パーマを長持ちさせる方法

最終更新日:2016年8月30日

せっかくパーマをかけたのにすぐに落ちてしまう。

髪質のせいと諦めていませんか。

お金をかけてパーマをかけても、あまり持たないとガッガリしてしまいますよね。

そこで今回は、パーマを長持ちさせる方法をご紹介します。

1.パーマをかけた日はシャンプーしない

美容室でパーマをかけた日は、シャンプーしないようにしましょう。

パーマはロッドで巻き、1液と2液をつけて作り出します。

1液は髪を柔らかくし、髪の形を形状しているシスチンの結合をきる役目をします。

そして2液は、新しい髪の形状を固定させる役目があります。

当日シャンプーをしてしまうとパーマ液が取れてしまい、パーマ液で固定させた意味がなくなってしまいます。

できれば2~3日洗わないといいのですが、それでは気持ち悪いですよね。

そんな時は、シャンプーをせずにコンディショナーやトリートメントをつけて洗い流しましょう。


2.寝る前はしっかり乾かす

お風呂に入り、髪を乾かさずに寝ていませんか。

髪をしっかりと乾かさないとキューティクルがはがれ、髪が痛む原因になります。

キューティクルがはがれると水分が抜けやすくなり、髪が乾燥しやすくなります。

しかも一度キューティクルがはがれてしまうとなかなか修復しづらいものです。

パーマを持たせるためにも、このキューティクルが大事。

キューティクルがはがれてしまうことによって髪が乾燥しパサパサになります。

そうすると、パーマのキレイな動きが出なくなります。

髪はパーマをかけたことで負担がかかっています。

きちんと乾かさないとさらに髪が痛み、パーマがキレイに出なくなるどころか枝毛もできやすくなってしまうので注意しましょう。


3.乾かすときはひっぱらない

髪を乾かすとき、ついつい髪を手ぐしでひっぱりながら乾かしていませんか。

これでは、せっかくかけたパーマを取ってしまっていることと同じです。

髪を乾かすときは、しっかりとタオルドライした後、クルクルと指で毛束を絡めてから優しく髪を握りドライヤーの風をあてます。

こうすることでパーマも長持ちさせることもできますし、とれかけのパーマも復活することができます。

もちろん、タオルドライするときは髪をこすらずにタオルで挟みながらポンポンと優しく水分を拭きとってあげてください。

そして、乾かすときは8割くらい髪が乾く程度にし、あとは自然乾燥にするとキレイにパーマが出ます。


4.セットするときはくしを使わない

髪をセットするときにはくしを使わないようにしましょう。

髪をまとめるときも、手ぐしでまとめる程度にした方がパーマも落ちにくいです。

くしを使ってしまうと、その分髪がひっぱられてしまうのでパーマが落ちやすくなってしまいます。

また、パーマをかけて数日はアイロンを使用するのもやめましょう。

パーマをかけた翌日までは、まだパーマが固定されていない可能性があります。

そんな時にアイロンを使ってしまうとパーマが取れてしまう原因になってしまいます。

ただし、数日後であればストレートアイロンなどを使ってヘアスタイルを楽しむこともできます。

ただ、雨が降っていたり湿度が多い日はパーマのウェーブが出てしまうことがあるので、注意してください。


5.パーマ用のシャンプーとトリートメントを使用する

パーマ用のシャンプーとトリートメントを使用するとパーマが長持ちします。

そして、パーマで傷んだ髪を補修してくれる成分が入っているものもあります。

市販の商品やネット通販で購入するのもいいですが、もしわからなければ美容室で売っているシャンプーとトリートメントを購入するといいでしょう。

美容室での店販品は、たいがい美容師さん本人が試してみて、いいと思ったものが置かれています。

市販のシャンプーやトリートメントより少々お値段が高いのですが、効果がやはり違います。

美容室によっても取り扱っているシャンプーやトリートメントは違いますが、もし迷ったら美容師さんに相談してみてください。

きっと、シャンプーとトリートメントの使用感や香りなども教えてくれるはずですよ。


6.パーマの種類をかえてみる

今までパーマをかけて長持ちしたことがないという人は、美容室でかけるパーマの種類を変えてみてください。

もちろん髪質によってもパーマのかかり具合は違いますが、もしかしたらかけたパーマの方法が自分に合っていないのかもしれません。

普通のパーマの他に、デジタルパーマや水パーマもあります。

デジタルパーマや水パーマの方が持ちがいいのと、パーマのかかり具合が良かったり髪への負担が普通のパーマに比べて少なかったりとメリットがある場合も。

もちろんお値段も少し高めですが、パーマの持ちを考えるとデジタルパーマや水パーマをかけた方が良いでしょう。

もし悩んだら、美容師さんに相談してみましょう。

パーマを今までよりも長持ちさせよう

少しの手間でパーマヘアを今までよりも維持することができます。

そして、自分にあったシャンプーやトリートメント、施術法も大切ということもわかりましたね。

せっかくパーマをかけたのならば一日でも長く楽しみたいですよね。

きっとこれらのことを実行すれば、きっとあなたのパーマヘアは美しく長く保つことができますよ。