思わせぶりな態度をとる男性の特徴5つ

最終更新日:2016年2月21日

思わせぶりな態度を取るのは女性というイメージが強い方が多いですが、実は男性にもいるのです。

これには両思いになりたいけどなかなか告白する勇気が出なかったり、ただもてあそんでいるだけだったりと色々なパターンがあります。

そこで、思わせぶりな態度をとる男性の特徴についてご紹介します。

1.告白してOKが出そうか確認したい

思わせぶりな態度を取る男性で1番多いのがこれです。

告白してOKが出そうかどうか思わせぶりな態度を取ることで確認して、確実にOKが出そうなら告白するようにしています。

女性側からしたら友達以上恋人未満の今の状態に結論をつけたいところですが、ここは3ヶ月程度は待ってあげましょう。

それでも告白がない場合は、男性が「これは告白をしてもOKをもらえないのでは」と思っている可能性があります。

ですので、自分から告白をするようにしましょう。

また「自分も好きだし、彼も多分自分を好きだけどあまりに思わせぶりな態度を長い時間とられて疲れた」というケースがありますが、これは今は好きでも男性とのペースが合っていない可能性があります。

ここでペースが合っていないと付き合ってからも苦労をするので、好きという気持ちそのものを見直すことをオススメします。


2.好きだけど事情があって告白できない場合

経済的に彼女を幸せにできる自信がない等事情があって彼女と付き合いたいけど、付き合う自信がない、でも彼女を他の人に渡すのは嫌だという時に男性は思わせぶりな態度を取ります。

この場合、事情があるので思わせぶりな態度を取る時間が長期になる事が多く、女性が「一体何なんだろう、もう疲れた」と心が離れてしまう場合がとても多いです。

長い時間思わせぶりな態度を取られて、今の関係にハッキリ決着を付けたい方は、こちらからハッキリと告白をしてみるか、告白まではいかなくても「そろそろ彼氏が欲しいし、前に進みたい」と伝えましょう。

そうすると男性は慌てて告白をしてくるか「好きだけど、ちょっと待っていて欲しい」という事を伝えてきます。

また、場合によっては「自分じゃ幸せにできないから」と距離を取る男性もいます。

自分が本当に男性を好きか、一緒に生活できそうかどうか慎重に判断して、付き合うことができそうなら付き合うようにして、無理そうならお互いのために距離を置くようにしましょう。

3.からかって遊んでいる

ノリで思わせぶりな態度をとる男性もたまにいます。

こういう男性は小悪魔女子の男性バージョンで、ただ女性をからかって遊んでいるだけです。

もし、こういう男性を好きになってしまったらこちらも少し距離を取ってみる、思わせぶりな態度をとる等こちらがもてあそぶようにしたりとミステリアスなところを見せましょう。

男性はミステリアスな女性に弱いのと、今までは思わせぶりな態度を取っていたのに、逆に思わせぶりな態度をとられてドキドキさせる事ができるので、いつの間にか立場が逆転して男性を夢中にさせることができます。

ミステリアスな女性になるのは難しいですが、ポイントはつかず離れずな態度を守る事です。

ずっとべったりしてしまうとミステリアスさが無くなってしまうので注意しましょう。

もっと長い時間一緒にいたい、知りたいと思わせるのがコツです。


4.本人は思わせぶりな態度をとっているつもりはない

女性から見たら思わせぶりな態度でも、本人は思わせぶりな態度をとっているつもりがない男性もたまにいます。

これは、誰に対しても優しいにとても多いです。

あまりに優しいので自分の事を好きに違いないと告白をしてみたら男性から「そんなつもりじゃなかった」と言われてしまったというケースは多いです。

誰に対しても優しい男性は彼女以外の女性にも優しいので、好きになったり彼氏にすると少し大変です。

ですが「誰に対しても優しくするのをやめて欲しい」と言うと彼氏の気持ちが離れてしまうので、大変ですがあまり嫉妬しすぎず彼氏を見守るようにすることが仲良くいられるコツです。

5.チヤホヤされたい

思わせぶりな態度を取る男性は、女性にとにかくチヤホヤされたいと考えている場合があります。

中には思わせぶりな態度をとって、女性がその気になったら一晩遊んでやろうと悪い考えを持っている男性もいます。

こういう男性は「あの人は誰にでもそうだから」とか「あの人はすぐ女性をお持ち帰りするから注意して」と周りからの評判が悪いのですぐに距離を取るようにしましょう。

思わせぶりな態度をとる男性の心理を知ろう

思わせぶりな態度をとる男性の特徴についてご紹介しました。

思わせぶりな態度を取る男性は色々なパターンがありますが、多くは女性の事を好きだから、告白して確実にOKをもらえる状況に持って行きたいか、事情があって今は告白できないというパターンが多いです。

逆に言えば告白してOKをもらえる可能性が高いので、今のふわふわした状態が嫌なら自分から告白をしてみるのをオススメします。