スカートの上手な洗い方。洗濯方法を知ろう

最終更新日:2016年2月23日

スカートは丈が長くなるにつれて他の洗濯物と絡まりやすくなってきますし、素材によってはどう洗っていいかわからないものもあります。

面倒くさいからと全部まとめて洗濯機に入れてしまっていませんか?

上手に洗濯をするための方法についてご紹介します。

1.スカートのタグを見る

普通、洋服の裏側にはタグがついています。

スカートですと、腰よりすこし下のあたりで、四角い形をしています。

そこにはサイズなどといっしょに洗濯に関する表示が書いてありますので、まず洗濯機で洗える服なのかどうか確かめましょう。

表示は記号で書いてありますので、どのような意味を持っているか調べておきましょう。

例えば、洗濯機で40度以下、アイロンは布を当てて、など何種類か書いてあります。

もし、タグを切ってしまっていてどうすればよいかわからない場合はとりあえず生地を確認し、特別なものであればクリーニングに出すほうが良いでしょう。

洋服を買った後はタグを切らないで残しておくようにしましょう。


2.シミや汚れがないか確認する

スカートにシミや汚れがないか確認してください。

雨の日についた泥や、食べこぼしたソースなどがある場合には洗濯を始める前にその部分の汚れを落としておくようにしましょう。

油汚れかどうかで使うものが変わってきます。

その部分の生地をつまみ、洗剤を使って落としていきましょう。

中には、塗って洗濯機に入れれば良いものもありますので洗剤の使い方などは確認してください。

一度洗って乾かして、アイロンをかけてしまうと汚れが落ちなくなってしまいますので、こういった汚れは先に必ずチェックしてください。

できれば汚れがついた直後に対処しておくと後で苦労しなくて済みます。

強い洗剤を使う場合には目立たないところで色落ちしないか確かめてから使うようにしましょう。


3.普通に洗濯機で洗う

生地によって洗濯機で洗えないものがありますので、表示に従ってください。

洗濯機でスカートを洗う場合にはそのまま入れてしまうと他の洗濯物と絡まってしまいます。

無理に引っ張ってしまうと生地をいためる恐れがありますので丁寧に畳んでネットに入れたほうが無難です。

正面に折り目がつかないように畳んでください。

裾は長さに応じて2~3回くらいで畳めると良いです。

フレアスカートはすそがかさばるので、まず広がった裾を内側に折りこむとうまく畳めます。

白い色や淡い色のスカートは色が移らないように他の洗濯物と分けて洗うようにしましょう。

特にスカートの裏地は破けやすいので扱いに気を付けましょう。

洗剤は、生地の種類によっておしゃれ着用のものを使うなど適宜工夫してください。

どの洗剤を使うかは箱や容器に書いてある指示に従うようにしましょう。


4.弱水流モードで洗う

洗濯機には、水流の弱いモードやコースで洗ってくれる機能がついていることがあります。

そのような洗濯に適しているかどうかはタグで確認してください。

弱という文字があるものは大丈夫です。

同じように洗剤を入れて、洗濯機を回します。

弱水流モードは普通の洗濯モードに比べて洗う時間が短く、たくさんの水ですすいでくれます。

脱水の時間も短めです。

弱水流であれば大丈夫だからといってたくさん他の洗濯物を入れて洗わないようにしましょう。

他の洗濯物とスカートがこすれてしまいます。


5.手洗いで洗う

長いスカートの中には薄く柔らかい生地のものもあります。

こういった特別なものは洗濯機を使うより手洗いで洗ったほうが安心です。

スカートのタグに書いてある洗濯表示に従って水またはお湯を用意します。

たらいやバケツのようなものを用意します。

清潔なものを使ってください。

もしなければ、洗面所に栓をして水をためても良いでしょう。

あらかじめ掃除をすませておくことをおススメします。

水がたまったら洗剤を入れて溶かしておきましょう。

柔軟剤なども好みで入れましょう。

丁寧にたたんだスカートをネットに入れて、ネットごと水の中に入れ、手でネットを沈めるようにして洗います。

あまり水が得意ではないものはいつまでも水につけておかないようにしましょう。

5分くらいが目安です。

そうしたら、ネットごと洗濯機に入れて脱水だけ1分ほどかけるか、ためた水を抜いてネットの上からスカートを押して軽く水分をとるようにします。

薄い生地はこすれに弱いので優しく行ってください。

スマートを上手に洗って長持ちさせよう

どう洗っていいかわからないスカートはまずタグを見るようにして、洗濯する方法に従って洗うようにしましょう。

面倒なようですがこのひと手間で生地を破いてしまったり、変性させてしまったりするトラブルから守ることができます。

今は色々な香りのついた洗剤も多く販売されていますが、自分のスカートの生地には使っても良いかどうか確認するくせがつくといいですね。

すばらしいスカートライフを楽しんでください。