すぐに大声を出してわめく男性の心理とは。孤独や自信のなさが裏目に出ているのかも

最終更新日:2016年12月15日

冷静に話すことができず、何かと大声でわめきちらす男性がいます。

家庭内や職場、街中でもそういう男性を見かけることはあるでしょう。

そんな、何かと大声でわめく男性の心理についてご紹介します。

1.感情を抑制することができない

大声を出す、ということは感情的になっている証拠です。

冷静な状態ならば、声は普通のボリュームでしょう。

しかし、つい大声をだしてしまい、わめくということは、自分でも感情を抑えることができなくなっている状態にあります。

普段は大人しいのに、突然大声でわめき出すなどする男性は、日頃からストレスをためていて、それが一気に爆発するタイプでしょう。

何かと大声でわめく男性は感情が不安定な状態といえるでしょう。

2.相手に威圧感を与えたい

自分を大きく見せたい、相手を言い負かしたいなど、相手より自分を強い存在だということをアピールするために、何かと大声でわめく男性もいます。

大声でわめかれたら、わめかれた方は当然驚き、動揺するでしょう。

わめかれた内容よりも大声にショックを受けるのです。

それを大声でわめく男性は承知のうえでやっています。

とにかく相手や周囲の人間に威圧感を与えたい男性は大声でわめき続けます。

普通、威圧感を与えたいと感じていない男性は落ち着いた声で話すでしょう。

自分に自信がないからこそ、大声という武器を使って周囲を圧倒し、自分を恐れさせ、あるいは怖い存在だと知らしめようとしています。

3.冷静に論理的に話せない

冷静な状態で、論理的に相手と話ができて、自分が思っていることや、要求を伝えられる人は大声でわめくなどということはしません。

論理的思考ができず、口下手で、頭の回転もよくないので、最初から話し合うという行為をあきらめてしまっている男性が大声でわめくのです。

大声でわめいている内容を聞いてみると、意味がないことに気づくはずです。

つまり、相手に自分が思っていることをうまく伝えられないから大声でわめいてしまいます。

それは幼い子供の行動に似ています。

子供も自分の感情やして欲しいことを言葉で上手に伝えられないので、泣きわめいたり、癇癪を起したりします。

小さな子供と一緒、と考えればその心理が理解しやすいでしょう。

4.注目を集めたい

一人ぼっちだったり、友達がいなかったり、家族や周囲の人間から無視されて相手にされていない男性は、注目を集めたくて、何かと大声でわめいたりします。

大声でわめいている人がいれば、周囲の人は「どうしたんだろう」とその男性に注目します。

なかには「どうされたんですか」と訊ねる人もいるでしょう。

また、わめいている対象の相手がいれば、必死になって対応してくれるでしょう。

大した理由もないのに大声でわめいているのは、注目を集め、話しかけてくれる人を待っているということもあります。

要するに寂しがりで、誰かと話したいのです。

5.なにかを誤魔化したい

男性はなにか誤魔化したいことがあると大声で威嚇することがあります。

逆ギレともいいます。

なにか疾しいことがあったり、誤魔化したいことがあると、相手にそれ以上追及されたり、責められるのを防ぐために、とにかく大声でわめいて誤魔化してその場をやり過ごそうとします。

なにも誤魔化す必要がなかったり、相手に対して疾しいところがなければ、普通の会話ができるはずです。

ですが、大声でわめく、というのはそうしなければいけない理由が存在することがあります。

6.無理に自分の意見を押し通したい

ちょっと無理な相談や提案、または要求を押し通したい場合、男性は大声でわめきだすことがあります。

わめかれた方は委縮しますし、恥ずかしいので、なんとか静かにしてもらおうと、相手の理不尽な要求をのんでしまいがちです。

それがわかっていて、わざと大声でわめくのです。

例えばクレーマーなどは静かに話をする人はまずいないでしょう。

大声でわめき散らす人が多いはずです。

そのように、迷惑な要求など、自分の勝手な意見を押し通したいと考えている人はとにかく大声でわめきます。

大声を出す男性の心理は寂しさ

何かとすぐに大声でわめく男性は共通して迷惑な存在と言えるでしょう。

自分勝手であり、相手や周囲のことは考えていません。

そういう人物だからこそ、孤立しがちであったり、相手に話がうまく通じなくなり、余計に大声でわめいて周囲に自分をアピールしようとします。

もしそんな、何かと大声でわめく男性が周囲にいたとしたら、冷静に対応するしかありません。

こちらも感情的になれば相手はより大声でわめきだして収拾がつかなくなるでしょう。

相手の話をきちんと聞きます、という態度で対応し、そのことを伝えれば、相手は安心して大声でわめくのをやめるかもしれません。

そういう相手は刺激しないことが大事です。

お茶をすすめたりと、相手を冷静にするためのワンクッションのアクションを挟んでみるのもいいでしょう。