パソコンの廃棄方法。大事なデータが流出しないようにしよう

最終更新日:2015年8月2日

どんどん新しいタイプのパソコンが発売されて、コンパクトに使いやすくなって来ていますね。

そこでボーナスが出たら新しく買い換えようかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで問題になるのでパソコンの廃棄ですね。

パソコンには大事なデータがいっぱい…どうすればいいのでしょうか。

今回はパソコンの廃棄方法をご紹介します。

1.まずは大事なデータを消す

パソコンをそのままゴミに出してしまうといけない理由は、情報の流出の恐れがあるためです。

パソコンではメールアドレスの管理や仕事の情報などが満載ですし、SNSのIDやパスワードの入力記録、インターネット通販などでクレジットカードでの購入履歴やインターネットバングなどの使用履歴など個人情報が盛りだくさん…。

もしもこれが悪人の手に渡ったら、個人情報が盗まれるだけでなくクレジットカードの悪用などの実害的な被害がでたり、SNSが乗っ取られて他人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

そこでまず行った方がいいのが「データの消去」です。

1000円ほどで購入できる専用ソフトを使ってパソコン内のデータを完全に消去します。

普通、ゴミ箱に入れたり、アンインストールしただけでは、データは消去したとは言えず方法によっては復元が可能になってしまうようですが、この専用ソフトを使うとハードディスクの中身や特定のデータなどを消去することができます。

値段も、悪用されない為と思えば安価ですし、操作も個人で簡単にすることができるそうですのでパソコンを廃棄する際はまずは自分でデータを消しましょう。


2.パソコンの販売メーカーに問い合わせる

パソコンメーカーの中には電話問い合わせやインターネットのホームページなどでパソコンの処分方法を案内していたり、場合によってはリサイクルのために回収を行っているメーカーもあるようです。

自分の使用していたパソコンのメーカーならば比較的安心ですよね。

パソコンの廃棄が初めての方はまずパソコンメーカーに問い合わせて相談してみてもいいかもしれませんね。


3.専門の業者に頼む

パソコンのデータの消し方がわからないし、でもそのまま廃棄するのも怖いという方にオススメなのが「パソコン廃棄・リサイクル。リユース」などを専門に行っている業者に依頼することです。

業者によっては料金が送料のみで送るだけですので簡単ですよね。

でも、本当に悪用されないか心配な方は有料でハードディスクのデータを消去した証明書を出すこともできるそうですのでサービスを利用してもいいでしょう。

また専門の業者は強い磁力でデータを消去したり、使い物にならないハードディスクならスクラップやシュレッダーなどでデータを確実に廃棄してくれるので自分で廃棄するよりも安心でしょう。

業者によっては自宅訪問回収をしてくれたり持ち込みOKだったり、パソコンの付属品も一緒に回収してくれるところもあるので利用してみてはいかがでしょうか。


4.目の前で破壊してもらう

ハードディスクなどのデータ消去を目の前で行ってくれるサービスを提供しているところがあるようです。

店頭に持っていくと目の前でハードディスクに穴をあけてくれたり、基盤をシュレッダーしてくれたりするそうです。

いくらリサイクル・リユースのために回収している業者に頼んでも、メーカーに依頼しても、実際に目の前でデータがなくなるのを見ないと安心できないという方や、会社などの極めて重要なデータを保存していたり利用していたハードディスクの場合は万が一のことも考えて目の前で破壊・シュレッダーなどで復元不可能になったことを確認した方がいいかもしれませんね。


5.自分で破壊してゴミに出す

パソコンの解体ができる人であれば自分で破壊して分解し、何回かにわけて自治体の決めた分別方法でゴミだしするという方法があります。

ハードディスクの破壊方法は、穴をあける、割る、そのうえで水没させるなど様々な方法があります。

ハンマーなどの工具を使って自分で壊してみるのはお金がかからないですし簡単ですね。

ただし中途半端に壊したものをまるまるゴミには出せないので小分けにしてゴミだしすることをオススメします。

また環境保護の観点からいうと、パソコンはリサイクルができます。

ハードディスクだけでなくモニターやキーボード、カバー、また基盤などの中身も部品別にすればリサイクルすることが可能です。

ですから自分が使わなくなってもまだそのパソコンには使用価値があり、ゴミに出すのはオススメとは言えません。

ですので、わりと頻繁にパソコンを買い替える人はデータ消去を業者に頼み、環境のためにパソコンをリサイクル・リユースしてみてはいかがでしょうか。

パソコンは適切に廃棄しよう

以上、5つをご紹介しました。

信用できる業者でデータを消去してもらい、リサイクル・リユースすることで環境に優しく、最新のスペックのパソコンを手に入るのがいいかもしれません。