叱ってくれる女性が好きな男性の心理。母性を求めているのかも

最終更新日:2016年1月22日

男性の中には、叱ってくれる女性が好きという方がいます。

そんな男性の心理とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、叱ってくれる人が好きという男性の心理についてご紹介します。

1.女性に母性を求めている

叱ってくれる女性が好きという男性は、女性に高い母性を求めています。

そのため優しく母親のように叱ってくれる女性に惹かれるのです。

特にしっかり者で自立心の強い年上の女性に「この人なら自分をしっかりと叱ってくれるかも」と思い強く惹かれます。

このタイプの男性と付き合う時に注意しないといけないのが、男性が女性に母性を求めるあまり彼氏と彼女の関係というよりも母親と息子の関係になってしまうことです。

いつも自分が彼氏を叱っているうちに「これって付き合っているというの?」と疑問に思うようになってしまいます。

そうならないように、叱るのはどうしてもという時にしておいて、普段は注意する程度にしておきましょう。

また「私もあなたを頼りにしているからね」と頼りにしていることを伝える事も大事です。

好きな女性に頼りにされている事が分かった男性は「もっと大好きな彼女に頼りにされたい」と叱らなくても頑張ってくれるようになります。


2.普段のストレスを叱られる事で解放したい

叱ってくれる女性が好きな男性は、普段は仕事がしっかりできて、職場ではむしろ部下を叱る立場の人が多いです。

ですが、そんな男性は職場でのストレスが溜まっています。

そんなストレスを解放するためにプライベートでは女性に叱って欲しいと思っているのです。

このタイプの男性は、プライベートでは職場とは違う自分になる事でストレスを解消することができます。

職場で男性と出会って付き合うことになった女性は普段とのギャップにびっくりして戸惑うことが多いです。

ですが、彼氏は女性に叱ってもらうことでストレス解消をすることができるので、大好きな彼氏のストレスを解消するために彼氏をきちんと叱るようにしましょう。

この時に大事なのが「あなたって仕事ばかりしているけど、もうちょっと自分の事を見ていてよね」等ちょっとだけ怒った口調で、でも優しく彼氏を叱ることです。

怒ると叱るは違います。

叱られたいと言っても、本気で怒る事を彼氏は求めていません。

なかなか難しいですが、彼氏の反応を見ながらどの程度叱るのがいいかを見極めましょう。

この見極めが上手にできることで男性は「自分を上手に叱ることができるのは彼女しかいない」と思うので、ずっと一途に彼女を好きでいてくれます。

3.叱られることで自分の存在を認めて欲しい

男性の中には、叱られることで自分の存在を認めて欲しいと思っている男性がいます。

叱るということは、その人のことを大事に思っているからこそできる行為です。

ですので「そんなことをしたらだめよ」「もう、あなたってば本当に甘えん坊なんだから」等女性に叱られることで男性は「彼女は自分の事を本当に好きなんだ」と思い、存在が認められていると安心します。

このタイプの男性は、幼少期自分の存在を認められていなかった、孤独にすごしていた等自分の存在が認められていなかったというトラウマを抱えている場合があります。

彼女に対しても「いつか自分は捨てられるかもしれない」と不安を常に抱えています。

もし、男性にトラウマがある事が分かったら「私はいつでもあなたの事が一番大好きだから、絶対に別れることはないから大丈夫」と叱るよりもハグをしたりと暖かく彼氏を包んであげるようにしましょう。

それを繰り返す事で男性は「彼女は絶対に自分とずっと一緒にいてくれる」と思うので、叱らなくても安心できるようになります。

時間はかかるかもしれませんが、大好きな男性のために時間をかけて安心させてあげましょう。


4.単にマゾの場合も

叱ってくれる人が好きという男性の中には、単にものすごいマゾで女性に叱ってもらわないと心が満たされないという方がいます。

こういう男性は、本能的に普段の言動から自分に合いそうなサドな女性を見つけるのがものすごく得意です。

特に目つきのキリっとしたちょっとキツイ性格の女性に強く惹かれる傾向が見られ「あの目つきでじっと見られたい、叱られたら幸せだろうな」と考えています。

サドの女性も誰かを叱ることで心が満たされるので、マゾの彼氏とサドの彼女がカップルになったらとても相性がよくお互い離れられなくなります。

叱ってくれる女性が好きな男性の心理を知ろう

叱ってくれる人が好きという男性の心理についてご紹介します。

叱ってくれる人を好きな男性は、とにかく甘えん坊で女性に母性を求めている事が多いです。

なので付き合う時に自分が母親役になりすぎていつの間にかカップルではなく親子関係のようにならないように注意が必要です。

彼氏に「私達はカップル」と言う事をしっかりと認識してもらいつつ上手に叱るようにすることでお互い離れられない、いつまでも仲の良いカップルになることができます。