視力を回復するためにすると良いこと

最終更新日:2016年3月11日

視力は年齢と共に体は衰えていくのが自然の流れですが、実年齢に比べて視力が良い人や、いつの間にか視力が回復したという人も存在します。

どうすることが自分の眼にとって良いのか、視力が回復する可能性のある方法をご紹介します。

1.コンタクトを使用する回数や時間を減らす

生まれ持った体内に何かを施すという行為は、本来の部位を傷つけたり疲れさせたりする恐れを伴っています。

しかしながら、視力の悪い人にとってのコンタクトの存在は無くてなならない偉大なものです。

最近の使い捨てコンタクトは、以前の質とは比べ物にならないほど進化し、目に負担をかけにくい製品に改良されてきました。

一方で、自分では気が付かずに、つい長時間装着し過ぎたコンタクトが原因で、視力低下の原因を招いている可能性もあります。

例えば一日8時間以上は絶対に使用しない点を守ったり、週に数回は眼鏡に替える習慣を設けて目を休ませてあげることが大切です。


2.目の周りを温めて癒す

目の周りを温める専用のグッズもよくドラッグストアで見かけますが、世に商品が出るには理由があります。

体のあらゆる部分に栄養分や体温を行き渡らせてくれるという重要な役目も血液が毎日果たしてくれているわけですが、この血流に活気がなくなったり逆に活発過ぎたりすると、眼球の働きにも影響してきます。

人の体の慢性的な疲労は、冷やすよりも温めることで改善する効果が得られます。

疲労の原因は様々ですが、温めて改善するシステムには全て血流が関係しています。

温めて体温を上げることで、筋肉の硬直を緩ませ、血液の循環を正常に戻すのです。

眼球周りの筋肉も、他の部位の筋肉と同じ成分で形成されているのですから、血行を良くすることで凝りをとることができます。

元気になった筋肉に支えられた眼球は、より良い働きをしてくれます。

普段なかなか温度を感じない部位を温めることで、精神的な癒し効果もあります。

定期的に疲労回復することは、継続する日常にとって重要なことです。


3.眼球付近を形成している成分のサプリメントを摂取する

ビタミンや葉酸など、目にを維持するためでもある成分を過不足なく摂取することで、健康的な目のメンテナンスにもなります。

人が生活する中で皮膚や髪の毛が生まれ変わるのと同じように、体のあらゆる部分の消耗や衰えは起こります。

体を形成している成分は部位によって異なりますが、大半は食事と共に摂取できる内容物が体の働きを支えてくれていますね。

しかし、食事の内容が偏ったり、栄養バランスが崩れた内容では、食べた量だけ必要な栄養素が接収されていない可能性も高いのです。

つまり、食べた量と接収できる栄養素量は比例しないということです。

それを補うには、サプリメントや薬の摂取が必要です。

特に葉酸は、普段の食事の中でも摂取し辛いものです。

最近何だか眼の疲れを感じながら視力に自信がなくなってきた人は、葉酸の摂取が足りていない可能性があります。


4.眼球周りの筋肉を鍛えたりストレッチする

眼球を支える筋肉は自分の眼で存在すら確かめることが困難な存在です。

しかし、小さな両目には多くの神経も支える筋肉が働いて、目の上下運動や視界のピンと調整をしてくれているのです。

カメラの機能が複雑であるように、人の眼も大変繊細な機能を持っているのです。

手を使わずに自動で調節してくれる目の筋肉は、それだけ重要な役割を持っていると言えるのです。

健康的な筋肉は、滑らかな動きをし、凝りを減らすことが大切で、ストレッチや鍛える必要があります。

自分の手を使って出来る運動内容としては、人差し指の左手なら右側面、右手なら左側面を、眼球と眉下との間にある上斜筋を軽くマッサージしてあげることです。

視力を駆使している職業の人には大変良いマッサージです。

また、目を閉じたまま上下左右に大きく動かす眼球運動を定期的に行うことで、普段の仕事では同じ一点ばかり見つめてデスクワークしている人にとっても、視力回復に繋がる良い運動です。


5.近くと遠くを交互に見る回数を増やす

仕事で入力しなければならない文章を制限時間付きで要求されていたり、レンズを使って凝視する監視員など、視力が大切にもかかわらず同じ距離しか見ることができない職種の人には、近くと遠くの両極をバランスよく観る習慣を持つことが大切です。

人の眼のピント調節機能が眼を支える筋肉の仕事であるならば、様々な状況に応じたピント調節をさせて慣れさせることが重要です。

近くばかり長時間見つめていれば、そのように筋肉が動きやすくなってしまいますし、遠くもまた同じです。

筋肉が癖を持つと、凝り固まった後が大変です。

常に順応できる柔軟な筋肉を維持する為にも、近くと遠くを毎日同じ回数だけ見る機会があった方が良いでしょう。

視力回復を頑張ろう

一生の間で視覚が与えてくれる情報量は計り知れません。

喜びも悲しさも、視界から入る情報によって脳が反応し、次の行動ができます。

そんな大切な役割の視力を守るためにも、眼球と眼球を支える筋肉、そしてそれを形成してくれる成分の補給は重要です。

毎日酷使している目への負担を減らし、視力回復する努力は大切です。