連休の予定を決める方法。お盆休みや年末年始などの予定を決めよう

最終更新日:2016年5月13日

GWやお盆休み、年末年始などの大型連休や、暦上振替になったり、たまたま重なったりして休みになるプチ連休。

こういった連休は家で寛ぐのも良いですが、だいたいはお出掛けしたり予定を入れますよね。

でもその予定の組み方次第で有意義に過ごせるかもだいぶ違いが出てきます。

今回はそんな連休の予定の決め方についてご紹介します。

1.旅行や日帰りゎ連休前日からの出発

連休が始まると、テレビのニュースなどで新幹線や飛行機、道路などの混雑状況が報道されていますが、だいたい連休が始まるのは、世間一般的にほとんどみんな同じスタートが多いです。

連休初日から出掛けようとすれば、みなさん同じ連休初日なので重なる率も高くなります。

であれば、その前日から行動をする予定をたてるようにしましょう。

例えば、夜間に出発して連休初日の朝には目的地につくプランなど。

連休前日は我先に家路へと帰る人がほとんどです。

仕事で疲れてたりしてますし、そんな時からわざわざ出掛けようと行動する人はあまりいません。

また、明日から連休だからと出掛ける人がいたとしても、近場で飲み会など交流を楽しむ程度です。

遠出までは考えにくいでしょう。

連休の予定を決める時はその前日にも目を向けて考えてみると良いでしょう。


2.メインdayや時間帯を避ける

例えば、GWにしてもメインの日があります。

こどもの日や通常土日などで、時間帯はだいたい、午前10時頃~現地は混雑します。

基本的にお店など開店時間はどこも同じようなもので10時前後、遅くて11時です。

そしてお昼ご飯は11時半~1時あたりが混雑してきます。

帰りは夕方5時過ぎになります。

そういった時間帯はできる限り避けたいところですよね。

連休でもし、観光やアミューズメントパークなどを計画する場合は、早め早めの行動を基準に決めていくのが得策です。

そして用意できるものは事前に用意もしておきましょう。

チケットや入場券など、用意しておけばスムーズです。

そして、ランチなど飲食店もリサーチしておきます。

予定を決めていく上で重要なのは、大まかに決める事より、行動の流れを1つずつシミュレーションのように組み立てて予定を決める事が大切です。

もちろん翌日の事も同様です。

そうすると、無駄な時間も避ける事ができ、有意義に過ごすことができます。

更に事前にできる事をやっておけるので、スムーズで混雑も回避しやすくなります。


3.費用はなによりも先に決める

連休の予定を決める上でなによりも先に決める事は予算です。

1日辺りの予算やこの連休に使えるトータル予算を決める事です。

予想外にオーバーしたりする時もあるかもしれませんが、家族で連休をめいいっぱい楽しもうとか、友達とだとしても結構費用はかさみ、連休あけに次の給料日まで生活が厳しくなってしまう事もあります。

連休は気分も高まり解放感などから、つい散財しがちになります。

でもある程度目安を決めてその分プラスアルファくらいのみを用意しておけば、使い過ぎも回避できます。

旅行などは特に、予算が決まらないといき先も決めれない事もあります。


4.家族も満足の穴場スポットへ

家族がいるかたは、連休は家族の為に使うと思いますが、無料施設や子供から大人まで楽しめるスポットは結構あります。

無料施設には見学する場所や公園などが多くみられますが、子供から大人まで楽しめるのはやはり、参道の露店や商店街やアミューズメントでも安価で意外と楽しめるところなど。

科学館や体験などができる施設は子供はもちろん大人も楽しめます。

工場見学ではお土産つきだったりもして、予約制なので何ヵ月か先から予約をしておけば、すんなり入場する事もできます。

連休が事前にわかっていれば、そういった工場見学などの予約をしておくのもオススメです。

家族がいる人は、家族に合わせて予定を決める方が良く、子供などの意見も取り入れながら、色々早めに決めていくと良いですね。


5.連休ズラしも職場によっては喜ばれる

これは企業によりますが、世間一般的に決まっている連休などを、自分だけズラしてもらう方法があります。

つまり、みんなが連休の時に自分は出勤し、みんなが出勤の時に自分は連休を取るというのも、喜ばれる場合もあります。

特に、サービス業などは連休とはいえ、お店自体を開けていたい時もあります。

連休自体をズラす事により、世間は仕事の日だったりするので、予定もいき先も決めやすくなります。

どこも平日の人入りなので混雑もしない事でしょう。

連休の予定を決めよう

連休の予定の決め方は、世間一般的に連休が始まる初日から考えるのではなく、前日や数日ズラすなども考えると、混雑なども回避できます。

家族や友達などの意見も取り入れながら早めに決める事が得策で、事前に用意できることもしておきます。

それも予定の一環です。時間帯やメインdayなども考えながら予定を決める事で、渋滞など疲れや苛々なども解消できます。

連休はどうしても解放感や気分が高まって浪費しがちになるので、予算は予定を決める前に決めると良いでしょう。

楽しい連休にするには、色々な場所やエリアなどを検索し、リストアップして決めてゆくと、いくところが決まらないなどといった事もなくなります。