女嫌いな男性の心理とは。過去のトラウマやゲイの可能性も

最終更新日:2015年12月7日

女性を苦手だと感じている男性が周りにはいませんか?男性はみな女性が好きかと言えばそうでもないのです。

もしも意中の男性が女性を嫌いだとしたら困ってしまいますよね。

そこで今回は女嫌いな男性の心理をご紹介します。

1.母親にいい思い出がない

男性が根本的な女性嫌いになってしまうのは「母親に対しての憎しみ」があげられます。

母親が他の男を連れ込んでいた・彼氏がころころと変わってその彼氏から虐待を受けていた・母親から虐待を受けていた…など母親に対する憎しみが生まれてしまうのには様々な理由があるでしょう。

男性が生まれてから長い時間関わるのが母親であり、男性の理想の女性像になるのは母親です。

この母親が男性を幻滅させてしまうようなことをするとその男性が「女性」に対して嫌悪感を感じてしまうことがあるそうです。

ですから、女嫌いの男性の心理として子供のころからの根深い女嫌いなのかもしれません。

そういった男性は女性に対して自分の母親の嫌なイメージを重ねているので、女性そのものに対しての嫌悪感なのかもしれません。

その母親の思い出が酷ければ酷いほど女嫌いが加速するようなので、激しい女嫌いの男性は過去に悲しい経験を持っているのかもしれませんね。


2.面倒だと思っている

男性の中には女性を面倒だと感じている人も多いようです。

確かに、毎日のメールや電話に記念日の管理や愛の言葉など男性に対して多くを求める女性や、察してほしい気づいてほしいなどの男性にとってはかなり面倒なことを求めてしまう女性も多いようです。

そうなると仕事を頑張っている男性にとって女性の存在と言うのは負担になってしまうでしょう。

仕事を頑張りたい時期や面倒なことをしたくないと考えている時期は女嫌いだと周囲に思わせておいて女性を自分から遠ざけているのかもしれません。

もしくは、仕事場で女嫌いをアピールしている場合は職場で恋愛をする気がなく女性が自分に言い寄ってきたり、自分を好きになられるのが嫌だと感じているから予防線を張っているのかもしれませんね。

女嫌いな男性は女性が嫌いなのではなく面倒で自分にとって負担になりかねないような女が嫌いなのかもしれませんね。


3.モテないから嫌いになった

自分には持っていないものを持っている人を僻むように、モテない男性と言うのは女性に酷い扱いを受けてきたでしょう。

女性は裏表がある人が多く、イケメンやスペックの高い男性にはちやほやしても不細工だったりスペックの低い男性は嫌悪したり悪口を言ったり、利用するだけ利用して捨てたりと散々な扱いをする人もいるでしょう。

モテない男性というのは女性からこういったひどい扱いを受けることが多いようで、そのせいで女嫌いになっているのかもしれません。

このような心理の場合、女性がその男性のことを本気で好きになっても「だまされている」「女なんてろくでもない」などという風な思想になってしまっているのでかなり厄介です。

学生時代は女性からひどい扱いを受けていたようなダサい男子でも勉強を頑張っていい会社に就職してあか抜けている場合なども、途端に自分に言い寄ってくる女性が信用できなくなってしまうのは当然なのかもしれません。


4.ゲイだから

男性を好きな男性、ゲイの男性の場合女嫌いになってしまう人もいるそうです。

というのも、自分がゲイだということをカミングアウトしており、女性と同じような立場に立って女性を仲間など意識するようになりだしたらよいのですが、その前の段階だと女性は恋敵になってしまいます。

恋敵になってしまうだけでなく、意中の男性がストレートだとゲイの男性には可能性がなくそのすべてが女性に奪われてしまうのです。

女性は女性の裏の顔を見るのを得意なようにゲイの男性も女性の心理がわかることがあって嫌な女が自分の好きな男性を奪っていったとあれば嫌いになってしまうのも当然なのかもしれません。

女嫌いな男性がいたらもしかしたらゲイなのかもしれません。


5.幻想を打ち砕かれた

女性が家族にいない環境に育ってしまうと、女性に幻想を抱いてしまう男性も少なくないようです。

アニメに出てくるような純粋で無垢でどんな女性も女子力の高いようなイメージを抱いてしまっていると実際に女性と交際したときに女性の本来の姿に幻滅をして女嫌いになってしまうことがあるそうです。

男性が勝手な幻想を持っているだけなので女性に非はありませんが、その男性が女性の現実を受け入れるまで時間が必要なのかもしれないです。

女嫌いな男性の心理を知ろう

女嫌いな男性の心理は過去の経験や自身のセクシャリティーなど様々な心理がかかわっているようです。

女嫌いはなかなか直りませんし、女性に対する犯罪につながる可能性も大きくあるので女嫌いの度によっては注意する必要があるかもしれませんね。