食事デートなのに店の予約をしない人の心理とは

最終更新日:2016年11月17日

食事デートすることは決まっていたら、その時に困らぬように出来れば予約しておきたいもの。

しかし、逆にあえて予約をしないという選択をする人もいるものです。

なぜ食事デートと決まっているのに店の予約をしないのか、こうした人たちの心理に迫ってみましょう。


1.相手が予約してくれると思っている

食事デートをすると決まっているけど、お店には予約しない人。

もしかしたら、相手が予約してくれるものだと思い込んでいるのかもしれません。

自分で仕切ることが出来ない人や、意見を言えない人、優柔不断な人は、人任せになってしまうことが多く、こうした食事デートでさえも相手に任せてしまっていることが考えられます。

女性であれば出来れば男性にリードしてもらいたいと思う為、お店の予約であっても男性にお願いしたいところですが、このような男性であれば自らお店に予約した方が良いこともあるでしょう。


2.食事デートの前も会うつもりでいる

食事デートだけ、となれば予約をすることでスムーズにお店に入れるでしょう。

しかし、その前の段階でデートが始まっていたとしたら、時間を予め予定しておくことが困難な場合もあります。

食事デートの前にもデートをするつもりでいるとしたら、二人でどういった場所にデートにいくのか、どれくらい時間がかかるか把握できない為「予約通りの時間に入れないかも」という思いを持ちます。

このような場合は、相手は食事デートよりもその前の段階に気合が入っていると言えます。

その時の流れや雰囲気によっても食事する時間が異なってくるため、あえてお店に予約しておかないというパターンです。

確かに予めお店を予約していては、遅れる際にも連絡を入れないといけないし、予約の為にデートの内容を変えなければならないことも。

このような不便さから、お店に予約しないでいるのかもしれません。


3.その日の気分が変わるかもしれない

食事デートというデートの内容は決まっているものの、食べたいものがその日になって変わるかもしれないという思いがあり、お店に予約しないのかもしれません。

食べたい時に食べたい物をという考えの人であれば、予約することで「これを食べなければならない」と決められてしまうことになり、その日に食べたいものが食べられず不満になる可能性もあります。

せっかくのデートであるなら、楽しい思い出にしたいもの。

それが「○○が食べたかったな」「やっぱりあっちのお店にしたかったな」という後悔を残してしまっては、心から楽しんでデートが出来ないもの。

また女性のことを考えて予約しないでいることも考えられます。

「食べたいものをその日に聞いてからにしよう」「苦手な食べ物があるかもしれない」という気遣いで、当日に決めようと思っていることも考えられるでしょう。


4.当日違う用事が入るかもしれない

食事デートをすると決めておきながらも、その当日他の用事が入るかもしれない可能性があれば、予約はしないことでしょう。

例えばその日が、友達に毎週誘われている曜日だとしたら、その日も誘われる可能性があり、万が一自分の気持ちが変わって友達の所にいくとなれば、そのお店には行かなくなるでしょう。

こうした時に女性にお断りの連絡を入れ、さらにお店に予約キャンセルの連絡を入れないとなると、手間が増えてしまう訳です。

完全に予定が入っている訳ではないものの、もしかしたら用事が入るかもしれないという思いがあり、予約は避けておいているのかもしれません。


5.食事デートというのは嘘

女性を誘う為には、ある程度安心できる場所と時間帯が必要になるでしょう。

しかし、警戒されている場合や、あまり良い返事が期待できないとなると「ただの食事だけなら大丈夫そう」という希望を持ちます。

そこで女性には「食事に行こう」と誘いつつも、実際には食事ではないデートを望んでいることもあるでしょう。

下心があり、しかしそれを女性に見抜かれることが怖いため、食事デートという内容にしておいている人は、もちろんお店には予約を入れません。

その時に「食事じゃなかったの?」と聞かれればその時対応し、何も言われなければ自分の望むデートプランを進めることでしょう。

そもそもお店に行こうとは思っておらず、単にデートの誘いたい口実だったのかもしれません。

このようなことも考えられるため、下心がありそうな人の食事デートには簡単に応じないようにも心掛けたいものです。

食事デートで予約をしない人の心理を知ろう

食事デートでお店と時間が決まっていれば、準備も服装も予め用意しやすいでしょう。

しかしお店が決まっていない、予約をしていないとなれば「え?なんで?」という思いを持ちつつ、戸惑いを感じてしまうこともあります。

そこにはお店を予約するとデメリットになることもあれば、男性に都合上でのことが理由として考えられます。

同時に男性の心理を見極めることで、今後その男性に信頼がおけるかどうかを判断出来る材料となるでしょう。