プレミアムフライデーって何?今年から始まる15時終業の生活

最終更新日:2017年1月8日

プレミアムフライデーという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

政府や経済界から提案された構想で、今後採用されるかが注目されているのです。

プレミアムフライデーとは何かを知り、どんな風に生活が変わるか考えてみましょう。

1.月末の金曜日の3時に退社をする構想

プレミアムフライデーは主に会社員を対象にした構想で、月末の金曜日の3時に退社をするというものです。

月に一度だけですが、お昼過ぎ2~3時間働いたら退社ができるため、その日は午後の時間を自分の好きに使えるようになります。

例えば、プレミアムフライデーの3時過ぎから日曜日まで2泊3日の旅行にいく、平日にしか利用できないサービスを利用する、趣味を楽しむなど、自分の好きに過ごせる時間が増やせるのです。

また金曜日の午後から休みになるというのが大きなポイントで、週末に向けて何かしら大きなプランを立てやすくなります。

2.経済効果が期待できるシステム

プレミアムフライデーは、政府や経済界から提案された構想であるため、その狙いは経済効果です。

金曜日の午後からの個人消費が拡大すると考えられています。

また2泊3日などの旅行にいきやすくなるため、大きな経済効果が期待できるとされているのです。

確かに、時間があればもっと買い物ができたり、旅行にいけたり、友達とカフェやレストランで楽しい時間を過ごせたりしますよね。

またその時間を使って習い事や趣味を楽しむため、個人消費に繋がるのも頷けます。

ただ月末の金曜日だけがプレミアムフライデーとなるため、月に1回で、どれだけの経済効果が出るのかは未知数でもあります。

3.企業や分野によっては実施ができない施策

プレミアムフライデーは制定されれば、午前中に出社し、夕方退社するタイプの会社であれば実施が可能です。

けれど勤務時間が不規則であったり、夜中までの仕事であったりする場合はプレミアムフライデーを実施したくても、実施することができません。

つまりプレミアムフライデーは企業や分野によっては実施ができない、限られた企業のみが採用できる施策となります。

そのため、プレミアムフライデーを利用できず不満を持つ人も出てくるでしょう。

企業や職種によっては、働き方がまったく変わることがありません。

またどれぐらいの企業が実際に実施できるのかも分からない施策でもあります。

4.様々なプランやイベントが計画されることが期待できる構想

プレミアムフライデーが実施されれば、あらゆるサービス業がプレミアムフライデー限定のプランやイベントを計画することが見込まれる構想です。

例えば、旅行会社がプレミアムフライデーに利用しやすい旅行プランを提供したり、飲食店が夕方からのイベントやパーティーメニュー、飲み会メニューを提案したり可能性があります。

またプレミアムフライデーに催される婚活パーティー、クラブイベント、季節のイベントなども増えることが考えられます。

そのため、土日だけにイベントやプランを楽しむのでは足りなかった、という人は、もっと様々な活動を楽しむことができるようになります。

5.仕事を効率よく終わらそうという意識が生まれる

プレミアムフライデーが始めると、労働者の意識も自然と変わるでしょう。

プレミアムフライデーには、残業せず、3時には退社しなければいけないため、その時間までに仕事を終わらせよう、という意識が生まれるのです。

月に一度のことなので大きなことではないように感じるかもしれませんが、プレミアムフライデーに向けて、効率的に仕事を終わらせようと、日々務める人が増えてくるのです。

この意識は、始めから仕事が定時に終わらないと諦め、ダラダラと仕事をするよりも、気が引き締めて、集中するので良いですよね。

社内一丸となって、時間までに仕事を終わらせようとする団結した意識を持つことにも、繋がるかもしれません。

6.収入は増えることがない施策

プレミアムフライデーの狙いが個人消費の拡大である一方、プレミアムフライデーを実施したところで、もらえる給料は増えるわけではありません。

今までと同じお給料の中では、いくら退社時間が早まったとしても、消費を増やすことができない、という人が多いのが現実です。

結局、月に使えるお金が変わらなければ、個人消費の拡大には繋がらない可能性があります。

また残業代が出る企業で働いている人は、プレミアムフライデーには残業ができなくなるので、その日の残業代分、以前より収入が減ることも考えられます。

残業代を毎日もらっていて、しかもそれをあてにしている人にとっては、プレミアムフライデーはいらないから、残業をしたい、と思ってしまうかもしれません。

プレミアムフライデーについての知識を深めよう

プレミアムフライデーとは政府などが進めている経済効果を狙うためのシステムで、実施だれれば金曜日の午後に退社をすることができます。

プレミアムフライデーによってイベントなどが計画されたり、仕事を効率よく終わらせようという心理が生まれたりする一面、収入が増えるわけではないため、本当に効果があるのか疑問視されている一面もあります。