脂性肌に効果的な洗顔方法6ポイント

最終更新日:2015年2月23日

脂性の肌の人は、どうしても脂を落としたくて、洗顔に力をいれてしまうようです。
しかし、それがかえって逆効果となり、更に脂分の分泌が激しくなってしまうことがほとんどです。

そこで、脂性の肌の人に向いている正しい洗顔方法を知り、きれいな肌を取り戻すための第一歩にしましょう。

1.1日に何回も洗顔しない

脂性肌の人は、顔が脂でてかるたびに、顔を洗ってさっぱりしたいという気分になるでしょう。
しかし、1日に何回も洗顔してしまうと、かえって事態を悪化させてしまいます。

1日に何度も洗顔すると、その度に脂分が洗い流されていきます。
そうすると、肌細胞が「今、皮脂が足りていないに違いない」と勘違いして、早急に肌に脂分をほきゅ使用としてしまいます。
これが、皮脂の過剰分泌です。

顔の脂分を洗い流せば流すほど、皮脂の過剰分泌は進む一方です。
なので、1日に行う洗顔回数は少なめにしておきましょう。
1日の洗顔料は、多くても2回までと思っていた方が良いでしょう。

2.蒸しタオルや湯気などを使って、毛穴を十分に開いてから洗顔する

せっかく洗顔するのであれば、汚れた脂分はきちんと落としておきたいものです。
そこでオススメの方法が、「毛穴を十分に開いてから洗顔する」という方法です。

洗顔前に、あたたかいお湯、もしくは、あたたかい蒸しタオルを用意してください。
それを使って顔を十分にあたため、毛穴を開きましょう。
その状態をキープしたままsん頑すると、汚れがきれいに落ちていきます。

但し、お湯や蒸しタオルの温度には、十分に気をつけてください。
あまりにも熱過ぎたりすると、肌には刺激が強く、肌表面を傷めてしまう原因にもなります。
「気持ち良い程度のあたたかさ」が丁度良いでしょう。

3.洗顔後は、早急に保湿する

洗顔後の肌は、乾燥して脂分がほとんどない状態です。
これをこのまま放っておくと、肌は「脂分が足りていない」と勘違いして、過剰に皮脂を分泌し始めます。
これが悪循環になってしまいます。

又、乾燥したまま水分が与えられていない状態が続くと、インナードライに繋がります。
インナードライとは、「肌表面はべたついているのに、肌の内部は乾燥している」という、最も厄介なケースです。
そうならないようにするためにも、洗顔後の保湿はとても大切です。

ポイントにしたいのは、「洗顔したら、早急に保湿する」ということです。
洗顔後は、肌内部にある水分がどんどん蒸発していくので、それを阻止しなくてはなりません。
そのため、洗顔後はすぐに保湿する必要があるのです。

又、化粧水で保湿したら、乳液やクリームなどの油分で蓋をし、肌に与えた水分が逃げないようにしておきましょう。

4.過剰に皮脂を洗い落としてしまうような洗顔料は、なるべく使わない

洗顔料には色々なタイプがあり、誰もが恐らく、自分の肌の質に合わせて選んでいることでしょう。
特に、脂性肌の人は、皮脂をしっかり落としてくれるタイプの洗顔料を選んでいるのではないでしょうか。
実はこれが危険なのです。

過剰に皮脂を落とし過ぎてしまうと、かえって皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。
なので、皮脂を落とす効果が高過ぎるタイプの洗顔料は、あまり使わない方が良いでしょう。
もし使うとするならば、週に1~2回程度、皮脂が過剰に分泌してしまった時だけ使うようにしましょう。
そしてその場合は、いつもよりも念入りな保湿を心掛けてください。

5.低刺激タイプの洗顔料を、よく泡立てて使う

皮脂を過剰に落とし過ぎないようにするためには、肌への刺激が少ない洗顔料を選びます。
「肌に脂分を少し残す」くらいの洗い上がりの洗顔料を選ぶと良いでしょう。
そのような洗顔料であれば、皮脂を落とし過ぎない上に、肌を傷めずに済みます。

そして、低刺激タイプの洗顔料を、よく泡立て、泡で顔全体を優しく包み込むようにして洗います。
こすったりすると、肌表面を傷めますのでオススメできません。
あくまで、「肌に優しく、なるべく刺激を少なめに」と考えながら洗顔をしてください。

6.ぬるま湯を使って洗顔する

洗顔に最も向いているのは、ぬるま湯です。
水やお湯は肌への刺激が強過ぎるため、本来は洗顔には向いていません。
特に熱いお湯は、皮脂を洗い流し過ぎてしまい、過剰な皮脂分泌の原因になります。

ぬるま湯は、肌の皮脂分泌を正常化してくれる働きもあるため、脂性肌に悩む人にオススメです。
特に、朝だけ洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗顔すると、その効果は更に高くなると言われています。

温度の目安としては、25~30度くらいが適温です。

低刺激かつ保湿に重点を置いた洗顔をしよう

肌が脂性だと、脂分を早急に何とかしたいあまりに、「脂分をしっかり落とす」ということに重点を置いた洗顔をしてしまいますが、実は、その逆のやり方の方が効果を期待できます。
最初は今一つ物足りない気がしますが、低刺激かつ保湿に重点を置いた洗顔を続けることで、皮脂分泌の量が、徐々に正常なものへと変わっていきます。