サラサラな鼻水はアレルギーの証拠!?花粉症や鼻炎を疑おう

最終更新日:2016年2月21日

ティッシュで押さえていないとポタポタと垂れてしまうような鼻水が出たことはありませんか?

こういったサラサラとした鼻水が出てしまうとマスクだけでは対処しきれないのが厄介ですよね。

そこで今回はサラサラな鼻水が出る時に考えられる原因をご紹介します。

1.花粉症

花粉症の症状としてサラサラとした透明な鼻水が出るというものがあります。

サラサラとした鼻水は水分と一緒に花粉を外に出そうと体が反応している状況です。

そのため、花粉症を自覚している人であれば自分がアレルギーを持っている植物の花粉が飛ぶ時期であればそのサラサラとした鼻水が出るのは花粉症が原因のことが多いでしょう。

また、花粉症を持っていない人でもスギやヒノキなど花粉が多く飛散する場合には、新たに花粉症になっている可能性も高いのでサラサラとした鼻水が三日以上止まらないのであれば病院にいって詳しく検査をし、花粉症であれば花粉症の原因になっている植物を特定しましょう。


2.アレルギー

人間の身体はアレルギー症状を起こすと鼻水を出したりくしゃみをしたりしてアレルゲンを外に出そうとします。

それは、花粉以外でも起きうることです。

よく、猫アレルギーや動物アレルギーなどという言葉を聞くように特定の動物の毛などでアレルギー症状を起こすことがあります。

動物だけでなくハウスダストなどでもこのアレルギー症状が起こることによってサラサラとした鼻水が出てしまいます。

動物がいる環境やほこりっぽい場所に行くなどしたときにサラサラとした鼻水が出る場合はその特定の動物やハウスダストなどにアレルギーを持っている可能性が高いということになります。

3.アレルギー性鼻炎

アレルギー物質を吸い込むことによって鼻が反応してしまうとアレルギー性鼻炎になってしまうことがあります。

アレルギーを起こしてもその環境を離れてしばらくすれば鼻水は止まる場合がほとんどですが、人によってはアレルギー性鼻炎が慢性化してしまい、キレイな環境にいるのにも関わらずサラサラした鼻水が長い期間で続いてしまうことがあります。

その中でも通年性アレルギー鼻炎と言って一年中こういった鼻水が出てしまうという病気もあります。

花粉の時期が過ぎても鼻水が止まらないという人も多く、サラサラとした鼻水がずっと続くというのが唯一の特徴なのかもしれません。


4.風邪の初期症状

風邪も悪い菌が身体の中に入ることによって熱などの症状を引き起こしてしまいますよね。

風邪の菌が身体の中に入ってしまったときに体は菌を外に出そうと反応します。

この反応はアレルギー源を吸い込んでしまったときと同じで鼻水やくしゃみなどを使って体の外に悪いものを出そうとします。

その時は同じようにサラサラした鼻水が出るのです。

ですが、風邪の場合はその後鼻水が固まって色がついたりドロドロしたり、熱が出たりして症状が進むので日数がたてば原因を突き止めることができるでしょう。

5.寒暖差アレルギー

寒暖差でアレルギーが出てしまうのをご存知でしょうか。

普通、アレルギーというのはアレルゲンになる物質を吸い込んだり触れたりすることで症状を起こします。

ですが、人の身体は暑さと寒さでも症状が出てしまうことがあります。

特に、あったかい場所から寒いところに行く場合や、暖かかったのに急に寒くなる場合など「寒冷アレルギー」と呼ばれています。

なので、冬に入る前や暖房のかかった場所から寒い場所へ移動したり、季節の変わり目などに鼻水が出てしまうことがあります。

稀に、逆で寒い場所から暖かい場所へ入ったときや冬から春への季節の変わり目にもアレルギーのような症状でサラサラとした鼻水が出てしまいます。

ひどい人になると寒さを感じただけで蕁麻疹が出てしまったりすることもあるので重症化すると日常生活に支障が出てしまうことがあるようなので、寒冷アレルギーを感じるのであれば病院に行って相談をする必要があります。


6.夏風邪

風邪の中でも夏風邪は鼻水がサラサラしているという特徴があります。

夏風邪では寒い部屋の中にいることによって鼻の中が乾燥し鼻炎を起こしてしまったり、長引く風邪が多いので体が拒否反応を起こします。

夏、クーラーをつけたり扇風機をつけることによってハウスダストが舞い上がったり、寒冷アレルギーを起こしやすいので気を付けたほうが良いでしょう。

サラサラな鼻水の理由を知ろう

サラサラとした鼻水はアレルギー症状によるものがほとんどです。

アレルギーはいつどこでなんのアレルギーが起こるかはわからないので、サラサラした鼻水が続くようであれば病院でアレルギー検査をしてみると自分が何にアレルギーを持っているか確認できます。