままに食べたりするのは控えましょう。

それでさえ「これだけで満腹」などと思いながらよく噛んで3食決められた時間に、年齢に合わせた摂取量を取る事が大事です。