収納上手になるコツ。収納してキレイになろう

最終更新日:2016年2月23日

キレイに片付いたお部屋って気持ちがいいですよね。

キレイにすっきりとしたお部屋で過ごしていたはずなのに気づくとお部屋が散らかっている。

掃除しても収納がうまくいかずに、なんだか居心地が悪いという方いませんか?

片付けをする前に、どのように収納しようか考えてから行うとうまくいきます。

収納を上手に行うコツをご紹介します。

1.とにかく捨てる事

収納がうまくいかなくて悩んでいる人のお部屋に行くと、いらない物であふれかえっていたり、散らかっていなくてもクローゼットの中は開けていない不用品がたくさん入っていることが多いのです。

確かにいつか使うはず、まだ使えるからというものはたくさんあります。

また捨てるのは何だかもったいないと思いますよね。

でもその不用品のせいでお部屋が使いづらくなっているのです。

不要なものは置かない、という事を鉄則にしましょう。

今必要かどうか、ときめくものかどうか、という視点で観ていくと必要なものとそうではないものとが見えてくるはずです。

そして、いらないかなと少しでも思ったものは思い切って、どなたかに差し上げるか、リサイクルするか、捨てるか、処分しましょう。

思い切って捨てることで、新しい、本当に今必要な素敵なものが舞い込んできます。

捨てると心もお部屋もスッキリしますから、どのようにお部屋を整えていけばいいのかも自然と見えてきます。

まずは捨てましょう。

1年以上使わなかったものは思い切って処分していきましょう。


2.見やすく取りやすい収納にする

クローゼットや戸棚を開けた時に、ぱっと見て何が入っているか全て見えますか?

見えにくい収納はとりあえずあまり使わないものを奥にどんどん閉まって片付かなかったり、使うつもりで買ってもとりあえず押し込んでしまって結局使わない、または同じものをないと思って買ってしまうことになりかねません。

いらない物もどんどん増えてしまうので、いざ使いたいものまでもが隠れてしまうのです。

ぎゅうぎゅうに詰め込んだクローゼットの洋服は着たい時にしわになっていることも多いです。

とにかく見やすく取りやすい収納を心がけましょう。

取りにくい場合は収納グッズをうまく活用していきましょう。

全部同じ箱に入れずにアイテム別にボックスを作って重ねるだけでも整然として取りやすくもなります。

それでも難しい場合はやはり余分なものがあるはずなので捨てましょうね。

目標は人に見せても美しい収納です。


3.子供のおもちゃはなるべく一つの収納か写真を貼った収納に

大人と子供とでは出来る事が違いますので、大人の場合はアイテムごとに入れ物を作ることで片付きますが、子供はいろいろあるものを小分けに収納するのはなかなか難しいです。

壊れないおもちゃなら一つの大きなバスケットなどにぽんぽん入れることができる収納にするのがオススメです。

子供も楽しんでお片付けができます。

また、細かく収納したい場合は、アイテムごとに写真を摂って、しまう箱などに貼っておきます。

子供がみても何をどこにしまうのか一目でわかる収納になるのであれば小分けにしても大丈夫でしょう。


4.収納家具や本棚、チェストなどは大きめにする

大きい収納だといらない物をどんどん入れてしまう心配もありますが、小さい収納にしてしまうとぎゅうぎゅうにものが詰まっていて見た目も重苦しいですし、とりあえずしまう場所もないですし、実は片付かないことが多いのです。

洋服ダンスなどを買う時は大きめにして、中を仕切ったりボックスを置いたりして小分けにしましょう。

大きい収納だと外に出るアイテムが減るので、ほこりもたまりにくいですし、掃除もしやすいので結果、お部屋はキレイになります。

収納が小さいといくら片付いていても外に出ているものが多いので掃除が大変です。


5.靴は1つずつ取れるようにする

シュークローゼットをあけると、どの靴がどこにあるか一目でわかりますか?

1ペアずつすぐに取り出せるようにしましょう。

入る場所がなくなると無理やり重ねたり、手前と奥とに靴を置いたりしていませんか?

靴を上下に重ねる専用の収納グッズを使えば、収納できる靴の数も増えますので、そういったアイテムを使いつつ、ひとつづつすぐに取り出せるようにしましょう。

箱に写真を貼って収納するのもオススメです。

引っ越しが多い家庭にオススメなのが、靴は買った時の靴箱に写真を貼って収納してシュークローゼットに入れるといいですよ。

片付いた部屋ですっきりしよう

すっきりとお部屋が片付いたら、今までよりももっと楽しい生活になること請け合いです。

しまうだけではなく、片付いたらお気に入りの見せるアイテムでお部屋を飾りましょう。

お家に帰るのが毎日楽しくなりますから、是非上手な収納のコツを実践してみてくださいね。